原城

更新日:2018年12月7日

原城はかつて長崎県南島原市にあった城です。周囲を有明海に囲まれていて、難攻不落の要塞とも言われていました。江戸時代初期に元和の一国一城令で廃城となりましたが、廃城から300年余りが経った1938年に「原城跡」として、国の史跡文化財に登録されてました。

基本情報

読み方 はらじょう
別名 日暮城・原城跡
住所 長崎県南島原市南有馬町乙
電話番号
公式サイト
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 なし
築城主と築城年 有馬貴純 1496年
主な城主 有馬氏
廃城年 1616年
営業時間
定休日 年中無休
入場料 無料
駐車場
アクセス 島鉄バス「原城前」バス停から徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●有明海を臨む島原市から、海沿いに車でしばらく南下すると、日本史の中でも屈指の大籠城戦が展開された城跡があります。その名は「原城跡」。あの島原の戦いの舞台となったお城です。当時はすでに廃城となっていたということですから、私は規模の小さい城跡を想像していました。ところが、その廃城に突貫工事を施したうえ、3万人以上の人々が籠城したのです。そして天下の幕府軍が包囲したにもかかわらず、容易に城は陥落しませんでした。実際に訪れてみても、二の丸や三の丸などの総構えを含めると、その規模はかなり広かったことがすぐにわかります。ただ本丸跡以外は農地へ戻り、かつてここで天下を揺るがす乱が起こったとは想像すらできない長閑なところでした。本丸のすぐそばまで車で行くことができます。そこには「ホネカミ地蔵」という戦没者を供養したお地蔵さんが安置されています。けれども、このお地蔵さんがなかったら、かつてここが古戦場だったとは想像するのは難しいでしょう。本丸には大きな十字架と天草四郎の像がありました。そして眼前にはキラキラと輝く有明海が。アクセスが難しいのが欠点ですが、歴史やお城が好きな方は、一度訪れることをおすすめします。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ