ディズニーシー混雑予想カレンダー2018年

更新日:2018年9月7日

2018年の東京ディズニーシー(TDS)の混雑予想カレンダーです。過去の混雑状況を始めとした様々な要因を元に予測を立てています。気象状況や各種交通トラブルなど、条件次第で入場者数も大きく変わってきますので、あくまで予想予測として参考にしてください。また、ちょっとした入園体験談もご覧頂けます。

混雑予想カレンダー2018

最初にカレンダーをご紹介したいと思います。以下の各ページには1ヶ月分のカレンダーが掲載されていて、日付の部分にアルファベットが表記されています。各アルファベットが混雑度を示しています。

1月2月

1月後半から2月にかけては閑散期と言うこともあり、比較的空いている方と言えますが、年始にはお正月限定のスペシャルイベントが開催されるため、かなり混み合うことが予想されます。

3月4月

3月からは春休みの学生でよく賑わいますが、4月上旬からはまた過ごしやすくなります。卒業旅行などは仕方がありませんが、もしずらせるのであれば4月に遊びに行きましょう。

5月6月

ゴールデンウィーク後の5月や6月は年間を通じてみても比較的空いていやすい時期ではあります。言うまでもありませんが、ゴールデンウィークはものすごい混雑となりますので注意が必要です。

7月8月

7月後半から8月にかけては夏休みなので、天候が崩れない限りは大混雑な日が続きます。特にお盆休みになると入場制限がかかるほどです。また、健康管理にも気を遣うようにしましょう。

9月10月

9月は夏休みとシルバーウィークの影響で、10月は過ごしやすい天候とハロウィーンイベントの影響で、それぞれ混みやすい傾向にあります。極力ウィークデーを選びましょう。

11月12月

12月はクリスマスイベントの影響で混雑しやすいので、この時期だと11月が最も狙い目な月と言えます。夜間は想像以上に冷え込みますので、寒さ対策もばっちりして行きましょう。

特別なシーズンの体験談

こちらは混雑予想カレンダーではないのですが、1年を通して見ても特に混雑が厳しいと思われる時期に遊びに行った方々の体験談をご紹介しています。混雑時ならではの大変さもありますが、たとえ混雑していようとも楽しめることは間違いありませんので、ぜひ体験談から雰囲気を感じ取ってみてください。

ただ、よほどの理由がない限りはゴールデンウィークとお盆休みは避けた方がいいのではないかと思います。入園規制がかかることもありますし、それほどまではいかなくても、記録的といっていいほどの大混雑になる可能性が高いです。

まとめ

こちらでは1ヶ月ごとに区切って、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーをご紹介させて頂きました。人それぞれ都合はあると思いますが、やはりパークを目一杯楽しみたいのであれば、できるだけ空いていそうな日がおすすめです。

例えば閑散期の平日だと、大人気アトラクションでも30分待ち以内で乗れることが多いですが、同じアトラクションでも夏休みなどといった混み合う時期だと2時間以上の待ち時間が生じることがほとんどです。

不思議なもので、次から次へとアトラクションを乗っていると、かなりの距離を歩いているのにも関わらず、意外と疲れを感じにくいのですが、逆に待ち時間が長くてあまり歩いている距離が長くないと、結構疲れを感じやすくなったりします。

「楽しい時間ほど早く過ぎる」という言葉の通りだと思うのですが、やはり待ち時間が長いよりは、歩いている距離が長くなっても数多くのアトラクションに乗れた方が楽しめると思います。これから遊びに行く予定があるという方は、ぜひ当ページでご紹介しているカレンダーを参考になさってみて下さい。

混雑を避ける方法

こちらのページをご覧頂いている方の多くが、できるだけ混雑していないときに行きたいと思われているのではないでしょうか。混んでいないときの方がアトラクションも色々乗れますし、ショーやパレードも見やすいです。そこでこちらのスペースを使って簡単ではありますが、混雑を避ける方法をご紹介したいと思います。

大混雑が予想される時期

世間が長期休暇となる「春休み・夏休み・冬休み・ゴールデンウィーク・シルバーウィーク」は曜日に関係なく大混雑します。タワー・オブ・テラーやセンター・オブ・ジ・アースなどといった大人気アトラクションは2時間以上の待ち時間を必要とすることも少なくありません。可能であればこれらの時期は避けるようにしましょう。

閑散期を狙う

閑散期とは繁忙期の対義語で、要は1年を通じてみて、空いている時期のことです。ディズニーシーだけの話ではないのですが、アミューズメント施設やレジャー施設などは「2月」と「6月」が閑散期と言われています。実際に来園者の数もこれらの月は他の月と比べると落ち込むことが多いです。

曜日で異なる混雑具合

東京ディズニーリゾートの両パークに関して言えることなのですが、土曜日と日曜日は多くの学校や企業が休みとなりますので、混雑しやすいのはご存じの通りかと思います。ただ、平日でも曜日によって混みやすい日とそうでない日とがあります。

 【土曜日 > 日曜日 > 月曜日 = 金曜日 > 火曜日 = 水曜日 = 木曜日】

天候などによっても大きく左右されますが、曜日別に混雑具合を比較すると、このような感じになります。翌日が休みである土曜日と金曜日はそれぞれ混みやすく、また有給休暇などで三連休にしやすい月曜日も比較的混みやすいと言えます。

こちらのページでご紹介しているカレンダーでは、どの日の天気は全て同じものとして混雑の予想をしていますが、より満喫するためにも極力平日をお選びになることをおすすめします。

あえて天気が崩れそうな日に行く

当然のことながら晴天の日と比べると雨天の日は混雑度が下がります。お盆休みやゴールデンウィークなどといった特殊な連休は別ですが、普段の週末や平日で雨が降りそうな日などはパークも空きやすいので狙い目です。

混雑日の攻略法

日本で最も多くの来園者が訪れるテーマパークですから、年間を通じて空いている日よりも混んでいる日の方が多いです。大型連休などだと大混雑になることもよくあります。そんな時に知っておくと便利なのが、攻略法です。

ファストパスを上手に使う

混んでいる日だと、センター・オブ・ジ・アースやタワー・オブ・テラー、インディ・ジョーンズやレイジングスピリッツなどといった大人気アトラクションは100分待ち以上になることがほとんどです。中には150分待ちや180分待ちなどといった驚きの数値を示すこともあります。

なので、ポイントとなるのはファストパスです。ファストパスを入手することで、長いスタンバイの列を作らずに乗ることができます。ただし、このファストパスにも発券に条件(一度発券したら次の発券まで一定時間必要)があるほか、人気のアトラクションだと発券終了になることもあります。

発券終了になってしまったらスタンバイせざるを得ないのですが、できるだけファストパスで乗れるようにしましょう。特にどうしても乗りたいというアトラクションがあれば、そちらを優先してファストパスを取るようにしましょう。

シングルライダーを利用する!

シングルライダーとは1人でアトラクションに乗る人が優先して案内されるシステムのことです。このシステムを使えば、ファストパスを持っているのと同じくらい待ち時間を短縮できますが、発券不要でいつでも利用することができます。

東京ディズニーシーでは「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」と「レイジングスピリッツ」にシングルライダー制度が導入されていますので、待ち時間を短縮するための手段として、ぜひ検討してみて下さい。

レストランは事前予約、お土産は退園後に

パーク内が混雑している時は、多くのアトラクションを回るためにできるだけ多くの時間をアトラクションのために使うことが重要です。とは言っても、レストランやショップも混雑していることが多く、食事時などはレストランでも長いこと待たされたりします。

そこでぜひ使って頂きたいのがプライオリティ・シーティングです。これは電話で事前予約することで、当日その時間に行くと優先的に席に案内してくれるという制度です。ディズニーシー内のいくつかのレストランにはこの制度が設けられていますので、ぜひ活用してみて下さい。

また、お土産もできれば退園後にボン・ヴォヤージュなどで買うようにしましょう。パーク内のショップも混雑しているとレジのために列を作って待つこともしばしばです。退園後であればいくらでも時間を使って、お土産を選ぶこともできるのでオススメです。

空いている日の攻略法

パーク内が空いているときの攻略法です。空いているくらいであれば正直なところ、攻略法はなくても思う存分に好きなアトラクションを楽しめるのではないかと思います。ただ、効率よく回ると、より多くのアトラクションに乗ることができます。

攻略法は気にしなくても大丈夫

いきなりこんなことを書くのもなんだか申し訳ないのですが、空いている日は攻略法をそんなに意識しなくても多くのアトラクションに乗ることができるので、満足できるのではないかと思います。

もし開園時から閉園までパークにいるというのであれば、全てのアトラクションを制覇することも不可能ではありませんし、普段は大行列ができている人気アトラクションを何度も繰り返し楽しむことだってできるはずです。ファストパスも何枚もゲットできるのではないでしょうか。

天気にだけ気をつけて

ディズニーシーが空いているときというのは、天候に問題があるというケースが多いです。雨が降っていたり、強めの風が吹いていたり、雪が降っていたりなどといったケースです。

これらの場合、アトラクションはあまり影響を受けることはありませんが、パレードやショーは中止されることが多いです。ですので、パレードやショーを楽しみたい方は注意が必要です。雨の日対策と攻略法のページもご参照下さい。

ページの先頭へ