横手城

更新日:2018年12月7日

築城年は不明ですが、長らく秋田南部を収めていた小野寺氏によって築城されたと言われています。当時は「朝倉城」と呼ばれていました。また、土塁の土が崩れたり、敵の進入を防ぐ為に韮を植えていたことから「韮城」とも呼ばれていました。

関ヶ原の戦い後、小野寺氏が改易されると、その後に転封されてきた佐竹氏の支城となり、戊辰戦争では唯一「奥羽越列藩同盟」に加わらなかった為、仙台、庄内藩の攻撃に遭い落城。現在の本丸跡には秋田神社、二の丸跡に模擬天守が建っています。

基本情報

読み方 よこてじょう
別名 朝倉城 阿櫻城 韮城
住所 秋田県横手市公園地内
電話番号 0182-32-2718
公式サイト こちら
城郭構造 山城
天守構造 複合式望楼型3重4階
築城主と築城年 不明
主な城主 小野寺氏
廃城年 1868年
営業時間 9時~16時30分
定休日 要問い合わせ
入場料 100円
駐車場
アクセス 奥羽本線横手駅から徒歩30分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ