海洋博公園 海洋文化館

更新日:2018年12月7日

沖縄県・本島の北部にあり、平成25年(2013)10月に改装オープンした海洋博物館。大型カヌーなど貴重な展示物や、大型映像など見どころ満載です。プラネタリウムは2011年6月にリニューアル。1億4千万個もの驚異的な恒星数を誇る星空を観ることできます。沖縄に古くから伝わる民話の解説も合わせて楽しめます。

基本情報

読み方 かいようはくこうえん かいようぶんかかん
住所 沖縄県国頭郡本部町石川424 海洋博公園内
電話番号 0980-48-2741
公式サイト こちら
ドーム径 18メートル
座席数 / 形 189席 / 扇形
機材・機種 五藤光学 ケイロン・ハイブリッド
投影日時 3月~9月:9時~・9時45分~・10時30分~・11時45分~・12時~・12時45分~・13時30分~・14時15分~・15時~・15時45分~・16時30分~・17時15分~・18時~
10月~2月:9時~・9時45分~・10時30分~・11時45分~・12時~・12時45分~・13時30分~・14時15分~・15時~・15時45分~・16時30分~
観覧料 一般170円 こども50円 6歳未満無料
駐車場 1,000台以上・無料
アクセス 「記念公園前」バス停より徒歩

口コミと評判

20代男性

●●公園内に建てられた施設の中でも取分け古い建物内に設けられた空間には、およそ80席の真新しい観覧シートが大きなプロジェクターを囲むように設置されています。プラネタリウム上映の直前室内は分かりやすく壁に掲げられた方角を目印に、自身が一番見たい角度で夜空を見上げられるように席を選べるほか、快適に調整された室温は隣接された美ら海水族館と同様に夏場の沖縄に強く照り続ける日差しから、ひと時逃れることのできる絶好の施設でもあります。上映される主な内容は沖縄本島を取り巻く昼間の景色に始まり、南十字星・オリオン座・夏の大三角形と沖縄の夜空に広がる星の紹介へと移っていきます。プロジェクターを通して極限にまで再現された満点の星を中心にアンドロメダ星雲など太陽系を離れ銀河に散りばめられた星雲の紹介映像は圧巻のスケールと迫力のある音響効果によってみている私たちを飽きさせることがありませんでした。

20代女性

●●こちらのプラネタリウムでは沖縄らしさを伝えるものが随所に見られました。内容は、日本国内では唯一沖縄県でしか見ることのできない南十字座や、昔から沖縄に伝わる、一般に有名な七夕伝説と似て非なる羽衣伝説などを題材にしていて、どこのプラネタリウムでも聞いたことのない話でとても新鮮でした。ナレーターも、沖縄のおばあちゃんが軽く方言を交えて語るようなかんじで、一般に言われている星座が沖縄ではどう呼ばれているか解説してくれるので、沖縄らしさをすごく体感できて良かったです。方言に馴染みのない私も、沖縄のことをもっと知る上でもいい機会になりました。夏でもクーラーが効いて外から入るととても涼しかったです。リクライニングできるシートに座り360℃の満天の星空を見ることができ、最初と最後は海の波の音が流れていたので、終始リラックスして過ごすことができました。観光地の敷地内なので、他施設でたくさん歩き回ったりビーチで泳いだりした後に見ると、眠りそうになるかもしれません。できれば先にプラネタリウムを見てから他を回ることをおすすめします。

30代男性

●●家族みんなで行ってきました。海洋文化館は、海洋博公園の敷地内にあり中央ゲートの階段を降りてすぐ左側にありました。美ら海水族館が目的で行ったのですが、たまたま公園内にプラネタリウムがあることに気づき、家族で観ることにしました。「沖縄ぬちゅら星~沖縄の夏の星空と民話」をみました。あまり興味が無かった私ですが、あの満天の星を見上げているとつい見入ってしまいました!!ナレーションは沖縄の優しいおばぁでした。夏の大三角や多良間島に伝わる天人女房という沖縄の民話などが聞けて、子供達もとてもいい勉強になった思います。座席も、ゆったりとしたリクライニング席なので疲れることなくリラックスして最後まで観ることができました。入館料もとても安く驚きました。他にも何種類か上映プログラムがあり、沖縄民話も春夏秋冬で変わる様なので飽きることなく楽しめると思います。

30代女性

●●本部町の海洋博公園にある海洋文化館に行きました。館内には大きな船やミクロネシアの海洋生活の歴史などが展示されており、太古からの海と人間との繋がりを学ぶことができます。かなり学術的な内容も含まれていて見ごたえがありました。プラネタリウムは海の音とともに沖縄の星空と民話を楽しめます。解説がなかなか聞きやすくとてもリラックスしながら眺めることができました。時間があったら全てのプログラムを見たかったほどです。ちなみに入館料金は170円でした。プラネタリウムも楽しめてこの値段なら安いと思います。水族館の方にお客さんが押し寄せているのか入館者も少なめでゆっくり過ごせました。天気に関係なく楽しめますので、沖縄に来て悪天候だった時のプランの一つに加えてもいいのではないでしょうか。まさしく穴場です。館内の休憩スペースも広く取られており、オムツ換えもできる多目的トイレや授乳スペースもあるので、子供連れの時にも便利な場所だと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●沖縄に来たら誰もが訪れるであろうジンベイザメのいる美ら海水族館の脇にひっそりと佇む水族館です。わざわざ遠いこの沖縄本島の北の果てまで来て魚の次に星を鑑賞する人は少ないのかいつも私が行くときは空いています。しかも席数が多いのでかなり人の話し声とか気配とかに気を取られずにゆっくりとできるのでお気に入りのスポットです。星の世界に没頭できます。民話みたいなマンガの上映もあるので子供でも楽しめる内容だと思います。平日だと日に7回も上映がありますから空いた時間に気軽に立ち寄れるのも魅力です。また料金も170円と安くその割にはコストパフォーマンスが高いです。沖縄独特の星の話も多いので、観光客の方も楽しめるはずです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ