高傳寺

更新日:2018年12月7日

佐賀県でお寺と梅の花を一緒に観賞できるスポットと言えば「高傳寺」。千年の時を刻むと言われているお寺で、佐賀市を象徴するシンボルとして地元の方にも愛されています。日本の歴史を感じながら観賞する梅は風情があり、毎年県外からも多くの観賞客が足を運んでいます。例年の観賞シーズンは2月中旬頃から3月上旬頃。

基本情報

読み方 こうでんじ
住所 佐賀県佐賀市本庄町大字本庄1112-1
電話番号 0952-23-6486
公式サイト こちら
例年の見頃 2月中旬~3月上旬
梅の本数 700本
主な梅の種類 紅梅、白梅
開園時間 9時~17時
梅まつり
ペットの入園
入場料 大人300円 中学生150円
駐車場
アクセス 市営バス平松循環線「高伝寺」バス停から徒歩3分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●日本の花といったら、梅と桜ではないでしょうか。高傳寺はそんな日本の花である、梅の花を楽しむこと出来る、佐賀県では定番のスポットだと思います。高傳寺は歴史があるお寺ですので、梅が咲いていない時でもとても雰囲気があり、お気に入りのお寺のひとつなのですが、春になると、その素晴らしいお寺に日本の花である梅の花が更に美しくお寺を魅せてくれますので、写真が趣味の人には定番のスポットだと思います。歴史あるお寺と美しい梅の花というのは、これ以上にないくらいにフイットしていますので、美しい光景に言葉を失うこと必須です。写真が好きな人はぜひ足を運んでほしいスポットですし、梅の花が好きな人もお寺の静寂な雰囲気が好きな人も満足することが出来ると思います。見物には入場料が必要ですので、お金の準備を忘れないように要注意です。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ