ホーム > 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾート

TDRこと東京ディズニーリゾートは、年間で3,000万人以上もの来客数を誇る、日本最大のテーマパーク群です。日本全国はもちろんのこと、世界中からも観光旅行客が訪れる東京ディズニーランド(TDL)東京ディズニーシー(TDS)を中心に、複数の商業施設や宿泊施設などから構成されています。

なお、インターネットや書籍などにおいて「TDR」と省略されて表記されていることがよくありますが、これは英語表記の「Tokyo Disney Resort」に由来しています。東京ディズニーランドが「TDL」、東京ディズニーシーが「TDS」と略されるのも同様の理由からです。

東京ディズニーランド(TDL)

まずは東京ディズニーランドのご紹介です。日本で一番人気のあるアミューズメント施設で、世界的に見てもかなりの集客力を誇っています。パークがオープンしたのは1983年4月15日のことです。住所は千葉県浦安市舞浜1-1となっています。最寄り駅はJR舞浜駅で、改札を出てから5分ほど歩くと入り口に到着します。

東京ディズニーランドには7つのテーマランド(エリア)があり、各テーマランドには多くのアトラクションがあります。大の大人でも絶叫して楽しめるスリル満点のアトラクションから、小さな幼児向けのアトラクションまで、その種類も豊富です。

基本情報

読み方 とうきょうでぃずにーらんど
英語名称 Tokyo Disneyland
略称 TDL
住所 千葉県浦安市舞浜1-1
電話番号 047-729-0733
公式サイト こちら
開園日 1983年4月15日
営業時間 8時~22時(時期によって異なる)
休園日 なし
入園料 大人6,400円 中高生5,500円 小学生以下4,200円
年間パス 大人53,000円 小学生以下37,000円
駐車場
アクセス JR舞浜駅南口から徒歩5分
周辺地図

東京ディズニーシー(TDS)

続いて東京ディズニーシーです。東京ディズニーランドとの大きな違いはパーク内の飲食店でアルコール飲料を提供しているという点です。また、パークの敷地内にホテルが入っているというのも魅力的な特徴です。かつてはランドよりも人気がないと言われたこともありますが、今では同じくらいの高い人気を誇っています。

東京ディズニーランドと同じように7つのエリアから構成されていて、それらの各エリアをテーマポートと言います。フリーフォール型や360度ループなどといった絶叫マシンのほか、大人向けのゆったりとしたムードを楽しめるアトラクションなども人気があります。また、グリーティング施設も複数あり、充実しています。

基本情報

読み方 とうきょうでぃずにーしー
英語名称 Tokyo DisneySea
略称 TDS
住所 千葉県浦安市舞浜1-1
電話番号 047-729-0733
公式サイト こちら
開園日 2001年9月4日
営業時間 8時~22時(時期によって異なる)
休園日 なし
入園料 大人6,400円 中高生5,500円 小学生以下4,200円
年間パス 大人53,000円 小学生以下37,000円
駐車場
アクセス ディズニーリゾートライン「東京ディズニーシー・ステーション」から徒歩1分
周辺地図

ディズニーホテルとオフィシャルホテル

東京ディズニーリゾートが東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの両パークを中心に構成されているということは前述の通りですが、パーク以外にも東京ディズニーリゾートを構成する欠かせない施設があります。それは宿泊施設です。以下に、リゾート内にあるホテルをまとめてご紹介します。

ディズニーホテル

東京ディズニーリゾートが直営している3つのホテルです。正確にはオリエンタルランド社が所有していて、同社の100%子会社であるミリアルリゾートホテルズ社が運営をしています。施設はゴージャス、サービスは超一流の大人気のホテル群です。

いずれのホテルも、館内外のいたるところにディズニーの要素を感じることができ、パークから帰ってきた後もディズニーの世界に浸ることができます。また、数多くの宿泊者特典も用意されています。

上から開業順に並べていますが、それぞれ2000年7月7日・2001年9月4日・2008年7月8日に開業しています。

アンバサダーホテルは1番最初に開業したということもあり、ディズニーランドにもディズニーシーにも対応しているホテルという印象がありますが、後の2つはホテルの名称の中に既にパークの名称が入っているため、どこか特化しているような印象を受けます。

ちなみに、規模が最も大きいのは最後に登場する東京ディズニーランドホテルです。アンバサダーホテルもミラコスタも「延べ床面積は45,000平方メートルちょっと」「客室数は500ちょっと」なのですが、東京ディズニーランドホテルは延べ床面積が約90,000平方メートルで客室数も700を超えます。

「大は小を兼ねる」という諺がありますが、1番大きいからといって東京ディズニーランドホテルが最も優れているというわけではありません。いずれのホテルも東京ディズニーリゾートが直営しているだけあって、極めて質の高いサービスを受けることができ、レストランや館内外の施設もかなり充実しています。

オフィシャルホテル

一つ上でご紹介したディズニーホテル以外にも、複数のホテルがリゾート内にありまが、それらを総称してオフィシャルホテルと言います。こちらは東京ディズニーリゾートが公式に認定しているホテルのことです。直営ではありませんが、リゾート内にあるため、両パークへのアクセスは抜群です。

こちらもディズニーホテルと同様にいくつかの宿泊者特典が用意されているほか、ホテルのグレードも高いため、満足度の高い滞在を期待することができます。

こちらも上から開業した日が早い順に並んでます。オフィシャルホテルは東京ディズニーリゾート直営のホテルに次ぐ高ランクのホテルですので、施設もサービスもばっちりです。

実際に各ホテルの詳細ページをご覧頂くと、そちらには利用者の口コミが掲載されているのですが、そのほとんどが高評価のものばかりとなっています。価格こそ他のホテルと比べるとちょっと高めに設定されていることが多いですが、その価格以上の満足度を体験することができるのではないかと思います。

パートナーホテルとグッドネイバーホテル

先述のディズニーホテルとオフィシャルホテルは東京ディズニーリゾート内に位置しているホテルですが、東京ディズニーリゾートの外にある提携ホテルのことを「パートナーホテル」もしくは「グッドネイバーホテル」と言います。

前者は東京ディズニーリゾートからほど近い浦安エリアにある提携ホテル、後者は主に浦安市以外の東京23区内や千葉市などといった近隣地区にある提携ホテルとなっています。

東京ディズニーリゾートを構成しているホテルではありませんが、いずれのホテルも東京ディズニーリゾートに関係した特典が用意されていますので、こちらでご紹介させて頂きました。

商業施設

東京ディズニーリゾートのエリア内には2つの大きな商業施設があります。ひとつは「イクスピアリ」、もうひとつは「ボン・ヴォヤージュ」です。どちらの施設もパークで遊ぶ前や後に立ち寄れるほか、パークに入らなくても建物内でショッピングを楽しむこともできます。また、イクスピアリでは食事や映画鑑賞もできます。

ボン・ヴォヤージュは舞浜駅とランドの間に建っているので、特にパーク閉園直後は混雑しやすい傾向にあります。オリジナルグッズを含む様々なアイテムを見て回ることができますので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

交通機関

東京ディズニーリゾートには、専用の交通機関も2つあります。ひとつは「ディズニーリゾートライン」、もうひとつは「ディズニーリゾートクルーザー」です。

前者はTDRエリア内をぐるっと回るようにできているモノレールです。4つの駅があります。JRの舞浜駅からシーに向かう際などによく利用されています。

後者は専用の送迎バスです。ランドとシーとディズニーアンバサダーホテルの3ヶ所を結んでいる「ルートA」と、5つのオフィシャルホテルとディズニーリゾートラインのベイサイド・ステーションを結んでいる「ルートB」とが用意されています。

ウェルカムセンター

JR舞浜駅を降りて左に行くとすぐのところにある施設です。その名の通り、東京ディズニーリゾートに関する様々なサービスを提供しています。「ディズニーホテル専用カウンター」と「オフィシャルホテル専用カウンター」と「インフォメーションカウンターが設置されています。

東京ディズニーリゾートの口コミと評判

20代男性

●●多くの方が来園したことがあろう東京ディズニーリゾート。私は、東京ディズニーランドしか行った事がありませんがいつ行ってもイベントが多くて新しいフードやお土産を楽しめるのが良いですね。園内でキャラクターを見かけるとテンションが上がりますし、気軽にサインや一緒に記念撮影をしてくれるの点も良いですね。混雑しているとアトラクションに乗れないので私は、いつも閑散期を狙っていきます。一番空いている時期は、2月の平日ではないでしょうか・ディズニーランドは、基本的に屋外で動き回る時間が多いですし寒い時期はお客さんも来たがらないので空いています。いつもは2時間、3時間待つアトラクションもほとんど並ばずに楽しめる事が多いですよ。季節ごとのイベントやパレードも毎回楽しい物になっているので子供から大人まで大満足な施設ではないでしょうか。

20代女性

●●言わずと知れたアミューズメント施設ですが、いつ行っても新しい発見があり楽しませてくれます。私のお気に入りはディズニーシーの方で、海をテーマにした凝った建物やアトラクションが大人も魅了します。マーメイドラグーンでは室内で涼みながら子供向けのアトラクションが楽しめるのもとってもいいです。アリエルの可愛いグッズが手に入るのも乙女子ことをくすぐります。他には大ファンのインディージョーンズのエリアは細部までこだわりが出ていて見ていて飽きません。レストランでは、ビールが飲めるのもランドと違った楽しみ方ができて面白いところです。閉園間際になるとどこのアトラクションも空き始めるので、その時期を狙って乗りたいアトラクションを攻めます。2度3度と繰り返して乗れて、小さな違いに気付いたりして楽しめます。夜のライトアップもロマンチックで良いです。

●●関東地方のテーマパークと言えば、東京ディズニーリゾートです。入園料は高いですが、高くても行きたいと思える、何度行っても楽しいテーマパークです。行くたびにテーマを変えて、様々な楽しみ方ができます。アトラクションに全部乗る日だったり、食べ物を食べ歩く日だったり、ショーやパレードを見る日だったり・・・。私はやはり、アトラクションが大好きです。アトラクション自体も楽しいですが、待ち時間に、一緒にいった人とおしゃべりをするのが楽しいのです。並びながらおしゃべりをしながら、おいしい食べ物を食べます。また、様々なフォトスポットをまわって写真を撮ったり、隠れミッキーを探すのも、ディズニーリゾートの楽しみ方の一つです。被り物をして、夢の世界にどっぷりつかれて、現実を忘れて楽しめる、日本で唯一のテーマパークだと思います。

●●日本人なら誰もが知っているディズニシーにはアトラクションとショーを楽しむために行ったのですが新たな楽しみを見つけました。それは豆知識や裏情報集めです。ディズニーファンでも知らないようなことをスタッフさんが教えてくれたりします。もちろん大勢の前で教えるのではなく個人的にです。空いている時期に行ったので乗りたいアトラクションにも乗れて満足したので違う遊びをしようと思いつきスタッフさんにオススメポイントやゲストが知らなそうなことを教えてくださいとお願いしました。一番驚いたのは夢の国にある日本らしい現実的なものでした。夢を壊さないためにもここでは秘密にしておきます。興味のある方は探してみてください。たまたま見ることのできた花火も綺麗でした。夜は家族よりカップルが増えロマンチック感が増してきます。朝から閉園まで思う存分楽しんでストレス発散できました。

30代男性

●●やはり関東のテーマパークといえばディズニーランドではないでしょうか。私が関東に住んでいたときはデート場所として一年に一回は行ってました。ディズニーランドはカップルや子供連れまで老若男女が楽しめる場所です。アトラクション目当てに来る方も多いと思いますが、混んでいるときは2時間待ちは当たり前の場合があるので私達はアトラクションは2つ、3つまでと決めて園内を散歩するだけでも楽しむことができます。パレードもあるのでアトラクションにのらなくてもミッキーやミニーに会うことができます。またいろいろなショップがあるのでディズニーグッズをみるのも楽しむことができます。ショップで好きな場所はシンデレラ城のガラス細工のショップです。きれいなガラス細工があるのでいつも足を運んでみています。また、私たちはディズニーランドでの食事は和食の「北斎」でいつも食べています。

30代女性

●●4月に、新婚旅行でディズニーランドとディズニーシーに1日ずつ行きました。平日だったせいか、待ち時間もそこまで長くありませんでした。朝一で入園したこともあり、3大マウンテンは楽々制覇できましたし、タワー・オブ・テラーには2回も乗ることができました。トイ・ストーリー・マニア!など、人気のアトラクションは90分待ちのものもありましたが、朝一でファストパスを取っておいたのでスムーズに乗れました。残念だったのは、ディズニーシーに行った日に、強風の影響でお昼のショーが中止になったことです。翌日も同様で、ディズニーランドでも夜の花火が中止になってしまいました。でも、エレクトリカルパレードやワンス・アポン・ア・タイム、ファンタズミック!などのショーは問題なく見れたので良かったです。行ったのがちょうどイースターのシーズンだったのですが、カラフルな卵があちこちにあって可愛かったです。ディズニーリゾートには、イベントの時期に行くとより楽しめると思いました。

●●関東地方のテーマパークと言えばやっぱり東京ディズニーランド!真っ先に頭の中で思い浮かび上がりました!子供の頃から家族と一緒に訪れた大好きな夢の国なんです。他のテーマパークや遊園地よりも秀でてキャラクターもキャストさん達もゲストに対する姿勢や迎え方が超一流だと思います。建物の造りもすごく綺麗ですしパレードも楽しめますし、お料理も美味しいです!キャラクターたちと記念写真撮ったり、ジャングルクルーズでは小さい頃から船長さんに可愛がっていただいたことがあって、本当に良い想い出しかありません。まさか夜になったら真っ暗になるんだろうな~。夜どんな感じになるんだろう?とか思って、ディズニーランド近くのホテルに泊まったことが何度かありますが、ずーっと一晩中灯りがついていたのを覚えています。その灯りがまた綺麗で..何度言っても最高に楽しめるテーマパークだと思います。

●●もう何度も訪れている東京ディズニーランドですが、飽きる気配は全くありません。いつ誰と言ってもウキウキわくわくできるのがディズニーランドの強い魅力です。ですが同時にかなりの混雑にも覚悟をしなければならないのがたまに傷です。ですが私が訪れた日はクリスマスやハロウィンなどのイベントが何も行われていない、言うなれば隙間期間だったせいか、比較的空いている印象でした。私は元々絶叫系は苦手なのでその類のアトラクションには乗りませんでしたが、1時間以上待たなければいけないものは稀でした。上手にファーストパスを利用すれば済む範囲です。結果乗りたかったものにはほとんど乗る事ができ、買い物も夜のパレード前の比較的空いてる時間に済ませてしまった為、混雑のストレスは最小限で楽しむ事ができました。イベントやパレードにあまり興味のない人にはこの隙間期間の来園がおすすめです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●東京ディズニーリゾートはランドもシーも何度も行っています。ランドではビッグサンダーマウンテンは必ず乗ります。日曜日の夜9時以降はとても空いてくるので、大人気アトラクションもすいすい乗れます。ビッグサンダーは20分程度並んで乗って、降りてまた並んで10分で乗る、という感じで4回ほど連続で乗れました。3大マウンテンと呼ばれる3つのマウンテンの中ではビッグサンダーは大好きなのですが、スペースマウンテンは宇宙へ飛び出すイメージです。前にはこのスペースマウンテンも好きでしたが、最近は揺さぶられて痛いと感じてあまり好まず、スプラッシュマウンテンは滝からまっさかさま?に落ちるところがかなりきついです。一番はやはり木のレールのビッグサンダーマウンテンです。シーにも木のレールのビッグサンダーに似ている回転もするレイジングスピリッツがあります。これも好きでしたがやはりランドの方がよかったです。あまり泊りではいけませんが、泊まりで行くと初日の夜に花火までランド内で見れるので嬉しいです。シーはランドが混み込みの時も入園時に並ばず入れたりするので体力が温存できますね。1年に何度も行きたいです。季節のイベントもやっているのでいつ行っても楽しめますし飽きません。

●●今まで10回ほど行ったことがありますが、独身の頃いった感じと結婚後子供をつれていくときと、楽しめかたが違います。独身の頃はデートで夜などパーク内を歩くのも雰囲気があり楽しいですが、子連れはおみやげコーナー、アトラクションと人気のある、並ぶものに集中していくことも多いです。開園と同時に行き、夕方まで遊ぶほうが良いと子供たちも言います。キャラクターと並んで写真をとるのも想い出になるので、いくたびいつも並びます。車をつかっていくことがほとんどですが、もう少し駐車場からチケット売り場がちかいといいなと感じます。園内はきれいな環境で、トイレもどこを利用してもきれいなので徹底していることは、そこもさすが夢の国だなと感じます。キャストのみなさんの感じも良く困ったことも聞きやすいです。私は、ディズニーランドにしかはいったことがないのでつぎは、ディズニーシーに入園して楽しんできたいと思います。

●●9月の連休で女3人旅で東京ディズニーリゾートへ行ってきました(^^)前日に入る事ができず、当日の朝東京に飛行機で着き、ディズニーには10時ごろの到着となりました。行き方などはさほど苦労せず、人並みについて行ったら着く感じでした。とにかくどこに行っても人だらけで予想通りでした。ただ友人が詳しくて、先にここのアトラクションはチケットをもらって他のに並ぼう、など自分だけだったら乗れていないアトラクションはだいぶ多くなってしまっているんじゃないかなと思います。プーさんやドナルド、もちろんミッキーたちもですが、以外とパレードのような車に乗って所々で遭遇する事ができました。触るとか一緒に記念写真とかはさすがに撮れませんでしたがディズニー初心者の私にはとても十分な満足度でした。暗くなってからのパレードも意外と近くで見ることができました。とても寒かったですが…。お昼ご飯を食べた不思議の国のアリスのお店もとても素敵で、チェシャ猫のカップは持ち帰りオッケーだったりなど、お土産なども含めて帰りは大荷物で大変でしたが、本当に楽しかったです。次はディズニーシーに行きたいです!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

【特集】大人気のアミューズメント施設

【特集】日本を代表する二大航空会社

冬におすすめの楽しみ方

楽しみながら知識を深められる施設

交通機関とその他施設

日本を支えるエネルギー