十和田市民文化センター・視聴覚センター

更新日:2018年12月7日

大ホールや茶室、伝統芸能を練習する「邦舞邦楽練習場」、そして県内最大規模のプラネタリウムを併設する複合施設。プラネタリウムは直径12メートルもあり、土日祝日には4回投影を行っています。経口30センチメートルの望遠鏡を備えた天体観測室もあり、天体学習や観察会など有効に利用されている施設です。

基本情報

読み方 とわだしみんぶんかせんたー・しちょうかくせんたー
住所 青森県十和田市西三番町2-1
電話番号 0176-22-5200
公式サイト こちら
ドーム径 11メートル
座席数 / 形 114席 / 扇形
機材・機種 五藤光学 GX-AT
投影日時 土日祝日:9時30分~・11時~・13時30分~・15時~
春夏冬休みの平日:11時~・15時~
観覧料 一般210円 高校生157円 3歳以上中学生以下52円
駐車場 145台・1回200円
アクセス 十和田観光電鉄バス「十和田市中央」バス停から徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●青森県十和田市の中心街の一角に市民文化センターがあり、その薄暗い2階にひっそりとプラネタリウムがあります。公営の施設なので、約40分の番組で、大人でも210円という安さです。星や星座には詳しくないのですが、初心者にも分かりやすく季節ごとの星を演出を交えて見せてくれます。子どもと行った時は全部で10名位の観客でしたが、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に絡めた構成でした。このような演出がなくても、満点の星を疑似体験できるだけでも癒やされるのではないでしょうか。十和田市で知名度があるとすればユニークなオブジェで知られた「現代美術館」でしょうか。このプラネタリウムはその美術館から400m足らず、徒歩5分の所にあるのです。何か十和田でのんびり時間を過ごしたい場合は、現代美術館がある「官庁街通り」からふらりとこのプラネタリウムでひとときを過ごすのも良いのではないでしょうか。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ