さぬき高松まつり

更新日:2018年12月7日

香川県高松市で毎年8月12日から14日の3日間行われる祭り。昭和26年(1951)に始まった「商工港まつり」と昭和22年(1947)より屋島山上で行われていた「盆踊り大会」が前身となり、昭和39年(1964)、現在の祭りができたそう。今では3日間で約58万人が訪れる香川県最大の祭りとなっています。

基本情報

読み方 さぬきたかまつまつり
開催日時 8月12日~14日
開催場所 香川県高松市番町(高松市立中央公園)
電話番号 087-839-2416(高松まつり振興会事務局)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場
アクセス 【電車】高松琴平電気鉄道「瓦町駅」から徒歩3分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●高松市役所の正面に位置する、高松市立中央公園で開催される夏祭りです。3日間開催され、1日目はステージを中心としたイベントが、2日目は花火大会が、3日目は歩行者天国で総踊りが行われます。3日間、大きく異なるイベントが開催されるため、3日間ずっとお祭りに行く人も多いほど魅力のあるお祭りです。花火大会では、約8000発の花火が打ち上げられます。花火の時間帯だけは、中央公園ではなく、JR高松駅周辺の方がしっかりと見ることができるので、移動をお勧めします。また総踊りは、様々な企業や団体が、高松祭りのテーマソングに合わせて踊ります。それぞれが工夫を凝らしているので、見ていてとても楽しいです。駐車場は会場の地下に有料で設置されていますが、人が多く、かなり混み合います。したがってJR高松駅から徒歩で20分、琴電瓦町駅から徒歩で10分ほどで会場に着けるため、車よりも公共交通機関の利用が好ましいと思います。

30代男性

●●高松市内の夏の最大の祭りであります。場所は高松中央公園という高松の街のど真ん中にある公園です。でもそんなにお客さんであふれかえってってこともないです。少しの渋滞はありますが駐車場も十分近くのコインパーキングで足りています。お祭りは二日間土日で毎年あります。毎年なんらかの有名人(お笑い芸人が多い)がライブをします。あとは露天は多いですね。あと地元の自治会の集まりや会社の集まりで踊りを披露している人がたくさんいます。しかし高松というところは祭りには全然力を入れない人達が多く、県外の祭りに比べると、活気はなく、冷めています。最終日は大きな花火があります。花火は高松中央公園からではなく、もっと海沿いまでいった方がいいです。サンポート周辺が一番人気の花火スポットですがそこは花火の時間帯だけやたら混みます。

30代女性

●●香川県最大のおまつりで、夏の高松市で一番盛り上がるイベントです。高松市内の中心地にある高松中央公園を中心に、多くのお店やイベントで盛り上がります。公園のその周りの道路など、総踊りが開催あれる期間中は交通規制になり、車は立ち入れないようになります。混雑と交通規制により、毎年この時期は、非常に道路や駐車場が混雑をされます。大花火大会も開催され、毎年30分間ほど大量の花火が打ち上げられます。打ち上げ場所はサンポートという海のほとりですので、サンポート近辺はこの花火大会期間中、とても混雑します。ですが、海に浮かぶ大きな花火を見るのは真夏の風情ある恒例のイベントで、多くの人が来てにぎわっています。露店のお店もとても多く出ており、人気のお店は行列を作っています。とにかく、とても混みますので、公共の交通機関を利用しての来場をおすすめします。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ