会津田島祇園祭

更新日:2018年12月7日

日本三大祇園祭の一つ。「お党屋(おとうや)制度」という制度を導入しており、「お党屋組」と呼ばれる組織が中心となって祭りを執り行われます。昭和56年(1981)には、「但馬祇園祭のおとうや行事」として、国の重要無形文化財にも指定されました。毎年7月22日から24日の3日間かけて開催。

基本情報

読み方 あいづたじまぎおんさい
開催日時 7月22日~24日
開催場所 福島県南会津郡南会津町田島(田出宇賀神社)
電話番号 0241-62-6200(南会津町商工観光課)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】会津田島駅から徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●会津田島祇園祭は毎年7月22日~24日の3日間、国道を歩行者天国にしてたくさんの出店が並ぶお祭りです。子供がいる方は昼間の出店もいいですが夜の大屋台がおススメです。大屋台は地区ごとに4つあり、子供歌舞伎が見れる他に子供を乗せて大人たちが引っ張るのですがその掛け声が面白いんです。『おーんさーんやれかけろ』と乗っている子供達が言うと大人たちが走って大屋台を引っ張っていきます。意味は『おじさん早く走れ』だと聞いたのですが、乗っている子供達は自分達の掛け声で走る大人がさぞ面白いのではないかと思います。私の子供も最初は怖がっていましたが慣れてくると何回も乗っていました。もちろん一人で乗れない子供にはお母さんだったら同乗させてもらえるので安心だと思います。二日目の朝には七行器行列と言ってたくさんの花嫁姿の女性が歩きます。すごく綺麗で見ているだけでも気持ちがほっこりすると思います。朝から夜までずっといても楽しめるお祭りなので一度は行ってみるといいと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ