松浦発電所

更新日:2018年12月7日

松浦発電所は石炭を燃料とした火力発電所です。燃料となっている石炭は100%海外から輸入されたもので、そのため火力発電所の近くにある松浦港には石炭を受け入れるための専用の岸壁が整備されています。発電機は1号機の1機のみですが発電量は多く、日々の生活に必要不可欠な電力の安定供給を行っています。

基本情報

読み方 まつうらはつでんしょ
住所 長崎県松浦市志佐町白浜免字開発2091番地1
電話番号 0956-72-1241
公式サイト こちら
見学内容 火力発電所の様子
見学料金 無料
見学可能日時 要問い合わせ
見学可能人数 特になし
対象年齢 特になし
予約方法 電話
お土産 要問い合わせ
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 60分
駐車場
アクセス 【電車】松浦鉄道西九州線松浦発電所前駅より徒歩5分
【車】西九州自動車道佐世保みなとICより60分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●毎年10月中旬ころに行われる「J-POWER 輪ンダフルホリデー@まつうら」に家族みんなで出かけています。キャラクターショーや地元の中学生の吹奏楽部などのステージイベントのほかにハムスターやウサギなどの小動物と触れ合ったり、パトカーや白バイの試乗、ふわふわ遊具やゲームコーナー、サツマイモの無料配布などを楽しみにしています。敷地はとても広く、車の駐車場からステージ広場までまでシャトルバスが運行されているくらいです。もちろん発電所内見物もあります。そこで感心したのは石炭を燃料としてボイラーを回し発電する工程が機械化されていて、人間は計器類をチェックするだけだと知ってびっくりしました。日本国内ではほとんど石炭は手に入れることができなくて、オーストラリアのマッカイ市か船で運ばれているそうです。海側に面した場所には真っ黒な石炭が山のようになっていて、黙々と無人操作のクレーンが動いていました。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ