高知空港

更新日:2018年12月7日

高知市の東部にある南国市に位置し、2003年に「高知龍馬空港」という、国内空港で唯一人名の愛称が付けられた空港です。4つの航空会社が4路線の国内線定期便を運航しています。ターミナル1階には、お遍路さんのためのお遍路接待コーナーがあり、休憩所や更衣室が用意されています。展望デッキには高知県出身・やなせたかしさんの漫画「アンパンマン」の撮影用パネルがあります。

基本情報

読み方 こうちくうこう
別称 高知龍馬空港
種別 拠点空港(国管理)
空港コード KCZ / RJOK
住所 高知県南国市久枝乙58
電話番号 088-863-2906
公式サイト こちら
ターミナル 1棟
営業時間 7時~21時
国際線
免税店
駐車場
滑走路 2500×45
アクセス 各地からバス

口コミと評判

20代男性

●●とても小さな空港で、発着便もかなり少なかったですが、とてもきれいな空港だという印象でした。高知市内からも近く、利便性も悪くないと思います。市内からバスでもそこまでかかりませんでした。空港内も小さいですが、お土産物やさんやレストラン等があり、高知のお土産ならだいたいここで揃う感じの品ぞろえでした。私もお土産を買う余裕が無かったので、空港で購入しました。空港内のレストランで食べた高知の名物のカツオのたたきや、新鮮な魚介類を使った料理を食べましたが、非常においしく思い出に残っています。混雑もあまり無く、すぐに入店できました。その他にカフェなどもあり、待ち時間が長くても有意義に過ごすことのできる空港だと思いました。面白いと思ったのが、空港内に八百屋があったことです。実際に購入している人は見ませんでしたが、面白いと思いました。

20代女性

●●高知市の中心部から空港行きのバスで30分~40分程度です。空港の周りはあまり何もない所なのでアクセスは良くありません。空港と中心部を結ぶ電車がないので公共交通機関の面では少し不便を感じます。空港自体は小さな空港なので、空港内で迷うことはまず無いでしょう。小さいながらも食事をしたりちょっとしたお土産物を買ったりすることはちゃんとできます。広いスペースではありませんが、高知らしいカツオを使った食事や特産品のお土産物が十分に揃っているので空港内で済ませることはできます。空港内の待合室はそれほど広くはなく、人が多い場合は椅子に空きがなく座れないこともあるので、混んでいる時期などは時間に余裕を持って入っておくほうが良いでしょう。全体的に田舎の空港という感じですが、バスを使えば中心部への行き来も乗り換えなくできるので使いやすい空港ではあると思います。

30代男性

●●高知県内にある唯一の空港です。比較的コンパクトにまとまっている空港です。飲食店は2店あり、1店は普通の洋食系ですが、もう1店は地元の土佐料理が食べられる和食主体の店です。どちらもおすすめですが、旅の帰りに利用するなら、土佐料理を最後に食べてという方が良いと思います。お土産店は何店舗かありますが、大きいのは1店のみです。ただ、種類がそこまで豊富かというとそうでもないので、ちょっとしたお土産なら良いですが、大事な人へのお土産を考えるなら、市内のお土産店で買ってからの方が良いと思います。デッキにも上がれます。早めに着いたときの暇潰し的な要素もあると思いますが、離着陸の本数は少ないので(20分に1本くらい)飛行機の離着陸をメインに楽しむには物足りないかもしれません。コンパクトな空港なので、搭乗手続きに時間がかかることはなく、すぐです。夏のお盆時期は別ですが、ギリギリにいっても焦ることなく利用できる空港です。

30代女性

●●高知県のほぼ中央に位置するこちらの空港は、地方空港さながらという感じでとてもこじんまりとしており、発着便数も多くはないですが、とても高知県らしさが溢れている空港です。ロビーには坂本龍馬像が立って出迎えてくれます。そして、高知県ではとても有名で、高知県ならではの料理が食べられる「司」という食事処が2階にあり、空港内の壁面には雄大な太平洋の写真が一面に見ることができます。空港を一歩出るとヤシの木が植えられており、空港内外で南国土佐を感じられます。また、夏にはよさこい祭りが高知市内で開催されることもあり、よさこい踊りで使われる「鳴子」があちらこちらのお店で売られております。地方空港ですので、電車などは接続しておらず、アクセスは車、バス、タクシーなどに限られてしまいます。市内からではおよそ40分程度で着きます。

40代男性

●●10数年前、プロペラ機で伊丹空港から高知空港へ向かいましたが、機内の窓から眺めた印象としては、広い海岸線にポツンとある感じでかなり小さく思えました。空港へ近づいていくうち、海岸の近くで大きな黒い影をみつけたのですが、何とクジラだったのです。クジラの全景を生で見たのはこの時が初めてで、ラッキーでしたね。空港そのものは、建物もかなり小さく、お世辞にも充実した設備だったとは言えませんが、ひょっとしたら今は随分変わっているかも知れませんね。その時は仕事の得意先の人が車で迎えに来てくれていたので助かりましたが、大都市圏の空港ではありませんから、高知市街地へのインフラといっても空港まで鉄道がしかれているわけではなく、そこら辺の不便さは否めません。

40代女性

●●小さな空港です。レストランはよく空港にあるカフェとカツオのたたきなどを出す和食レストランがあります。お土産屋さんは2か所あり生ものから乾きもの系、工芸品まで結構充実しています。トイレは出発ロビー到着ロビーともにそれほどたくさんありませんので少々不便かもしれません。出発ロビーはあまり広くないので飛行機の発着が重なる時間には待合で座る椅子がなくなるほど込みあいます。小さな空港なので到着してから手荷物を受け取って外に出るのがとてもスピーディーにできます。高知市内から車で20分から30分ほどかかります。空港から高知市内に出るのには空港内のカウンターでレンタカーを借りると便利です。空港前のレンタカーの店舗まで送迎してくれます。空港の周りはほとんど農場なので空港間際で渋滞に巻き込まれるようなことはないので安心です。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ