長崎市科学館

更新日:2018年12月7日

身近な長崎の自然や、地球内部の仕組み、太陽系について広く学べる科学館。季節ごとに夜間の観望会を開く展望台、実験室、さらに多彩な骨格標本などもあります。プラネタリウムを投影する「スペースシアター」は直径23メートル、420枚のスクリーンを採用した世界最大級の規模。

基本情報

読み方 ながさきしかがくかん
住所 長崎県長崎市油木町7-2
電話番号 095-842-0505
公式サイト こちら
ドーム径 23メートル
座席数 / 形 280席 / 一方向傾斜
機材・機種 コニカミノルタ INFINIUMα
投影日時 平日土:13時~・15時~
日祝日:10時~・13時~・15時~
観覧料 一般500円 中学生以下250円
駐車場 230台・無料
アクセス 大橋電停より徒歩10分
「大橋」バス停より徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●長崎市科学館内にあるプラネタリウムで、土日には家族連れで賑わっています。世界一に認定されたプラネタリウム、ケイロンIIが設置されており、スクリーンには1億4千万個の星が綺麗に映し出されます。まるで本物の星のような臨場感や迫力があり驚きました。座席の椅子もクッション性がよくふわふわで、リクライニング式なので上を見上げても首が疲れることもありません。入り口にはサービスとしてブランケットが常備されており、寒い時期にはとても助かります。上映内容もシーズン毎に変化し、子ども向けのキャラクターとコラボしたプラネタリウムがいくつもあるのでファミリー層には特におすすめです。他にもリラックスしながら香りも楽しめるアロマプラネタリウム、素敵な演奏に心奪われるプラネタリウムコンサートなどが定期的に行われており、何回も足を運びたくなるプラネタリウムです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●数年前にリニューアルし、当時世界一のプラネタリウムということで、話題になりました。リニューアルオープン後、楽しみに見に行きましたが、残念ながら期待はずれでした。オートメーションの番組(子ども向けのアニメ番組)がほとんどで、肝心の星空を楽しむ投影がありません。星空解説の回を調べてチケットを購入しましたが、見てがっかり。長崎市内の星空ですと紹介された夜景は、ぼやっと明るく、星がほぼ見えませんでした。世界一ということだったので、満天の星空を期待していましたが、一等星や惑星の話ばかり。どのプラネタリウムでも同じような投影があるので、特別感がなく、わざわざ長崎まで足を運んだ甲斐はなかったです。解説もかみかみで、リラックスして星空を楽しむには程遠い印象を受けました。投影機自体は、本当にいいものが入っていると思います。投影プログラムを見直して、美しい星空を届けてほしいというのが、正直な感想です。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ