石垣島天文台

更新日:2018年12月7日

沖縄県石垣市にある天文台。光学望遠鏡では九州・沖縄地方最大の口径105cm反射望遠鏡が設置され、惑星や星雲、星団などを観測することができます。昼間の見学は自由。天体観測は夜間に行われ、深夜は研究観測が行われています。夜間の天体観望会は予約が必要。事前申し込み30名の定員制です。エントランスから観測ドームまでバリアフリーを導入しているので、車椅子で入場し、座ったまま望遠鏡で観望することができます。

基本情報

読み方 いしがきじまてんもんだい
住所 沖縄県石垣市新川1024-1
電話番号 0980-88-0013
公式サイト こちら
営業時間 10時~17時
土日祝の19時30分~21時(予約制)
定休日 月曜日・火曜日
料金 無料
駐車場
アクセス 石垣空港からタクシーで20分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●石垣島は観測できる星の数も多く、大気も安定しているため天体観測にはかなり最適な場所だそうで、島内にはこの石垣島天文台のほかにVERAの観測局もあります。この石垣島展望台では、九州・沖縄地方で最大の望遠鏡で天体展望をすることができるだけでなく、4D2Uという4次元のデジタル宇宙映像を鑑賞もできます。母と一緒にチャレンジしましたが、国立天文台が開発した立体的な映像で、本当に宇宙飛行士になって宇宙を旅しているような体験でした。行ったときはちょうど満席だったので、どちらも早めの予約が良いと思います。また、高校生向けの星空研究体験が石垣島天文台主催で毎年開催されていて、たびたび新しい小惑星を発見したと地元紙に掲載されています。やはりそれほど天体を綺麗に観測できるのでしょう。天文に興味のある子供たちにとっても非常に楽しめる場所ではないでしょうか。天文台までの道のりはカーブの続く林道となっているので自家用車かタクシーをおすすめします。あと駐車場からの移動も真っ暗闇なので懐中電灯は持参すべきです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●一歳半の娘と旦那さんと三人で石垣島に旅行へ行ったときに立ち寄りました。天文台に行くまでは一方通行ですが細く険しい感じの道で本当にこの先にあるのかなという感じでドキドキしながら向かいました。到着すると山の上ということもあり石垣島の綺麗な海を一望出来る、とても眺めのいい所でした。ベビーカーは施設の中には持っていけなかったので入り口へ置かせていただき娘は抱っこで入りました。九州、沖縄で最大の口径の「むりかぶし望遠鏡」の部屋に案内してもらい撮影している星空や夜景などを見せてもらいました。石垣島の星空はとてもとても綺麗でした。土日祝の夜は実際に星が見れる天体観測会をしているそうで予約すると見れるそうです。次に来たときは是非夜にも来てみたいと思いました。施設の方も丁寧に分かりやすく説明してくだいました。一歳の娘には少し早かったような気がしましたがまた大きくなったとき一緒に行きたいです。もし石垣島へ旅行に行ったときは是非オススメの場所です。でもやや道が険しい感じだったので雨の日以外がオススメかなと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●石垣島はジェット気流の影響が少ないので、星空観察に最適なんだそうです。石垣島天文台の天体観望会を予約して旅行に行きました。天体観望会は人気があるので、すぐに定員がいっぱいになります。石垣島への旅行が決まったら早めに予約がおすすめです。九州・沖縄最大口径の望遠鏡で星空を眺めます。私が行った日は雲が多く星空があまり見えなくて残念だったのですが、大きな望遠鏡を見るだけでも楽しかったです。お昼には4Ⅾ2Uという4次元デジタル宇宙の映像も見てきました。これも予約が必要です。専用の眼鏡をかけて銀河の映像を見ます。とても規模が大きい映像で、なんてちっぽけな世界で暮らしているんだろうと思いました。実は石垣島天文台の観望会には以前の旅行でも予約していたのですが、車のナビが石垣島レーダーという恐らく天気を観測するレーダーを目指してしまって、石垣島天文台に着く頃には5分遅刻してしまいました。時間厳守なので天体観望会を見れませんでした。時間には余裕をもって、また行先のチェックもしっかりしたほうがいいです。また、石垣島天文台に向かう道は鬱蒼としたジャングルで、途中から一方通行になるので標識を見落とさないように運転する必要があります。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ