青の洞門

更新日:2018年12月7日

大分県中津市に位置する「青の洞門」は秋にモミジやナナカマド、イチョウ、ブナといった種類の紅葉が観賞できるスポットとして人気。およそ1kmに渡って奇岩群や巨峰が連なる「競秀峰」と紅葉の迫力あるコラボレーションは一見の価値あり!毎年11月中旬頃に見ごろを迎えるので時期を合わせて訪れてみましょう。

基本情報

読み方 あおのどうもん
住所 大分県中津市本耶馬渓町曽木
電話番号 0979-52-2211
公式サイト
例年の見頃 11月中旬
開園時間 自由散策
紅葉樹の種類 モミジ、イチョウ、ナナカマド、ブナ
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 無料
温泉
駐車場
アクセス 大分交通バス「青の洞門」バス停から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●青の洞門のある本耶馬渓には、個性的な姿の巨石群が連なっています。その姿は、雪舟や長谷川等伯が描いたような静かな水墨画の世界を思わせます。紅葉の時期には周囲が一斉に色づき、静寂が一気に艶やかに輝く光景に変貌します。普段とのギャップがとても魅力的です。江戸時代、この険阻な地形によって命を落とすものが絶えないことに心を痛めた禅海和尚が手彫りで掘りぬいたトンネルが青の洞門だそうです。洞門内部の明かり窓からのぞく光景は忘れえぬ美しさです。渓流の青い清らかさと、綺麗に色づいた紅葉の華やかな対比が実に見事だと感じました。周辺にある、大正時代に作られた石造りのアーチ橋も見どころの一つにです。特に、耶馬渓橋は日本最長の石造りアーチ橋として有名で、大正ロマンの雰囲気を感じることができます。青の洞門周辺を訪れると、自然の偉大さとそれに挑んだ人間の意志の強さを感じることができます。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●紅葉がない時期であっても、その迫力などでお気に入りのスポットである青の洞門の紅葉はとても素晴らしい景色を楽しむことが出来ます。青の洞門は奇岩軍などを見ることができるようなスポットですので、その迫力のある風景に紅葉が混じり合い、とても幻想的な光景を楽しむことが出来るスポットだと思います。普段は普通に通ることが出来るのですが、紅葉の時期になると観光客が増えて混雑してしまいますので、交通規制などが行われますので、注意が必要です。大分県の紅葉スポット巡りのツアーに入っているようで、たくさんのツアー客などもいますので、混雑をしている時間を避けたからったら、ツアー客が巡ってこないような早めの時間などに行くと割りとゆっくりと観光をすることができると思います。車以外ではアクセスが難しいのですが、見る価値はあります。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ