島原城

更新日:2018年12月7日

島原藩に転封になった松倉重政が、1618年より築城を開始し1624年に完成しました。小藩にしては大規模な城郭であり、さらに普請工事も苦心した事から、この築城の為の労役や重税が領民を「島原の乱」へ導いたとされています。明治に入り廃城となると建物は解体、移築されましたが、1964年に復興天守が建てられました。

基本情報

読み方 しまばらじょう
別名 森岳城 高来城
住所 長崎県島原市城内1丁目1183-1
電話番号 0957-62-4766
公式サイト http://shimabarajou.com/
城郭構造 連郭式平城
天守構造 独立式層塔型5重5階
築城主と築城年 松倉重政 1624年
主な城主 松倉氏・松平氏
廃城年 1871年
営業時間 9時~17時30分
定休日 12月29日30日
入場料 一般520円 小中高生260円
駐車場 あり・普通車310円
アクセス 島原鉄道島原駅から徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●島原城は1964年に復元されたお城です。日本100名城の一つです。5重5階のお城なんで、大きかったです。ちなみにお城の入館料は、大人で540円でした。お城の入り口には、スタッフさんがおられ、武士や忍者の格好で、演舞をされています。スタッフさんの対応もすばらしいので、入り口ですごく楽しめます。また、ペットずれでも、抱っこをしてたら中に入れるので、ペット連れの方も楽しめると思います。お城に入ってみると、5階に天守閣があり、キリシタン資料や郷土資料、民俗資料なども展示されてるので、時代の流れを知ることができます。見ごたえがあるお城でした。また、何より天守閣からの景色がすごく良かったです。有明海の青い海は、天守閣から見ると更にキレイでした。また、熊本も見えるので、天気が良ければ阿蘇山も見えますよ。とにかく景色がすごくいいので、おすすめです。

40代男性

●●長崎県には島原城があります。島原といえば隠れキリシタンの「島原の乱」が有名なのですが、その舞台にもなった所です。島原城は一時期、本丸が取り壊され城郭とお堀だけでしたが、復元されて、今では島原市の観光名所の中心地です。お堀の周りには鯉が優雅に泳いでいて、夜になるとライトアップされて風情のある街並みを幻想的にしてくれます。また、城内はキリシタンの資料や長崎市内の平和記念像のモニュメントが展示されており江戸時代から近年の歴史を学べたり、県の文化的遺産を体感することができると場所です。近くには、有名な島原のうどん屋さんもあり、見て驚き食べて感動することが一度にできる観光名所と言えるでしょう。江戸時代の歴史の重みをあらためて認識できる貴重な体験場所として観光だけでなく修学旅行でも定番のコースになっています。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ