大館能代空港

更新日:2018年12月7日

秋田県北秋田市にあり、大館駅からリムジンバスで約45分です。定期便は羽田行の1路線が運航されています。ターミナルビル内は秋田杉を始めとした木材が各所に使用されています。空港は「道の駅大館能代空港」と一体運用されており、地域振興施設やドライバーの休憩施設の役割も持っています。空港周辺には世界遺産に指定された白神山地や十和田湖・八幡平などの観光地があります。

基本情報

読み方 おおだてのしろくうこう
別称 あきた北空港
種別 地方管理空港
空港コード ONJ / RJSR
住所 秋田県北秋田市脇神字からむし岱21番地144
電話番号 0186-62-5330
公式サイト こちら
ターミナル 1棟
営業時間 8時~19時30分
国際線
免税店
駐車場
滑走路 2000×45
アクセス 各地からバス

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●注意すべきところは、「大舘能代空港」という名称ですが、バスケットボールで有名な能代市、忠犬ハチ公ゆかりの大館市のどちらの場所にあるわけでもありません。「北秋田市」という、両市の中間といえば中間あたりに立地します。秋田県にある空港とはいえ、県北に位置しますので、青森県に旅行される方にも便利な空港です。便数が少ないのがさみしいところですが、白神山地や青森県弘前市方面へ行かれる方たちは、大館能代空港も交通の選択肢に入るかと思います。利用者は多いほうではないかもしれませんが、空港内のレストランは29日の「肉の日」サービスをしたり、空港ながら「道の駅」としても機能し、大空市を開催するなど、地元の人や観光客の方と心通うサービスを努めていると感じました。秋田や青森は、有名な温泉がたくさんあるので、温泉巡りのスタート地点として、便利な空港だと思います。

40代男性

●●秋田県北部北秋田市にあるこの空港、一日にANAの便が二往復しか運行していない実にこじんまりとした空港です。白神山地、能代地方、大館方面への足掛かり的な空港として知られています。得意先が大館市内にあり、頻繁に利用しますが、一昔前までは、山に囲まれた特殊な地形からか梅雨の時期や冬期には濃霧が発生しやすく、かなり高い欠航率の空港として有名でした。また条件付き運行にも数多く当たり、羽田に引き返したこと数知れず、また羽田に帰る便も飛ばないことが多く、大館市内まで引き返しもう一泊したり、秋田空港や秋田駅まで出て帰京したこともあります。最近では最新のGPSを使った着陸が可能となりそのようなことは大分減りました。空港自体は二階建ての小さい建物です。一階にコーヒーショップ、二階にレストラン、お土産のANAフェスタがあります。一通りのお土産は揃っておりますが、私の場合は大館市内にある大型スーパーのお土産コーナーで買い物をしてから空港バスに乗車しております。

40代女性

●●広くはないです。初めて利用した際、空港と言えば羽田や那覇、中部国際空港等の印象が強かった私にはこんなお手軽な空港もあるのだと驚きました。食事を食べるところやお土産屋さんは幾分揃っているものの非常に乏しく、ないよりましな程度。折角だから早く空港に向かって楽しもうと思っていると肩透かしを食らう可能性が大いにあります。ただ周囲が田舎なのでこういうところに空港があるだけでも有り難いですし、夫婦でのんびり楽しむにはこの静けさがむしろ良いものだと感じました。一応お土産屋さんには秋田の名物が並んでいますし、レストランではこちらの郷土料理を食べることもできます。羽田からだったためビックリするくらい荷物をスムーズに受け取れました。小さなお子さん連れには退屈に感じるかも知れませんが、迷子になりにくいと考えれば安心して使えるのではないでしょうか。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ