川之江城

更新日:2018年9月7日

1337年、南朝方の武将であった守護の河野氏の砦として讃岐の細川氏の侵入に備える為、土肥義昌が築城しました。

讃岐、阿波、土佐との境に近い国境の城の為、何度となく攻防にさらされていましたが、豊臣秀吉の四国征伐後は廃城となりました。遺構は本丸付近にわずかな石垣を残すのみでしたが、1986年に模擬天守が建てられました。

基本情報

読み方 かわのえじょう
別名 仏殿城
住所 愛媛県四国中央市川之江町1087-4
電話番号 0896-58-9822
公式サイト こちら
城郭構造 山城
天守構造 ×
築城主と築城年 土肥義昌 1337年
主な城主 土肥氏・妻鳥氏・河上氏
廃城年 不明
営業時間 9時~16時
定休日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
入場料 一般100円 小中学生50円
駐車場 20台
アクセス 川之江駅から徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ