スプラッシュ・マウンテン

更新日:2018年12月7日

スプラッシュ・マウンテンは派手に水しぶきを上げる大人気のローラーコースターのアトラクションです。落下の際に身体を丸めるようにしないと、頭からびしょ濡れになることもあり、特に夏の暑い時期には長い行列ができます。ディズニーランドを代表する大人気のアトラクションとなっています。

以前はシングルライダー制度が設けられていなかったのですが、現在は実施されています。ファストパス専用入口に立っているキャストにシングルライダーを利用することを伝えれば利用できます。

トリビア的な情報として、パーク内で瞬間最高速度が最も早いアトラクションという点が挙げられます。最後の落下時に時速62キロに到達します。

混雑度

東京ディズニーランドには3つの大人気の「マウンテン」があると言われています。ひとつはビッグサンダー・マウンテン、もうひとつはスペース・マウンテン、そしてこのスプラッシュ・マウンテンです。いずれも人気が高く、長い待ち時間を記録することが多いですので、極力ファストパスで乗るようにすると良いかと思います。

おすすめの座席

アトラクションの最後に急降下しながらすごい水しぶきを立てます。その際に右側から写真も撮られます。おすすめの座席は1番前です。1番前が最も水しぶきをたくさん浴びることができます。あまり濡れたくない場合は逆にできるだけ後に座ると良いでしょう。急降下直前の眺めは右側の方が遠くまで見渡せるのでおすすめです。

アトラクション概要

英語名 Splash Mountain
定員 ボート1台8名
所要時間 約10分
ファストパス
シングルライダー
利用制限 身長90センチ未満 / 3歳未満

フォトギャラリー

東京ディズニーランド・ステーションにあるポスターです。
可愛らしいポスター

ここから山の中に入っていきます。
アトラクションの入り口

山の中では可愛いフクロウの看板と人形がお出迎えしてくれます。
可愛いフクロウの看板

最後に急降下する場所はアトラクションの外からもよく見えます。
最後の急降下

みんなの口コミ

●●ディズニーランドのクリッターカントリーにあるスプラッシュ・マウンテンは、ディズニーランドで上位ランキングに入るほど人気のあるアトラクションです。丸太型の乗り物に乗り込み、徐々に登っていき最後は高い位置から一気に丸田ごと落下します。

最後の落下するときに写真が撮られ、アトラクションが終わった後に記念として購入することができます。スプラッシュマウンテンは落下した時に水がかかることがありますので、注意しましょう。乗る位置によって、水しぶきのかかり具合に違いがあります。

●●ディズニーランドの中で私が一番好きなアトラクションがスプラッシュ・マウンテンです。最後の最後に急降下して水しぶきがかかるこのアトラクションは子供の頃は泣くほど苦手でしたがいまではその思い出とともに一番思い入れの深いアトラクションです。

特に好きなのが急降下した後の笑いの国です。キャラクターたちが陽気に歌を歌って笑ってるところを見るとディズニーランドに来たんだなと感じるほどです。アトラクションで写真を取る場所があり購入も可能なので一番前に座れたときはよく買っています。

●●スプラッシュ・マウンテンは園内でも目立つアトラクションなので、非常に人気があり、待ち時間も長いアトラクションです。スプラッシュ・マウンテンの待ち時間でだけで、3時間待ちということもありますので、ファストパスを有効に使いたいアトラクションでもあります。

園内のいちばん奥にあるアトラクションなので、開園した直後に乗ってしまうのも作戦のひとつかな、と思いました。私が遊びにいった時には、平日だったこともあり、比較的少ない待ち時間で乗ることができました。

しかし、午後になると長蛇の列になってしまっていたので、午前中に乗っておいて良かったねという話をしました。頂上から落下するところでは写真撮影があって、終了後に購入することが出来ました。

●●私がディズニーランドで一番大好きで、一番乗った回数の多いアトラクションです。最後の滝を落下する時がもちろん一番のお楽しみですが、それ以外の小さな落下も意外と落差があり、思わず叫んでしまいます。

そして、ディズニーランドでしか楽しめないのが、道中の物語です。動物、鳥、花、木、全てが本当に可愛くて見ているだけで、気持ちが高ぶってくるのは、この乗り物の魅力の一つです。

いつの間にかストーリーや周りの風景に夢中になっていて、一緒に乗る人とも会話せず終わることも度々あります。何度乗っても飽きない可愛さは他では味わえません。怖さとディズニーならではの物語の世界に引き込まれる感覚、どちらも味わえるのは、ディズニーランドではスプラッシュ・マウンテンだけだと思います。

●●私の周りで、一番スリリングとされているアトラクションです。常に長蛇の列ができていて、結構長時間並ぶ事になるのですが、並んでいるときもいろいろな仕掛けがしてあって楽しめます。特に、途中で出てくるフクロウさんがお気に入りです。

乗ると、外観からは想像つかないくらいの、かわいらしい動物達が出迎えてくれます。水の上を進むのもあって、爽やかな感じ。子供たちも喜びそうな楽しげな雰囲気です。

しかし、ゴンドラが進むにつれて徐々に、ストーリーも周りの景色も怪しくなってます。そのあたりからもう心臓はドキドキ。動物たちを見ていたときの楽しい気持ちから、「ああ、そろそろ落ちるのか…」という恐怖感に変わります。

普通のジェットコースターと違いスピードもゆっくりめなので、落ちる前の緊張感が結構長く続くのです。実際、いざ落ちてしまえばどうって事はないのですが、その緊張感が病みつきになって毎回乗ってしまいます。

思いっきり落ちてそんな恐怖から解放された後は、またかわいらしい動物たちが今度は総出で出てきてくれます。おまけに楽しい合唱付き!この動物たちの合唱がとても楽しそうで、大好きです。かわいさと、おそろしさを両方備えたアトラクションなので、長時間並んで損はないなと思います。

●●丸太ボードで進みながらいつ落ちるのか、毎回どきどきするあの瞬間がとても好きです。絶叫系が苦手な人でも、1度乗って見るとすごく楽しくて何度も乗りたくなると思います。

全部で4回落下しますが、最後の急降下で水しぶきがかかるので顔や洋服は少し濡れてメイクが落ちました。タオルがあると良いとおもいます。冬に乗ったときは寒かったです。これまでだいたい10回程度乗っています。

最後の急降下で写真が撮られて、それを買うことが出来ます。毎回上手にカメラ目線をするのが難しいですが、一番前に乗るのが良いです。2,3番目だと、前の人の手に隠れて顔が写らない場合があります。写真は1枚1,000円です。待ち時間を少なくするためにも、ファストパスを利用するのが良いと思います。

●●私の絶叫系アトラクションのデビューは、この「スプラッシュ・マウンテン」でした。アトラクション待ちをするときに見える人々の絶叫は、私をどんどん臆病にさせていきました。待ち時間は一時間ほどで、丸太の乗り物の前につきました。

丸太の乗り物は、ちょっぴり水でぬれていて、さらに恐怖感があおられました。しかも、先頭でした。いざ乗り込み、洞窟の中を進んでいくと、楽しげな動物たちが歌を歌っています。歌っているのは、おそらく「南部の唄」。スプラッシュマウンテンは、ディズニー映画「南部の唄」をモチーフにしているんだそうです。

楽しい世界とは裏腹、ここからは、一体いつ落ちるのかという恐怖との戦いです。ふいにスピードが増したり、ゆっくり流れたりを繰り返し、光が現れると同時に、急降下!そして案の定、頭から水をかぶり、魂が抜けていくのを感じました。出口で観た自分の写真は、買いませんでした。なぜなら、スゴイ形相でしたので…笑

●●スプラッシュ・マウンテンは大人気なので、いつもディズニーランドに行ったらまず最初にファストパスを取りに行きます。登場するうさぎなどの動物のキャラクターがとにかくかわいいのと、最後に落下する大迫力が癖になって、何度も乗りたくなってしまいます。

最初の出だしはゆったり動くし、カントリー調の音楽なども素敵で、ほのぼのしています。出てくる動物たちも本物みたいに動いて、すごくかわいいのですが、洞窟の中に入るとだんだんストーリーが分かってきて、うさぎがつかまっているのを見たり、滝壺に向かうときは本当にドキドキします。

そして、落ちる瞬間の写真はいつも変な顔になっているのが面白くて、ついつい買ってしまいます。ディズニーランドのアトラクションの中でも、かわいくてスリルもあって1番好きなアトラクションです。

●●スプラッシュ・マウンテンは、とにかく最後に滝の中を落ちるようなスリル満点なシーンと共にたくさんの人が両手と悲鳴をあげていたのを覚えています。私は一番前の席だったので、やはり水しぶきがかかりましたが、夏だったのでとても気持ちよかったです。

ページの先頭へ