長崎国際ゴルフ倶楽部

更新日:2018年12月7日

1964年の開場で、設計は名匠上田治氏。長崎自動車道・諫早ICから約7キロにある眺めの良い丘陵コースだが、緩やかにアップダウンを繰り返すので、高低差はあまり気にならない。また、ティショットの落下地点のフェアウェイは広めで、のびのびと打つことができるが、砲台グリーンや、ガードバンカーには注意が必要だ。

コースガイド

読み方 ながさきこくさいごるふくらぶ
住所 長崎県諫早市小ヶ倉町51
電話番号 0957-22-4086
公式サイト こちら
開場 1964年9月20日
設計者 上田治
コースタイプ 丘陵
グリーン 高麗1グリーン
ラウンドスタイル 乗用カート・歩き(キャディ付)
名物ホール 8番PAR3
プロツアー開催歴 九州オープンゴルフ選手権
宿泊施設
アクセス 長崎自動車道/諌早ICより7㎞
クラブバス

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●長崎国際ゴルフ倶楽部は、諫早市にある丘陵コースで、最近では珍しくなってきた高麗芝のグリーンが特徴的でした。まず、長崎国際ゴルフ倶楽部の打ちっぱなし練習場は、人工芝のマットではなく、天然芝の上からボールが打てるのが良かったです。練習場の広さも十分で、朝イチから本番に向けて気持ち良く練習する事が出来ました。次に、手入れの行き届いた高麗グリーンは、「美しく、難しく、面白い。」という感想です。長崎国際ゴルフ倶楽部のグリーンは、概ね受けているので、カップをオーバーしたアプローチやパットが下りのラインになるので難しく、下りのラインに対してジャストタッチで距離を合わせたに行くと高麗の芝目の影響を受けてボールが独特なきれ方をします。全体的に、グリーンを狙うショットは打ち上げか、打ち下ろしになるイメージだったので、縦の距離を合わせるのが難しくて苦労しました。ティーショットをショートカットして攻めたくなるようなシチュエーションのドッグレッグホールもいくつかあるのですが、無理に攻めると痛い目に会うので、一筋縄では攻略するのが難しい戦略性に富むコースだと思います。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ