ビッグサンダー・マウンテン

更新日:2018年12月7日

ビッグサンダー・マウンテンは、ウエスタンランドの奥の方にあるジェットコースターのアトラクションです。ライドにリニアモーターが採用されていて、リニアモーターによって加速と減速をコントロールしています。1987年にオープンし、当時の価格で約80億円も投じて完成しました。

いわゆる「絶叫マシン」は東京ディズニーリゾートにはそれほどありませんが、そんな中で数少ないスリル満点の絶叫アトラクションとなっています。スピード感と爽快感を感じられる大人気アトラクションです。

ちなみに、ファストパス発券所の表記に関して、他のアトラクションでは「FASTPASS TICKETING」と書かれているのですが、ビッグサンダー・マウンテンでは「FASTPASS Distribution」と書かれています。

混雑度

パーク内でトップクラスの待ち時間を記録するアトラクションです。ランドでもシーでも共通して言えることなのですが、ジェットコースター系のアトラクションはかなり高い人気があります。もちろんこのビッグサンダー・マウンテンも例外ではありません。パーク内が混雑しているときはファストパスで乗るようにしましょう。

おすすめの座席

ビッグサンダーマウンテンはディズニーランド3大マウンテンのうちのひとつです。ディズニーランドで1,2を争う人気アトラクションです。オープン以来その人気がずっと続いています。

おすすめは後ろの方の座席です。特に外が暗くなってくると先が見えにくいので絶叫感があります。カップルで乗るのであれば、女性が左側に座ると良いでしょう。左カーブが多いので、女性が左側に乗っていれば自然に右側に身体が寄せられるため、より密着する事ができます。

アトラクション概要

英語名 Big Thunder Mountain
定員 1台30名
所要時間 約4分
ファストパス
シングルライダー
利用制限 身長102センチ未満

フォトギャラリー

東京ディズニーランド・ステーションにあるポスターです。
かっこいいポスター

西部開拓時代を感じさせる建物となっています。
アトラクションの建物

乗り場までは岩山を登るようにして進みます。
岩山の写真

みんなの口コミ

●●ディズニーランドに行ったことがある人もない人も、一度は耳にしたことがあるであろう代表的なアトラクションです。名前を聞くと、かなりワイルドで恐そうな印象ですが、他の遊園地のコースターに比べると恐怖感はそれほどでもありません。

特別にスピードが速いわけでもアクションがすごいわけでもないのですが、ディズニーランドという空間で利用するとなぜだか楽しい。まさに万人向けのコースターだと思います。恐いコースターが好きな人も、普段はコースターには乗らない人も、ビッグサンダーマウンテンならば一緒に楽しむことができると思います。

本物の荒野に来たようなリアルな演出には驚かされます。何回でも乗りたくなってしまう楽しいアトラクションです。

●●ディズニーランドに来たら必ず最低でも3回は乗る定番アトラクションです。ディズニーに詳しい友人から、ビックサンダー・マウンテンのどこかには金のミッキーがいると教えてもらってから、もう何度も探しましたが未だに見つけられません。

私がビッグサンダ―・マウンテンに乗るのは、第一にこの金のミッキーを見つける事が目的です。また、スピード感はありますがそんなに怖くないので、絶叫系が苦手な主人と乗るにはぴったりのアトラクションです。

ただ、私は怖いくらいが好きなので、少々物足りないと感じますが、一番後ろに座るとよりスピード感が味わえるので、キャストの方にお願いして、よく一番後ろの席にしてもらいます。落差もあまりないので、子供連れには楽しめるかもしれません。

●●ディズニーランドでそびえ立つ山と言えば、ウエスタンランドに位置する「ビッグサンダー・マウンテン」です。鉱山列車が赤茶けた山道を駆け抜けて行きます。列車の音はもちろん、そのフォルムもすばらしく可愛いです。

私のおすすめは、少しだけ降る雨の日のビッグサンダーマウンテンです。これが、おもしろいんです!小雨ぐらいの雨はなんのその。蒸気機関車が山が切れた瞬間に雨が降り注ぐ開放感。そしてその後に迫る暗闇の恐怖。ずっと、アトラクションの中を走っている訳ではないのがまた面白いと思います。

できれば一日何回でも乗りたくなる楽しさがあるのが、ビッグサンダーマウンテンの魅力です。ディズニーシーのアトラクションを含めても、私の中で1番のお気に入りのアトラクションとなっています。

●●昔からこのアトラクションは大好きで、行くたびに毎回乗っています。一番奥の方にあるので、混まないうちに朝一に乗るようにしています。西部っぽい作りが並んでいる時から、ワクワクさせてくれる要素の1つだと思います。もし混んでしまっても、割と進みが早いので私は並んでしまいます。

乗る場所は後ろに行けば行く程、加速度が増すので後ろになった時はラッキーって思ってしまいます。最初はゆっくりとした上り坂で、景色を楽しみ、それが過ぎると一気に下り坂になりますが、まだまだ余裕です。

怖そうに見えますが、最後の大きな下り坂を加速する以外はそんなに怖くないので、手を挙げていたり、並んでいる人に手を振ったりと、様々な楽しみ方で乗っている人が多かったです。このアトラクションは夜に乗るのもおすすめです。暗闇を駆け抜けるので、明るい時とはまた違ったスリルが出てきます。

●●ビッグサンダー・マウンテンは、スプラッシュ・マウンテンと並ぶ人気アトラクションなので、非常に混みやすく、長時間待ちになってしまうかもしれません。しかし、このアトラクションはディズニーランドに来たならば是非乗ってもらいたいアトラクションです!

ゴールドラッシュの鉱山を駆け抜けるトロッコ、という設定なのですが、その迫力は何度乗ってもワクワクドキドキしてしまいます。迫力満点のスピード感を体験できますし、まるで本物のトロッコに乗っているかのような車輪の音が、その迫力をより一層際立たせてくれます。

小学生の高学年ぐらいのお子さんであれば、楽しんで乗ることができると思います。それより小さい子だと、恐怖感の方が大きくなってしまうかもしれません。

●●ディズニーランドに行ったら、なぜか必ず乗ってしまうアトラクションの一つです。結構長蛇の列ができていたりして、並んでいる時間も長かったりするのですが、それでもワクワクしながら待っています。

毎回そうです。子供の頃、当時東京在住だった叔父、叔母、従姉妹に連れて行ってもらったときも、修学旅行でディズニーランドに行った時も、彼氏と遊びに行った時も、ビッグサンダーマウンテンに乗りました。なぜか乗らずに帰宅するという発想には至らないんですよね。

あのごつごつした山の中を進んでいくと「あ~ディズニーランドに来たな~。」と妙に感慨深くなってしまいます。もちろん、ローラーコースタータイプのアトラクションなので、すぐにそんな感慨など吹っ飛んでしまうのですが…笑

ページの先頭へ