スペース・マウンテン

更新日:2018年12月7日

スペース・マウンテンは、宇宙(スペース)を意識した真っ暗闇の中を、迫力満点のジェットコースターに乗って疾走するアトラクションです。真っ暗なので、どのように進むのか分からず、更にスピードもあり、正に絶叫マシンと言えます。

意外と知られていないことの一つに、隠れミッキーの存在が挙げられます。ライドの乗り場にあるスペースシップを天井から吊す車輪が「隠れミッキー」になっていますので、ぜひ見つけてみてください。

混雑度

数少ない大規模な絶叫アトラクションですので、混雑しやすいです。ただ、好みが分かれるからか、スプラッシュ・マウンテンやビッグサンダー・マウンテンと比較すると意外と混雑度は落ちます。同じトゥモローランドにあるモンスターズ・インクやバズ・ライトイヤーと比べても、待ち時間は短めです。

おすすめの座席

ずっと真っ暗な中を走行するタイプのローラーコースターなので、座席による差はあまりありません。スピード感や絶叫感が欲しいという方には1番後ろがおすすめです。真っ暗闇の中とは言っても、監視カメラで見られていますから、あまりいちゃいちゃしたりするのはやめておいた方が良いかもしれませんね。

アトラクション概要

英語名 Space Mountain
定員 1ロケット12名
所要時間 約3分
ファストパス
シングルライダー
利用制限 身長102センチ未満

フォトギャラリー

東京ディズニーランド・ステーションにあるポスターです。
かっこいいポスター

とても大きなドーム型をしていて、室内を縦横無尽に走り回ります。
外から見た様子

みんなの口コミ

●●スペース・マウンテンに初めて乗ったのは高校生の時でした。ディズニーランドを訪れるときには、いつもスペース・マウンテンは大行列で、90分以上待つイメージがありましたが、その時はちょうど雨が降っている日で、室内型アトラクションを乗りつくし、最後に残ったのがスペース・マウンテンでした。

絶叫系が得意ではない私に友人が「怖くないよ!」と言ってくれたので乗りました。しかし、実際は本当に怖かったです!何が怖いというと、真っ暗闇の中をコースターがカタカタカタと登っていく音、そしていつ落ちるのか全く分からない恐怖!周囲にきらめく星空や流星群など見る暇もありませんでした。

きっと、絶叫系アトラクションに慣れている方なら、周囲の綺麗な宇宙空間を見ることが出来んだろうな、とその時思いました。もう一度乗るには、かなり勇気がいるアトラクションです。

●●私の母がディズニーランドのアトラクションの中で一番好きなアトラクションが、スペース・マウンテンです。暗い宇宙の中を、ものすごいスピードで、急旋回、急降下する動きに思わず声をあげてしまいます。

真っ暗なので、先が見えず、どんな動きをするのかわからないのがドキドキさせてくれて、本当に何度も何度も乗りたくなります。ただ、空間としてはそれほど広くないように感じますが、思っている以上に長いため、待ち時間が長いとしても、決して損はしません。私はファストパスをとった上に、スタンバイで並んで乗ります。

暗いのでコースがなかなか覚えられず、何度乗っても初めて乗った時の様なドキドキを感じられると思います。私は一番前に乗るよりも一番後ろに乗るのが好きです。

●●ディズニーランドのアトラクションの中で、「スペース・マウンテン」「ビックサンダーマウンテン」「スプラッシュマウンテン」の3つは必ず乗るアトラクションなのですが、その中でも一番キャーキャー言ってしまうくらい、おもしろいなぁと思うのがスペース・マウンテンです。

暗闇を猛スピードで疾走するので、見えない怖さみたいなものがあったり、レールが見えないから動きが予想できない怖さみたいなものもあったりして、毎回悲鳴をあげながら楽しんで乗っています。

すごくスピードが早いのと、ひゅんひゅん飛び回る感じが本当にスリルある宇宙旅行みたいな感じで、乗り終わったあといつもふらふらになりながらも、また並びたくなってしまう大好きなアトラクションです。

●●大人気のスペース・マウンテン、私も大好きです。ディズニーランドに行く際は必ず2回以上は乗ってしまいます。とにかく大人気アトラクションですので、待ち時間はかなりありますが、待っている間もなかなか楽しいです。スペーシーな空間は見ているだけでわくわくします。

まず、乗るとレーザー光線が光る中をのぼっていきます。この時点でわくわくが止まりません。走り出すと、そこはまるで宇宙です。宇宙空間のなかを高速で走り抜ける快感は一度は体験していただきたいです。

●●絶叫マシンとして考えると他の遊園地のジェットコースターと比べて物足りないですが、怖いけれど周りの宇宙の景色を楽しむ余裕もちょっとだけある、そのさじ加減が絶妙です。乗り込むまで並んでいる間の演出も、宇宙へ飛び立つ気分を盛り上げてくれます。ランドへ行ったら必ず乗るアトラクションです。

●●1990年代、当時の技術を結集した技術も、現代と比べると著しく物足りなさを感じる。デイズニーランドにおいてそれを最高に感じるアトラクション、それはスペースマウンテン。

コカコーラが一大スポンサーで、映像には常にコカコーラ。当時は映像と音響の素晴らしさで待っている時間にも待ち人を飽きさせない工夫を施してくれ、時間を忘れた程でした。時代は進み、それは時代遅れのもの・映像となってしまいました。

でも何故か不思議なのですが、今日、今見てもその古い演出の、そして音響の映像を見ても当時の感動が甦ります。これがディズニーマジックと言う物でしょうか。私は今でもたとえ空いていたとしても、あのコカコーラの映像を一通り見てからアトラクションに行くほどです。

●●真っ暗闇の中をジェットコースターに乗って疾走するアトラクションです。スリル満点で私は大好きなアトラクションですが、人によって好き嫌いの分かれるアトラクションだと思います。友人の中にも絶叫マシンはなんでも大丈夫なのに、スペースマウンテンは酔ってしまってだめだ・・・という人がいます。

●●ビッグサンダー・マウンテンとスプラッシュ・マウンテン、そしてこのスペース・マウンテン。これら3つのジェットコースターはディズニーランドに行くと必ず乗ります!どれも人気がありますが、3つとも制覇しないと気が済みません。笑

●●スペース・マウンテンは、東京ディズニーランドの中でビッグサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテンと人気を争う、3大マウンテンアトラクションとして知られています。私が乗った時も、長い列が出来てしまっていたので、ファストパスを上手に使って乗るのがオススメです。

暗闇の中を、駆け巡るジェットコースターアトラクションは、スリル満点で、大人でも思わず絶叫してしまいます。頭上には星がキラキラと輝いてる空間になっているので、本当に宇宙を旅しているような不思議な感じがしました。

友人同士など大勢で乗りに行くと、すごく盛り上がって楽しいアトラクションです。どちらかというと、子どもよりも大人向けのような気もしましたが、絶叫系が大丈夫なお子さんであれば問題ないと思います。

●●三大マウンテンの一つ、スペース・マウンテンは私がディズニーランドの中で一番苦手なアトラクションです。もともと絶叫があまり得意ではないのですが、スペース・マウンテンは何と言っても真っ暗なので、次にどのように動くのかが分からず、とても怖いです。

旦那さんが絶叫マシンが好きなので、毎回乗ろうと言ってくるのですが、待っている間も絶叫マシンに乗っている時と同じくらい心臓がバクバクです。スペース・マウンテンは人気のアトラクションなので乗るときにはファストパスを取るようにしています。ファストパスを使って乗るようにしています。

並んでいる人を横目に、どんどん進めるのはとても快感です。並ぶ時間もかなり短縮されるのでファストパスはおすすめです。絶叫が好きな人には是非おすすめしたいアトラクションの一つです。

●●ディズニーランドのスペース・マウンテンと言えば、あのとっても暗い暗闇の中を進む室内ジェットコースターですよね。行き先が見えない!ということで、暗闇恐怖症を患っている私は、楽しみながらも終始おびえっぱなしでした。笑

そういえば、まるで宇宙にいると思わせるような闇と星が魅力のスペース・マウンテンですが、室内の灯りを全部つけて明るい中を走行する貴重な様子が、ディズニーのブログにアップされていました。何もかもが全く違う光景に驚かされます。

乗っていて最初は楽しかったのですが、降りるときには酔っていました。暗くて何処を進んでいるのかわからない、あの感覚がちょっと気持ち悪かったです。

●●ハイスピードに駆け抜けていくジェットコースターです。中は薄暗いのでどこで下ったりするのかがわからず、そこが面白さであり怖さかなとおもいます。スピードはなかなか感じます。

私自身がジェットコースターが苦手なので、ディズニーランドでは一番怖い乗り物だと感じました。苦手な人は避けたほうがいいかもしれません。並びは私がいったときは比較的並びが少なくて30分も並ばずに乗れたので、開園後すぐなどはすぐ乗れると可能性が高いのでお勧めできます。

●●スペースマウンテンは、いつも一番楽しみにしているアトラクションです。暗い中で宇宙に飲み込まれるような感覚がとてもスリルがあります。周りがよく見えない分、ちょっとした動きにとてもドキドキしました。とにかく異空間の中を旅しているような気持ちになり、前に行った時は2回も乗りました。

ページの先頭へ