バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

更新日:2018年12月7日

バズ・ライトイヤーのアストロブラスターは、日本でもお馴染みの大ヒット映画シリーズ「トイ・ストーリー」の主人公、バズ・ライトイヤーが率いるスペースレンジャーの一員となって、レーザー銃を使いながら宇宙を守るアトラクションです。

混雑度

レーザー銃で的を狙って得点を競い合うという、小さな子どもから大人まで、誰もが熱中できるアトラクションですので、非常に高い人気があります。100分待ち近くになることも珍しくなく、混雑時には2時間待ちを超えることが多々あります。できれば、ファストパスを活用するようにしましょう。

20万点の標的

このアトラクションでは、光線銃で標的を撃って、どれだけの高得点を取れるかを競い合います。適当に撃っていても、ある程度の得点は獲得できますが行きますが、高得点を獲得するためにはちょっとテクニックが必要です。

どんなテクニックなのかというと、それは隠れ標的を見つけることです。実は普通に的を狙って撃っていてもすごい高得点にはなりません。しかし、隠れ標的を撃つことができれば一気に20万点も獲得できてしまうのです。以下がその一例です。なお、これらは必ず存在すると証明されている訳ではありません。

1番最初に登場するトンネルに20万点の標的があります。暗闇の中に一ヶ所だけ小さく赤く光る場所がありますので、そこを目がけて何度も撃ってみましょう。

バズが操作方法などの説明をしている場所に、無造作に置かれている積み木があります。そこの積み木になんと隠れミッキーが描かれているのです。そこを目がけて何度も撃ってみましょう。

③最後の方に宿敵ザーグが現れます。実はこのザーグの周りに20万点の標的があると言われています。とにかく、ザーグの周りをたくさん撃ってみましょう。

アトラクション概要

英語名 Buzz Lightyear's Astro Blasters
定員 1台につき3名
所要時間 約4分
ファストパス
シングルライダー
利用制限

フォトギャラリー

混雑している日には、この周辺にずらりと長い待ち列ができます。
スタンバイ列の様子

ファストパスエントランスとスタンバイエントランスの間にある大きな看板です。
アトラクションの看板

ライドに乗る前にバズがザークについての説明をしてくれます。
バズ・ライトイヤーの写真

みんなの口コミ

●●トイ・ストーリーは息子の一番好きなディズニー作品なので、バズ・ライトイヤーのアストロブラスターは息子の一番お気に入りのアトラクションです。アストロブラスターというレーザーでターゲットを狙いながら進むアトラクションなので、マシンの動きの他に、自分の動きが加わるので、夢中になって楽しめるんです。

点数に応じたランクがあったりするので、何回でもチャレンジして乗りたい気持ちになるアトラクションです。いつも娘と旦那さん、私と息子で乗って、スコアを競い合って楽しんでいます。

そういう楽しみ方ができるアトラクションは少ないので、何回も乗って高得点を目指しています。暗闇の中のネオンカラーで作られたトイ・ストーリーの世界は本当にキレイで、アニメの世界に入り込んだ気持ちが味わえます。

●●バズ・ライトイヤーのアストロブラスターは、ディズニーランドの中で私が一番好きなアトラクションです。どんなに混んでいても必ず乗ります。何より楽しいのが、一緒に行った人と点数を競えること。スコアがつくので何とか勝とうと、闘争心を燃やして、本気になってしまいます。

毎回乗るたびに高得点のプレートが発見出来たり、隠れたところにプレートがあるのを発見できるのも楽しみの一つです。高得点のプレートを発見できると、次に乗る時さらに高得点が狙えるのではないかと、よりわくわくすることが出来ます。そのわくわくに負けて、何度も乗ってしまうこともしばしばあります。

アトラクションの中に、私の一番好きなリトルグリーンメンがたくさん出てくるのも魅力の一つだと思います。一緒に行った人と、一番盛り上がれるのはバズ・ライトイヤーのアストロブラスターだと思います。とても楽しいです。

●●できた当初はファストパスを取ることも困難で、なかなか乗る事が出来ませんでした。やっと乗れたのは、できてしばらくたった頃でした。初めて乗った時は、コースの景色を見るのに夢中になって、全然点数がとれませんでした。

小さい子も乗るアトラクションなので、まさかこんなに難しいとは思わず完全になめていました。それからもう10回以上は乗りましたが、未だに高得点をとったことはありません。

これでは小さい子には難しすぎるのではと思いましたが、ある日、自分の前に乗っていた小さな子の得点が見えて驚きました。自分の倍以上の得点をとっていました。どうやらただ私が下手なだけだったようです。ディズニーが子供のことを考えないわけがないと改めて思いました。

●●バズ・ライトイヤーのアストロブラスターは、光線銃つきの乗り物に乗りながら、悪の帝王ザーグを倒すというアトラクションです。

他のアトラクションと異なっているところは、アトラクション中に光線銃を打つことが出来るため、ゲスト参加型のものになっていることです。毎回、自分の得点が表示されるので、何度も乗りたくなりました。子どもと一緒に乗ったのですが、ゲーム感覚で楽しめるようで、大喜びでした。

また、トイストーリーのキャラクター「バズ」と一緒に冒険出来るので、トイストーリーファンにはたまらないアトラクションだと思います。待ち時間でも楽しめるような建物のつくりになっており、通路で待っている時もトイストーリーの世界を楽しむことができます。

●●トイ・ストーリー好きにはたまらないアトラクションだと思います。私もトイ・ストーリーが好きなので、ディズニーランドに行くと、必ずこれには乗ります。

このアトラクションは、トイストーリーに出てくる主人公のバズ・ライトイヤーが率いるスペースレンジャーの一員として、スペースクルーズに乗り込み、冒険を繰り広げ、悪の帝王でもあるザークの一味を退治するという内容です。

私たちが乗り込むスペースクルーズには、アストロブラスターという光線銃がついているので、それで悪者のロボットなどを退治していきます。

この光線銃でターゲットを倒していくのがとても楽しいです。子どもなんて余計に楽しいのではないでしょうか。このアトラクションは、大人も子どももエキサイティングできるアトラクションです。

●●バズ・ライトイヤーのアストロブラスターは、大人も子供も夢中になるアトラクションだと思います。映画トイ・ストーリーが好きな息子がどうしてもやりたいと言うので映画を観た事が無い私でしたが、息子と一緒に入ることに。

光線銃?で敵を撃ちながら進むシューティングゲームのようなアトラクションなのですが、大人でもハマッちゃいます。光と音の演出で宇宙的な雰囲気といいますか、臨場感があり、息子と二人でつい夢中になって何回も同じアトラクションに入っていました。

キャラクターの数も豊富で、映画を観ていなかったのが悔やまれました。家に帰ってから息子と一緒に映画を観ましたが良かったです。こういう一般の人が参加して遊べるアトラクションの方が子供には楽しいのかも知れませんね。

●●4歳児の子供がバズが大好きで、ファストパスをとって乗りました。

まず、入り口から宇宙を思わせるデザインで子供は大喜びです。グリーンリトルメンやバズの絵なども沢山描かれていて、ゆっくり見たかったのですがファストパスを取ってしまっていたので、ゆっくり見る間もなく通過してしまいました。本当にバズが好きなお子さんなどには、ゆっくり並んでいても苦痛ではないかもしれません。

さらに奥に進むと、大きなバズが現れます。顔が映像になっていて、子供は本物のバズが居ると大喜びしていました。

いよいよシートに座り、ブラスターを持ってエイリアンを攻撃するのですが、4歳の子供はとりあえず、ブラスターを手にするだけで大はしゃぎでした。暗闇の中、蛍光色のエイリアンや惑星などが描かれたアトラクションは大人には少し、安っぽくも見えましたがそこが良さなのかもしれません。

終盤にさしかかると、時空をワープするようなトンネルがあり、なんともトリッキーな感じで子供は真剣な顔をしていました。全体的に言えば、かなり子供向けのアトラクションですがバズ・ライトイヤーの大好きな方には、バズの仲間になった気持ちで宇宙空間を体感できるので、楽しめると思います。

●●バズライトイヤーのアストロブラスターに乗りました。トイ・ストーリーを観たことは無かったのですが(キャラクターの名前を知っている程度)、シューティングは面白かったです。バズライトイヤーのアストロブラスターに乗った数日後に、改めてトイ・ストーリーを観ました。

トイ・ストーリーを観たことで、またバズライトイヤーのアストロブラスターに乗りたくなりました。いろいろなキャラクターを知ることで、より身近に感じられるというか、バズライトイヤーのアストロブラスターを楽しめると思います。

これからバズライトイヤーのアストロブラスターに乗る、という方は、ぜひトイ・ストーリーを観てから乗ることをおすすめします。バズ以外にも魅力的なキャラクターがたくさんいますよ。基本的に原作があるものは、原作を見てからアトラクションに乗った方が楽しめるのかもしれません。もちろん知らなくても充分に楽しめます。

ページの先頭へ