三春滝桜

更新日:2018年12月7日

ライトアップで夜の桜も鑑賞できる福島県三春町自慢の桜名所。毎年の見ごろは4月中旬から下旬頃までとなっています。力強くそして美しく咲き乱れる1本のベニシダレザクラ「三春滝桜」は日本の三大桜の1つに数えられています。観賞料は大人1人300円、中学生以下は無料となっています。ぜひ足を運んでみてください。

基本情報

読み方 みはるたきざくら
住所 福島県田村郡三春町滝字桜久保地内
電話番号 0247-62-3690/みはる観光協会
公式サイト こちら
例年の見頃 4月中旬~下旬
桜の本数 1本
主な桜の種類 ベニシダレザクラ
桜の名所100選
桜まつり
夜桜・照明
入場料 大人300円 中学生以下無料
駐車場
アクセス 臨時バス滝桜号で20分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●全国的にも有名な三春の滝桜、たった1本の桜の樹ですが、遠方からわざわざ足を運んででも見る価値があると思います。ただ、有名になり過ぎて、シーズン中は朝から晩までちょっと観光客がひしめいているので、そこが少し残念なところでもあります。ただ、桜自体は本当に荘厳で、ただの桜というよりも何か精霊的なものが宿っているような気になる、思わず拝みたくなるような立派な樹です。タイミングにもよりますが、周辺に菜の花も咲き乱れている時などは草の緑と、菜の花の黄色と、桜の淡いピンクと、青空(晴れていればですが)が本当に綺麗にマッチして、ため息がでるような色彩美です。桜の季節に雪が降ることもありますが、それはそれで、雪の中に淡い桜が立つ様も美しいものです。夜もライトアップされるのですが、暗がりの中にそびえるように浮かびあがる滝桜はまさに圧巻です。ただ、前述したように、とにかく1本しかない桜の周りに人が集まってしまうので、できれば少し時期を前後にずらしたり、土日祝祭日は外して見に行った方が良いかなとも思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●樹齢1000年以上のたった1本の桜の木を見に行くのにお勧めなのが、三春の滝桜です。桜の木がこんなに大きいのかと初めて見たときはとても驚きました。昔は、紅しだれと言われるのにふさわしく、ほんとに濃いショッキングピンクでその堂々たる姿は、圧巻でしたが、最近は、なぜか、色が薄くなってきているのは、少し残念ではありますが、1本の木を周って階段を昇ったり降りたりしながら、15~20分かかって、見る桜は珍しく、滝桜という言葉にふさわしく、滝が流れるように目の前に覆いかぶさっている桜は一見の価値があると思います。周りには何もありませんが、帰りについでに鶴ヶ城の桜も寄ってみるとどちらかが、満開で楽しめると思います。でもやはり、1本だけのために、足を伸ばして見る価値があるのは、三春の滝桜だと思います。木の幹も驚くほど古くて、中には少し腐ってる部分もあるのに、それでも風にも負けず堂々と立っている姿は、歴史こそ感じ取れ、見ただけで頑張ろうという気持ちになります。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ