ディズニーシー8月の混雑予想

更新日:2018年12月7日

東京ディズニーシー(TDS)の2018年8月の混雑予想カレンダーです。

こんなことを書くのもあれなんですが、8月は毎日大混雑です。暴風雨というくらい天気が悪い日であれば若干空きますが、普通の日はまず混雑します。人気のアトラクションだと待ち時間が120分を超えることも少なくないので、その間に具合悪くなったりしないように熱中症対策はきちんとして行きましょう。

2018年8月混雑予想カレンダー

A:やや空いています    B:普通です    C:やや混んでいます
D:かなり混んでいます   E:大混雑です   S:非常に混雑しています
※混雑度「E」と「S」の日は入場制限に注意が必要です。

祝祭日

  • 8月:学生の夏休み(祝祭日ではない)
  • 上旬~中旬:お盆休み(祝祭日ではない)
  • 8月11日:山の日
      1
E
2
E
3
E
4
S
5
S
6
E
7
E
8
E
9
E
10
E
11
S
12
S
13
E
14
E
15
E
16
E
17
E
18
S
19
S
20
E
21
E
22
E
23
E
24
E
25
S
26
S
27
E
28
E
29
E
30
E
31
E
 
7月≪≪ 8月 ≫≫9月

混雑を避けるために

見出しは「混雑を避けるために」と書いておりますが、8月は毎日が相当の混雑となりますので、どの日に行っても混んでいることは間違いありません。当サイトでご紹介しているアトラクションの攻略法やレストランの攻略法などといったページを参考に、できるだけ効率よくパークを回るようにしましょう。

今月の祝日

8月には山の日があります。ただ、ご存じの通り学生にとっては丸一ヶ月夏休みですし、更に企業もお盆休みとして夏期休暇を設定しています。そのため、いつ行っても大混雑しているというのが毎年8月の現状です。

正直なところ、週末も平日も関係ないくらい混み合っています。入園者数を細かく見ると平日の方が多少少ないのかなとは思いますが、実際にパークに入ってみると平日でも週末でも同じくらい長い待ち時間が各アトラクション入り口に表示されています。大人気のアトラクションは120分待ち以上であることがほとんどです。

旅行シーズン情報

学生の夏休みですので、学生の数も多いのですが、企業の夏期休暇やお盆休みがあるため、家族や親子で遊びに来られている方々もかなりいらっしゃいます。東京ディズニーリゾートの各ホテルも、連日ほぼ満室になってしまうような状況ですので、旅行される方は早いうちに予約をしておくといいでしょう。

ディズニーシー8月の混雑体験談

2017年以前の8月

●●今年8月に家族で東京ディズニーシーに行きました。まだ残暑の厳しい日だったので、とても暑かったです。2度目なので、大好きなトイストーリーマニアに行きました。着いた時にはもうすごい行列です。30分ぐらい待ちましたが、ここはとてもおもしろいので、十分満喫できました。

子供はタワーオブテラーに行きたいと言いましたが、私が乗りたくないので、アクアトピアに行きました。ここは2つのコースに分かれます。夫はお腹が出ているので、なんだかベルトが苦しそうです。それに、細かく動くので下手をすると酔いそうです。しかし、水の上なので多少は涼しい感じがします。

そのあと、インディージョンズ・アドベンチャーに行きました。暗闇の中をジェットコースターで走るので、手に力が入り、振り落とされないようにしました。もう怖くて目をつむっていました。最後の写真を見ると、子供は全然普通の顔で、大人だけは下を向いています。

ちなみに、東京ディズニーシーにはお水を飲む場所が多いので、夏でも水分が取りやすいのでいいです。日焼けと筋肉痛でぐったり帰りました。

●●今年の8月中旬に、友達と東京ディズニーシーへ行きました。世間は夏休みのため、子どもを多く見かけました。

普段の平日よりも、かなり混んでいたように感じます。天気は晴天でしたが、外にずっといるのはつらいくらいの暑さだったので、室内で待てるようなアトラクションを中心に回りました。園内の飲み物が飛ぶように売れていました。

東京ディズニーシーでは、8月に「ミニーのトロピカルスプラッシュ」というショーをメディテレーニアンハーバーで開催しています。私たちはこのショーが見たかったので、早くから場所取りをして臨みました。

フルーツをモチーフとした舞台に、ミニーをはじめ、デイジー、クラリスなどが登場し、音楽に合わせて踊ったりしていました。舞台からは水が噴水のように出てきて涼しく感じます。音楽も演出も素敵で、ミニーたちもとってもかわいくて、楽しかったです。

混んでいたので、ファストパスもすぐに全部なくなってしまうような状況でしたが、いくつかアトラクションにも乗れましたし、ショーも見ることができましたし、とっても満喫できました。猛暑の辛さも忘れるくらい楽しかったです。最高でした!

●●2歳手前の子供を連れて、8月頭の日曜日にディズニーシーへ行って来ました。ものすごく晴れていたので、イオン水などを多めに持って行きました。

12時ごろにつき、カンカンに日が照っている中、ベビーカーを押しながらの入場になりました。中に入ってから、風が結構あったので、日差しが強いものの涼しさも感じられたので、そこまで暑苦しいことはありませんでした。

外国人の方が多いなと感じましたが、日曜日なのに思ったほど混んでいませんでした。暑い中を歩けないので、先にお昼を食べてから、汽車に乗り、中を移動しました。並んだ時間は15分ほどでした。マーメイドラグーンに行ったのですが、お目当てにしていたリトルマーメイドのショーがやっていなくて、とても残念でした。

そして、暑さ凌ぎに扇風機とスプレーが一体化したミッキーのおもちゃを購入しました。他のお客さんも使用していて涼しそうでした。

また、話題のジェラトーニのぬいぐるみを購入し、子供にプレゼントしました。暑いのに大切に抱っこしてくれていたので嬉しかったです。その日はジェラトーニのグッズはぬいぐるみのみとアナウンスされていました。ほとんど乗り物には乗らなかったのですが、マーメイドラグーンで子供が遊べたので充分に楽しめました。

●●お盆休み半ばに初めて仕事でディズニーシーに行ってきました。朝早くからチケットを買い求める人で大行列で「本当に入れるのかなぁ…」と心配になりました。外は快晴で雨も降る気配なく、アイスクリームが欲しいほどの暑さでした。そして、チケットを買うことが出来て、入場も出来ました。

早速、お土産のリサーチすべくお土産屋さんに直行したのですが、最近出たジェラトーニのぬいぐるみが目的なのか、そこの売り場だけが入場早々混雑していました。

そして、パークの奥へ入ってみると、イベントを楽しみにしている人が多いのか、一定の場所に人が集中していました。その後、この場所で何やらイベントが開始されました。水を使ったイベントのようです。辺り一面水浸しでずぶ濡れになる人がかなりいました。

イベントが終わるとお土産屋さんに直行する人が多く、タオルやTシャツを買う人が大勢いました。お昼ご飯はというと、予算を考えてサンドイッチのセットを購入。そして、お土産のリサーチと写真撮影しながら自分のお土産も買いました。

●●ディズニーシーでは夏のイベント『サマーフェスティバル』が行われていました。ゲスト参加型のショーイベントで、観覧する場所によってはずぶ濡れになる、夏ならではのショーです。来園日はとても晴れていて、夏休みも重なり、かなり混雑。開園前からエントランス付近は人で溢れていました。

さっそく入園です。一目散にショーエリアへ。ずぶ濡れる気マンマンで、キャストにより濡れる位置を確認し、場所を確保。そして朝一のビール。シーのみで許される大人の楽しみ。最高でした。気分も上がり、お待ちかねのショースタート。ディズニーの仲間達がフロートにのりやって来ます。

その間も目の前ではダンサー達が容赦なく水を掛けてきます。それはもう豪快に。フロートからの放水、知らぬ方向からの放水で、すぐさまずぶ濡れになります。それがすこぶる楽しい。20分程度のショーですが、濡れるはしゃぐで結構体力消耗します。体調管理には気をつけて参加してください。

メインイベントが終了したので、あとは夏限定のアルコールドリンクやシェイブアイス、チキン、うきわまん等食べながらフラフラ~っとシーを満喫しました。今年の夏も最高の思い出になりました。

●●今年の8月のお盆休みにディズニーシーに行ってきました。お盆期間は1年でも一番混む時期というのは覚悟していましたので、オープン前に並んで、オープンと同時にファストパスをゲットするためにダッシュ。

まずはこの日一番楽しみにしていた「トイストーリーマニア」のファストパスは比較的スムーズにゲット出来たのですが、それ以外はファストパスをもらうための長い行列が出来ているものもあり、いくつかは諦めないといけない状態でした。

お盆だけにかなりの人の多さなのですが、ディズニーランドに比べてかなりゆったりとした造りになっているので、ゴチャゴチャした雰囲気も無く、大人の自分にとってはこちらの方が性に合っています。

当日は天気は悪くなかったですが、台風の余波なのか少し風が強かったです。気温は高かったですが、丁度開催されていた「トロピカルスプラッシュ」で結構水を浴びたので、風もあって比較的涼しく過ごせました。

結局、この日はトイストーリーの他に、インディージョーンズやセンターオブジアースなど主要どころは乗れたので、お盆ながらも十分楽しんで帰って来ました。

●●今年の8月5日に娘と東京ディズニーシーに遊びに行きました。娘は年間パスポートを持っているので最低週に1度は行っていますが、私は数年ぶりに行きました。ディズニーシーの方がランドより大好きなので雰囲気をたっぷり味わったのですが、以前行った時より変わったかな…と思うことがありました。

楽しみにしていたマーメードラグーンシアターが、休演になっていました。なぜこれを休演にしてしまうのかな…人気があると思うのに。

それからスタッフさんが私と同世代か年齢が上な方が増えたなぁとも感じました。それと共に、皆さん元気がいまいちない。若い方も含めて。ディズニー特有のおもてなしの元気はどこに行ったのだろうと思いました。暑いからか疲れていたのかしら。夢の魔法の王国のイメージが以前と変わってしまいました。

そして楽しみにしていたショーですが。昔はもっと踊っている人も多くて賑やかだったイメージだったのですが、今回は、出てくる人たちキャラクターも少ないし、大きな海にちょこっとしたショーみたいに見えました。始まる前から待っていたのに、昔ほどの「すごーい!」というような感激もないショーに私は感じました。

入園者は増えているようですが、何かビジネス的な要素が入りこんできているように感じられました。昔のように、純粋に夢と魔法の王国そのものであってほしいと思った一日でした。

●●平日のアフター6パスポートを利用して、夕方6時頃から行きました。いくら夏休みでもさすがに空いてくるだろうと思い利用したのですが、その逆で私達と同じ考えの人がたくさんいらっしゃいました。シーに向かう途中にランドを通り過ぎたのですが、ランドでは受付けに長蛇の列が出来ていたのでかなり心配しました。

電車の中でも「入るのに一時間かかったりしないよね?」というような声でざわついていました。しかしシーの入場は比較的スムーズで列などもなく入れました。並んでいるということはなかったのですが、私たちと同じチケットを利用する方も多くいらっしゃいました。

この時間なのでファーストパスもほぼ終了し、人気の乗り物はすべて1時間以上の待ち時間で困りました。人は多かったのですが、夕方なので晴れていても涼しく過ごしやすかったです。途中からパレードがあり、少しだけ見た後すぐに空いている乗り物に並びました。

閉鎖一時間前にお土産を買いに行ったのですが、ゲート近くのお店は大混雑で大変でした。やはり夏休みで五時間は少なく、物足りなかったです。

●●3年ほど前に東京ディズニーシーの夏祭りに参加させていただきました。朝早くから並んでチケットを購入し、入場すると園内は日本の祭りをテーマにした装飾が施されておりました。

ミッキーマウスやミニーマウスも法被姿の衣装を着用しているなど、園内全体が日本の夏祭りの様な雰囲気でした。園内の雰囲気だけではなく、ショーの音楽もプログラムも夏祭り仕様になっておりました。

私が一番感動したのが、アラビアンコーストというエリアで日が沈んだ後に行われるボーンファイヤーダンスがとてもワクワクしました。これは日本の盆踊りと焚き火の周りを囲んで楽しむ様子をコラボレーションした様な踊りでした。

事前に抽選で参加することも可能で、子供達が中央に組まれたヤグラのわまりを楽しそうに踊りまわるのがとても印象的で、ぜひまたいきたいと思う祭りの一つになりました。

2013年以前の8月

●●8月の暑い時期にディズニーシーを回っていると、さすがに歩き疲れてしまったので、通りかかって丁度すいていたヴェネチアン・ゴンドラに乗りました。

私はゴントリエの巧みなアナウンスと櫂さばきのおかげで優雅な船旅を楽しめたのですが、旦那は船が苦手だったようで逆に疲れてしまったようです。次回から船に乗るときは荷物番をしていてもらおうと感じました。笑

●●ちょうどお盆時期が明けた8月後半、晴天により、気温は軽く30度を超える中、夫婦二人で楽しんできました。午前中だけで汗びっしょり。照り返しも厳しい園内ですが、その分「シー」と称するだけあって、何しろ至るところ水辺があるので、涼やかな気分にしてくれるので助かります。

しかし、本日の目的は、ボンファイヤー。暑くなくては盛り上がりません。近くのレストランで、熱々カレーを食べて準備万端。暗くなり始めて、音楽がなり始まると、あとは、童心に帰って無心で踊っていました。もちろん妻は隣であきれて笑っています。でも、それが許されるのがディズニーシーのいいところです。

本日3度目の着替えを終えたら、お土産を買い込み、楽しい思い出と一緒に家路に着きました。この時期は汗だくになりますから、Tシャツの替えも何枚か持って行くといくらか快適に過ごせると思います。

●●8月中旬のディズニーシーは、天気がいいと本当に酷暑で、水分補給が必要です。ディズニーシーに飲み物などの自動販売機はないのですが、特に気温が上がった日などはペットボトルがワゴンで販売されています。

アトラクションに並ぶときは、大概、日陰の場所等にウェイティングエリアが設けられており、要所に冷風や水のみ場も設置されているので、さほど過酷ではないですが、海のショーを見るための場所取りは本当に要注意です。たまに炎天下に乳母車のお子さんを放置してる親御さんなどがいて、こっちが心配になってしまいます。

どうしても暑さが我慢できないときは、アクアトピアやストームライダーがお勧めです。ちょっとだけ濡れるアトラクションなので、いい感じに涼しくしてくれます。

●●ディズニーシーの中でも、特に「マーメイドラグーン」は小さな子供にはとても楽しめるテーマポートだと思います。その中でも「アリエルのプレイグラウンド」は、仕掛けを見たり触ったりしながら遊べる空間なので、好奇心旺盛な2歳の娘も大喜びしながら遊べました。

「マーメイド・シースプレー」は水が噴き出す遊び場なので、タオルを準備しておくと良いと思います。特に8月は外がとても暑いですので、こちらでちょっとお子さんと一緒にひんやりとしてみてはいかがでしょうか?

●●とても暑かったので、水分や日傘、タオルを準備して行きました。とても混んでいて、最大130分待った事もありました。そのときは日傘がとても役に立ちました!

一番印象的なのが、あるアトラクションがトラブルで停止しており、何分かあとにその前を通りかかったとき調度復旧して三十分程で乗れた事です。そのアトラクションはとても人気で、停止前は確かに時間待ちだったので、得した気分になりました。

●●夏が終わりはじめるころ、私はディズニーシーに行きました。タワー・オブ・テラーというアトラクションに乗ったのですが、思いのほか落下スピードが速く、驚いたのを覚えています。

どちらかといえば、シーはランドに比べて大人向けに作られているように感じました。ランドも好きですが、アトラクションの派手さなどには少し物足りなさを感じていたので、私はシーのシックな雰囲気にたいへん満足しました。

●●真夏ということもあり、とても暑かったです。まわりの人たちも薄着が多く、まさにビーチに遊びに来たといった感じでした。また、夏休みシーズンということもあり、園内はたいへん混み合っておりました。

ディズニーランドとは違ってお酒が飲めるので、よかったです。夏の暑さにほてった体にキューッと流し込んだコロナビールは、最高の思い出です。

●●夏休み真っ盛りの時期。気温は30℃超の時にいきました。夏休みで子供半額の時期であったため、やはりとても混んでいました。

ディズニーシーは水辺なので、スチーマーラインという船やヴェネツィアンゴンドラに乗るのがとても気持ちがいいです。ジャスミンのフライングカーペットも夜の風とシーのイルミネーションが幻想的で夏の夜にぴったりです。

●●8月のいわゆる世間が夏休みという時期に行きました。当日は、快晴でかなりの暑さでした。さすがに夏休みということで、子供連れのファミリーが大勢押しかけていました。個人的には派手なアトラクションよりゆったりと華やかなシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジがお気に入りでした。

ページの先頭へ