三戸城

更新日:2018年12月7日

三戸盆地の中央に位置する丘陵部に、1539年「聖寿寺城(元三戸城)」が放火により焼失したかわりに、南部晴政の命により新城として築城されました。

「淡路丸」と呼ばれた頂部の主郭を中心に東西に階段状に縄張りが配されており、南部氏の居城としても栄え、16世紀末には改修により近世城郭に生まれ変わりました。南部氏の居城が盛岡城に移った後も御古城と呼ばれ城代が置かれました。現在の天守は1967年に築かれた模擬天守で、歴史資料館となっています。

基本情報

読み方 さんのへじょう
別名 留ヶ崎城 糠部城
住所 青森県三戸郡三戸町城山公園内
電話番号 0179-20-1111
公式サイト こちら
城郭構造 連郭式山城
天守構造 ×
築城主と築城年 南部晴政 1558年~1569年
主な城主 南部氏
廃城年 1684年~1688年
営業時間 9時~16時
定休日 月曜日・祝日の翌日・12月~3月
入場料 一般200円 大学生150円 高校生100円 小中学生50円
駐車場
アクセス 「病院前」もしくは「公園前」バス停より徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●三戸町内の小高い丘の上にあり、「城山公園」と呼ばれ、地域のみなさんに親しまれています。公園内には桜が1600本植えられており、桜の名所としてたくさんの人が訪れます。このあたりはちょうどゴールデンウィークが桜の見ごろなので、花見をするにはいい時期だと思います。しかし桜の時期は公園までの道が一方通行に規制されるため混雑するので注意が必要です。桜の時期以外はすいている日が多いので、ゆったりとして過ごしたり、広々と場所を使って遊ぶこともできます。また、公園内には少し小さめですが「鹿園」があり動物と触れ合うことができ、滑り台やブランコなどの遊具もあるので子供連れの方も楽しめると思います。歴史民俗資料館には、南部氏の歴史資料などが展示されており、南部藩についてや三戸地域の歴史を知る良い機会になると思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ