雲仙ゴルフ場

更新日:2018年12月7日

1913年(大正2年)に誕生した、パブリックコースとしては日本で最も古いゴルフ場。2つのグリーンを「OUT」「IN」コースとしてまわることで、18ホールとしている。雲仙国立公園内にあるコースは自然美に溢れている。また、標高750mの高地にあるので、清々しい環境の中で手作り感の残るコースを満喫してほしい。

コースガイド

読み方 うんぜんごるふじょう
住所 長崎県雲仙市小浜町雲仙548
電話番号 0957-73-3368
公式サイト こちら
開場 1913年8月14日
設計者 B・オーレス
コースタイプ 丘陵
グリーン ベント2グリーン
ラウンドスタイル 乗用カート(セルフ)
名物ホール 6番PAR5
プロツアー開催歴
宿泊施設
アクセス 長崎自動車道/諌早ICより45㎞
クラブバス

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●雲仙ゴルフ場は、島原半島の中央にそびえる雲仙岳雲仙温泉のすぐ近くにあり、その昔、雲仙温泉が貿易の為に日本に訪れ、長崎の出島に住んでいた外国人の避暑地だったという経緯から、彼らの娯楽施設として雲仙ゴルフ場が出来たようです。コースレイアウトは全9ホールしかなく、パー5、パー4、パー3のホールが3つずつで、2つのグリーンをアウトとインで使い分けるというラウンド形態でした。スタートホールはツーオン可能な短めのロングホールで、右サイドとグリーン手前にウォーターハザードはあるものの、ティーショットの落としどころは比較的に広くてフラットなので、気持ち良くドライバーを振って行けました。短めのロングホールが多い上に、同じホールをアウトとインの2回ラウンドする事になるので、パー5では兎に角バーディー、あわよくばイーグルを狙いたい感じでした。避暑地なので、夏場の涼しさは勿論ですが、ゴルフ場の周辺は雲仙自然公園という事もあって、季節に応じて雲仙ツツジや紅葉が目も楽しませてくれる良いコースでした。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ