シンデレラのフェアリーテイル・ホール

更新日:2018年12月7日

シンデレラのフェアリーテイル・ホールは、ファンタジーランドにあり、パークに入園するとその存在感に驚かされる「シンデレラ城」の中を見て回ることができるアトラクションです。かつては「シンデレラ城ミステリーツアー」というアトラクションがありましたが、それがパワーアップして帰ってきた印象を受けます。

混雑度

2011年にスタートした割と新しいアトラクションで、オープンしたばかりの頃は長い待ち時間になることが多かったのですが、現在は落ち着いています。連休時などでも40分待ちや50分待ちがMAXで、平日であれば30分待ちを超えることはほとんどありません。落ち着いてゆっくりと見て回れると思います。

アトラクション概要

英語名 Cinderella's Fairy Tale Hall
定員
所要時間
ファストパス
シングルライダー
利用制限

フォトギャラリー

入り口の様子です。ここからエレベーターに乗って2階へ向かいます。
アトラクションの入り口

フラッシュを使わないと何の変哲もない写真ですが…
フラッシュを使わないで撮った写真

フラッシュを使うと魔法が浮かび出てきます!
フラッシュを使って撮った写真

みんなの口コミ

●●出来たばかりの頃は二時間待ちで入る事が出来ませんでした。次に来たときは、オフシーズンで雨だったこともあり、待ち時間無しで入ることができました。

まず率直な感想として女の子向けだと思います。シンデレラをモチーフとしたジオラマや絵画、数々のアート作品をゆっくり見てまわることができます。動物たちがシンデレラのためにドレスを一生懸命作るシーンのジオラマが一番のお気に入りで、部屋に飾りたくなるような可愛さで、いつもついつい見惚れてしまいます。

そして、必ず見てほしいのが、シャンデリアや階段、ドレスまでもが紙だけで作られているアートです。とても細かいところまで再現されていて、このアートを見て、全てが紙だけで出来ているとわかった時は鳥肌が立ちました。何度見てもシンデレラの世界に浸れる、大好きなアトラクションです。

●●ディズニーの代表作と言えば「シンデレラ」です。シンデレラと言えば、女の子の憧れの的なのは言うまでもありません。ディズニーランドの中心にそびえ立つ、シンデレラ城で観る事ができるのが「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」です。

プリンス・チャーミングとシンデレラが住むこのお城に、シンデレラが自分の話をみんなと分かち合いたい!と、作ったのがこのジオラマ達です。シンデレラが召使いのころから、魔法にかけられて舞踏会に向かい、ガラスの靴を履いて王子様に出会うまでを、ジオラマや絵などで展示してあります。

ゆっくりとシンデレラの物語を巡ると、まるでシンデレラの世界に入ってしまったかのような、錯覚に落ち入ります。有名なガラスの靴を観れるのも感動的です。

●●誰もが知っている名作童話の「シンデレラ」の世界に飛び込むことができるアトラクションです。その舞台は憧れのシンデレラ城です。しかも、ディズニーが企画した舞台ですから、本家本元といっていいでしょう。まさに、おとぎの世界に飛び込むことができるので憧れる方も多いと思います。

アトラクションの内容は、シンデレラ城の中に、物語に登場する印象的なアイテムが多数展示されています。どれも本家のディズニーが製作したものですから、想像で作られたものというよりも本物といっていいのではないでしょうか。

これらをみながら、シンデレラが本物のお姫様になる過程を一緒に体験していくアトラクションです。とくに女性の方にお勧めのアトラクションだと思います。

●●ディズニープリンセスの中で一番好きなシンデレラの世界が満喫できる、シンデレラのフェアリーテイル・ホールは娘の一番のお気に入りです。

ビビデバビデブティックでシンデレラのコスチュームを着せてもらってから、いつもシンデレラのフェアリーテイル・ホールで写真を撮ります。

細かい部分まで本当にきれいでドラマティックな造りになっているので、大人の私でも胸が高鳴ります。美しい壁画のシンデレラや魔法使いのおばさんのイラストは今にも動き出しそうなくらい素敵なんです。

椅子があるのですが、そこに座ってシンデレラのフェアリーテイル・ホールの中を見ると、もうシンデレラ気分が十分に味わえます。壁も廊下もどこもかしこも美しいフォトポイントなので、このシンデレラのフェアリーテイル・ホールだけで私は何十枚も写真を撮ってしまうほどです。

ステンドグラスもかぼちゃの馬車をモチーフにしていたり、細かい部分まですごくきれいなので、何度見ても何度来ても飽きないアトラクションです。

●●3歳の娘を連れて初めて入ったアトラクションだったのですが、あまりリサーチもせず入ったので、どんな所に連れて行かれるのか、私たち親子はエレベーターの中でとても不安でした。

扉が開いた瞬間にパァと目の前の視界が広がり、優雅な曲と共にシンデレラの物語にまつわる絵が飾られていて、美術館のような雰囲気に心が和みました。

ウォークスルータイプで奥に進むと、物語をモチーフにしたジオラマがあり、一つ一つが鉄や紙や木などで出来ているようでした。小さな箱の中に入った、とてもかわいらしく繊細なすばらしいアート作品です。

見どころは一番奥の部屋です。シンデレラの靴が置いてあり、実際には履けませんが、あの有名なシーンをリアルに体験できます。妻も娘も大喜びでした。

あと、絵画の前で知らずに写真を撮っていましたが、仕掛けがあるようで「フラッシュをたいてください」とキャストの方に言われて「?」だったのですが、後から写真を見てびっくりしました。

最後はシンデレラになった気分で椅子に座り、キャストの方に写真を撮ってもらい、家族全員で記念撮影をして、アトラクションを出ました。出た後はなんだかほっこりした気分で、夢の国でまた夢を見たような気分でした

●●以前は、シンデレラ城ミステリーツアーというアトラクションだったのですが、リニューアルされて、フェアリーテイル・ホールというアトラクションになりました。ディズニーランドの象徴である、シンデレラ城の中を自由に歩いて見て回ることの出来るアトラクションで、乗り物に乗るタイプのアトラクションではありません。

お城の中は、シンデレラのストーリーを追体験できる絵画やジオラマがたくさんあるので、シンデレラが好きな方にはオススメしたいアトラクションです。

中では、魔法使いがシンデレラを変身させるシーンが見れたり、王子様と出会ったダンスホールのなかで記念撮影ができました。シンデレラの椅子に座って記念撮影ができるので、デジカメを持っていくのをオススメします。

●●ディズニーランドの超有名な建物といえば、シンデレラ城ですね。シンデレラのフェアリーテイル・ホールは、シンデレラ城が舞台です。あのディズニーの名作アニメの金字塔「シンデレラ」の世界を再現しています。

壁も床も装飾も何もかも映画「シンデレラ」そのもので、「おお!」と内心動揺してしまうほどの再現っぷりです。シンデレラが魔法の力でプリンセスになるまでの物語の絵の展示や、物語の中でキーを握るアイテムの展示もあります。もちろんガラスの靴もあります。ガラスの靴なしでシンデレラを語ることはできませんからね。

大人も子供も、一度は読んだ話・見た映画「シンデレラ」の世界を体感できるアトラクションで、やはりディズニーランドに行くなら一度は立ち寄るべきだと思います。

●●前のミステリーツアーにはよく行っていましたが、こちらはこの間初めて入りました。とりあえず人気でかなりの時間並びました。並んでいるのは、カワイイ女の子達ばかりで、きっとシンデレラに憧れているのかなと内心微笑ましく感じていました。

中に入ると、とにかく人だらけであまりゆっくりは見れませんでしたが、シンデレラの世界観が溢れていて、30代の私でさえもその雰囲気にのまれてしまう程、素敵でした。アトラクションというよりも、ギャラリーと表現した方が分かり易いかもしれませんが、自由に色々な所を見て回れるので、嬉しかったです。

ガラスの靴を履ける所があったりして、自分が子供だったら試してみたいことがたくさんありました。写真スポットがたくさんあったので、写真を撮る人にはお勧めかもしれません。娘が産まれたら是非行ってみたいアトラクションの1つです。

●●千葉にあるお城…と言っていいのでしょうか。シンデレラ城はドイツにあるお城をモデルにしている事は有名です。入り口からアーケードを抜けた正面に見える姿はディズニーランドの象徴とも言える存在です。水色と白の配色はさわかやで、ロマンチックな雰囲気も兼ね備えています。

一番最近のイベントでは、アナと雪の女王のプロジェクターマッピングが話題となり、大変な人気でした。私としてはシンデレラ城に上がる花火がとても華やかで好きです。洋風のお城と花火の組み合わせは夢があって魔法も世界にふさわしい雰囲気を味あわせてくれます。

ライトアップによる表情の変化も素晴らしく、見ていて全く飽きません。シンデレラ城は一時期中に入れない期間がありましたが、現在は家族みんなが楽しめるアドベンチャースポットとして人気ですね。まだ行った事がないので行ってみたいです。

ページの先頭へ