熱帯・亜熱帯都市緑化植物園

更新日:2018年12月7日

耐潮風植物高木見本区・耐潮風植物低木見本区・耐潮風植物ヤシ類見本区・生け垣つる見本区・街路樹見本区・地披植物見本区・ハーブ見本区・酸性植物見本区8つからなる「植物見本区」では、約6、8haの面積に400を越える種の植物を集め、各植物の特性に応じた植栽展示を行っています。平成2年10月に国営沖縄記念公園近くにオープンしました。

基本情報

読み方 ねったい・あねったいとしりょっかしょくぶつえん
住所 沖縄県国頭郡本部町字石川424 海洋博公園内
電話番号 0980-48-3782
公式サイト こちら
営業時間 8時30分~19時(10月~2月は17時30分まで)
休園日 12月第1水曜とその翌日
入園料 無料
年間パス ×
駐車場
アクセス 名護バスターミナルから路線バスで60分(下車後徒歩5分)

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●沖縄の気候を利用した植物公園です。今年2015年の3月に利用しましたが、3月でも充分に暑く、正に熱帯・亜熱帯を体現するにふさわしい公園でした。海洋博公園という大きな施設の一部分で、入口にたどり着くまでにも数分は歩くのですが、その間も沖縄特有の植物がヤンバルクイナやジンベイザメの形に整えられており、疲れ知らずで歩を進めることができました。もちろん施設内も植物で充実しており、遺跡風の造りの施設内の至るところに沖縄特有の植物が根付いてました。植物の解説が付いていたり、ところどころに写真撮影スポットが用意されていたりと、訪れる人たちが飽きないように配慮されているところも好感が持てました。私が一番印象に残っているのは、施設の入口兼出口に用意されているお土産コーナーにあった、沖縄塩ソーダというソーダです。施設内を歩き回り、汗をかいた体に染み渡る少し塩味の効いたソーダが美味しかったです。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●観光で家族と共に訪れた際には那覇から車で3時間ほど、途中高速道路を利用しても2時間程度と沖縄本島の北部地域に位置する施設は緑に囲まれていて南国の風土を直接肌で感じることの出来る数少ない植物園という印象を覚えております。施設内に立てられた古代遺跡を模した構造物に囲まれた庭園では色取り取りの花々が四季を通して開花しており外国へでも訪れたかのごとく辺りは日本庭園とは全く異なる不思議な空気に包まれており子供たちと感動したのを覚えています。園内は南国特有の植物であふれておりまわりの花々にとまる昆虫たちもまた珍しくカラフルな色彩に感心するばかり、また隣接する熱帯ドリームセンターといった温室建屋内では洋蘭展覧会なども定期的に開催されているようで生憎今回立ち寄った8月にはまだ準備中ということもあって観覧の機を逃がしてしまいましたが再び社員旅行で訪れることがあれば是非観光プランに加えたい場所です。また沖縄の透通った空と海のコントラスト望める展望塔も園内の中心にあり写真愛好家の方々にとっては一見の価値ありといった隠れた写真スポットとして関心を集めている様子。ギラギラと照りつける強い日差しの中、海水浴場も子供たちと触れ合える格好の場所ではありますが南国特有の植物に囲まれて家族と涼を楽しむ旅行もまた沖縄の魅力の一つではないでしょうか。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ