西条祭り

更新日:2018年12月7日

江戸時代から続く、愛媛県西条市で毎年10月14日~18日にかけて行われる祭り。平成16年(2004)の市町村合併以前の旧西条市にある4カ所の神社の祭りの総称です。「屋台」とも呼ばれるだんじり(山車)や、御神輿、太鼓台が神社に奉納されます。「西条まつりの屋台行事」として、市の無形民俗文化財にも指定。

基本情報

読み方 さいじょうまつり
開催日時 10月14日~18日
開催場所 愛媛県西条市(嘉母神社・石岡神社・伊曽乃神社・飯積神社)
電話番号 0897-56-2605(西条市観光協会)
公式サイト http://www.saijomatsuri.jp/
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】伊予西条駅から徒歩数分

口コミと評判

20代男性

●●私は愛媛県の西条市出身なのですが、私の地区がお祭りをする地域では無かったのでなかなか参加する機会がありませんでした。初めて神輿やだんじりに触れたのは高校生の時で仲の良い友達に誘われたことがきっかけでした。初めての西条祭りは朝の3:00頃に集会所に集合してお宮入りの為、伊曽乃神社までの長い道のりを練り歩くことから始まりました。私はとても眠くて神輿に引かれそうになりながら歩いていたのですが、友人のテンションになんとか付いていき神社に着くころには少し周りも明るくなり始めて屋台の多さに私もはしゃいでしまいました。二日間歩き通しのお祭りですが、西条祭りの醍醐味はなんといっても最終日の河入りにあると思います。10月の川はもちろん寒いのですが100台ものだんじりが一斉に川に入る姿は圧巻ですし全国どこを見てもこのようなお祭りは少ないと思います。これからも地元の誇りでもある西条祭りを大切にしていきたいと思います。

20代女性

●●愛媛県の西条祭りは、凄く迫力のある何十台の地車が夜中から町中を練り歩き一升瓶を抱きかかえて歩く姿は、小さい時に見た印象と何も変わらず今も続いていました。何十台と集まる地車の迫力はこの西条祭りの凄いところで、夜中に行われる伊曽乃神社参道の石段を担ぎあげながら上がって来る地車は凄く迫力があり魅力的です。夜の御旅所は提灯の光が何十台も集まり凄く綺麗で周囲を地車で囲まれその中で地車が走る姿は本当に素敵な輝きでした。昼夜逆転している為、他の祭りとは違い、休憩すると凄く眠たくもなり夜は気温差の違いで凄く寒かったりと大変な事もありましたが、やはり目の前で見る地車の迫力は観光客でも興奮するくらい魅力的で何台もの地車を見ていても飽きません。地車の彫りの違いや地車同士のかきあいは凄く格好良いです。田舎だから出来る祭りの魅力は凄く感動で羨ましいなって思いました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●主人が出身地で、毎年参加することもあり見に行きます。中でも伊曽乃神社と言う1番多くだんじりとみこしのある地域のお祭りなのですが、迫力があり壮大です。この地域のみこしは太鼓台の様な形をしているのですが少し違う様で"みこし"と呼ぶ様です。私がよく見に行くところは西条高校の前に集まる時で、2日目の朝8時くらいから全てのだんじりとみこしが集まります。昔のお城の前なので、お殿様にお祭りを見せに行っていた名残の様です。順番に門の前に行き差し上げや練り上げをし、それが終わると全てのだんじりたちが道に並ぶのもとても綺麗です。全てが門前まで行き差し上げ等をするのに10時過ぎくらいまで続けられます。また並んだだんじりなどが近くで見れるのも魅力的です。一つひとつ彫刻なども違い、好きなものが見つかるかもしれません。西条祭りと言えば川入りが有名ですが、全てのだんじりとみこしが参加するわけではありません。川の向こうに帰るのを惜しむので、向こう側の地域のだんじりなどは参加していないのです。全部が綺麗に見える西条高校前は意外とお勧めです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ