須賀川市フラワーセンター

更新日:2018年12月7日

草花の供給と緑・花の情報発信の場として建設された福島県の植物園です。時期別でお花の販売もしており、1月はシクラメンやスターチス、3月はサイネリアや牡丹、8月はアロエベラや木立ベゴニア、11月はプリムラポリアンサやミカンなどとなっています。メインのお花は「牡丹」で、公式サイトでは様々な牡丹の写真を閲覧できます。

基本情報

読み方 すかがわしふらわーせんたー
住所 福島県須賀川市牡丹園72-3
電話番号 090-1932-4736
公式サイト こちら
営業時間 8時30分~17時
休園日 年末年始
入園料 無料
年間パス ×
駐車場
アクセス 須賀川駅から路線バスに乗り、「牡丹園」バス停下車徒歩1分

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●シクラメンの季節に見学に行きましたが、シクラメン以外でもプリムラやマーガレットが色鮮やかに咲いていました。園内には見学コーナーの他にも、時期の植物が販売されていたり、お子さんでも楽しめる体験学習室も存在します。時期によっては、イベント広場にてヒーローショウなども開催されるので、家族向けのコンテンツも考えられています。また、完全予約制の団体限定、牡丹薬膳弁当も存在するらしく、須賀川の旬の味覚を味わうことが可能です。園内はゆったりとした雰囲気があり、綺麗な植物を見学しながら散歩ができ、仕事のストレスを忘れて過ごせました。売店には、お子さんも楽しんでもらうための配慮なのか、駄菓子や福島県の漬物などが販売されていました。花を含めた植物が好きな方は来訪して損はないと思います。お子さんのいる家族連れを想定したイベントも多く開催されているので、幅広い年代におすすめの植物園です。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●地元では、昔から「須賀川牡丹園」の名前で親しまれているところです。名前の通り、約290種類、7000株の牡丹が栽培されており、広さは東京ドームの3倍とか。種類ごとにエリアを分けて栽培されていました。育種された年代によって花の形や色も特徴があり、「牡丹ってこんなにバラエティ豊かだったの?」と驚きます。今までお店などでは見たこともないような、様々な牡丹を楽しむことができました。牡丹だけではなく、しゃくなげなど他の植物のエリアがあったりと、牡丹の季節以外でも花を楽しめるそうです。見るだけではなく、花の展示会や栽培講習会などの案内もあって、家で栽培をする方法なども学べそうです。隣接するフラワーセンターでは、鉢植えの牡丹をはじめ、いろいろな植物の苗や花の鉢植えも販売していました。園路も広くゆったりしているので、車いすで訪れていたお年寄りもたくさん見かけました。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ