郡山うねめまつり

更新日:2018年12月7日

東北五大祭りの一つに挙げられることもある祭り。昭和40年(1965)、旧郡山市と安積郡の9ヶ町村の合併を機に「市民が一体となって盛り上がる祭りを」と、郡山市と郡山商工会議所が中心となって、郷土の伝説として語り継がれている「采女(うねめ)物語」をテーマに作られました。毎年、8月の第一金曜・土曜・日曜日の3日間開催。

基本情報

読み方 こおりやまうねめまつり
開催日時 8月の第1金土日
開催場所 福島県郡山市(駅前大通り)
電話番号 024-921-2610(郡山うねめまつり実行委員会)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】郡山駅から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●郡山の夏のお祭りといえば、うねめ祭り。八月最初ということもあり、夏休み真っ只中の子供達の楽しみともなっています。駅前大通りを歩く、踊り流し。各会社、企業、普段は仕事仲間の方々が、老若男女でうねめ踊り。なかなか踊る姿など見られない、堅い上司とは、練習から緊張するとか。ただ、そのうねめ踊りのおかげで距離も縮まり楽しめる、特別な夏の時間にもなっているそうです。本番当日は、そろいの浴衣姿で勇ましく優雅に。大人数での、踊り流しは実に見事です。毎年、ミスうねめも選出され、美しい羽衣姿が見受けられます。幼かった頃、いつかあの天女の様なお姫様になってみたいと夢見たものでした。歴史あるうねめ祭り。あの踊り、実はある小学校では、体育の時間に練習して完璧に覚える所もあるそうです。その位に身近で、小さな頃から見て体で覚えるお祭り。女の子には憧れのお祭り。これからも郡山の伝統ある夏祭りを、大切にしていきたいものです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●「うねめまつり」は、東北5大まつりの1つに数えられ、毎年8月の初めに、郡山駅前大通をメイン会場として、うねめ踊り流しが行われます。踊りは、各種団体やチームでに参加することになっており、グループごとにお揃いの浴衣や法被で踊り歩く姿はとても賑やかで、10尺太鼓の山車もお祭りムードを盛り上げます。祭りは3日間行われ、踊り流しだけでなく、浴衣で会場に来た人達が参加できる「ゆかたdeうねめコンテスト」や、全国のゆるキャラたちがやってくる「ゆるキャラ大集合」、小さな子供たちも楽しめる「ちびっこうねめまつり」、各種学校の吹奏楽部がパレードする「マーチングバンドうねめ」など多彩な催し物が行われます。(会場は、郡山駅前大通りの他にも、駅前広場やイトーヨーカドー郡山店平面駐車場があります。)踊り流しが行われる駅前大通りを横切るように、大町通りと中町夢通りには、たくさんの出店や屋台が立ち並び、浴衣姿の見物客がカキ氷や金魚すくいなど、夏祭りを満喫します。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ