盛岡城

更新日:2018年12月7日

北上川と中津川の合流地点の丘陵部に1598年に南部信直により居城として築城を開始されました。それから三代40年近くの年月をかけて東北では珍しい総石垣の城として完成されました。城址には一部の移築された建物を除いては建造物は現存せず、石垣と土塁を残すのみですが、その威容は一見に値すると言われています。

基本情報

読み方 もりおかじょう
別名 不来方城
住所 岩手県盛岡市内丸
電話番号 019-604-3305
公式サイト こちら
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 独立式層塔型3重3階
築城主と築城年 南部信直 1598年
主な城主 南部氏
廃城年 1871年
営業時間 ×
定休日 ×
入場料 無料
駐車場 あり・有料
アクセス JR盛岡駅より徒歩15分
「盛岡城跡公園」バス停より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●盛岡城は岩手県盛岡市にあります。近くには石割桜など有名な観光地もあります。盛岡城の中でも私は、石垣が好きですね。人の手で、本当に作ったのかと言うくらい、壮大なものになっています。毎年夏には石垣ロックフェスと言う音楽ライブもやっており観光だけでなく様々な面で盛り上がっています。盛岡城付近にある、桜山神社はぜひ行っていただきたいですね。盛岡城は、春夏秋冬いろいろな顔を見れて、写真家も訪れる写真を撮っています。私自身、カメラを持って行きます。盛岡城は自然が豊かでとても過ごしやすい環境となっています。結構歩き距離はあると思いますが、ぜひ一度は行っていただきたいですね休日は、観光だけでなく今流行りの携帯ゲームをしながら歩いている人もいるので、できるだけ歩きスマホは控えていただきたいと私は思っております。岩手に行く機会があれば、ぜひ行ってみてください。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●南部20万石の居城として有名で残念ながら天守閣などはなく石垣しか残っていませんが、その石垣が綺麗に保存修復され実に見事です。盛岡城は岩手公園と呼ばれることが多く盛岡市民の憩いの場所として親しまれています。敷地内はとても広く桜の木を始めとしてたくさんの樹木が植えられていて、春にはお花見の名所として多くの人で賑わいを見せます。それ以外の季節も園内を散策したり各所に設置された東屋やベンチで休んだり、お昼ご飯を食べたりとのんびりと過ごすことが出来て、まさに都会の中のオアシスといった感じのする場所です。急な坂もあり本丸まで登るとちょっとした運動になったりします。盛岡城の正面は公園通り(菜園)の突き当りで観光バスがよく止まっていますが、中津川に面した芝生の広場から入り、お堀の池にかけられた太鼓橋を渡り坂を登って行くコースが風情があってお勧めです。平日の昼など人があまり居ない時間帯に園内を散策すると都会の喧騒から解放されてリラックスできて良いですよ。

●●現在は岩手公園として、市民の憩いの場として愛されている盛岡城。現存する建物等はありませんが、お堀や聳え立つ石垣の圧倒的な存在感は一見の価値ありです。駅からは少し距離があるためバスで行かれる方も多いかとは思いますが、おすすめは駅から歩いてのアプローチ。北上川に架かる古いアーチ橋を越え、繁華街のアーケードを抜けた先に突如石垣が現れる姿は、まさに盛岡のシンボルといった趣きです。立派な石垣を登ると上は緑豊かな公園となっており、お城なき後も人々に大切にされてきた歴史を物語ります。春夏秋冬様々な表情をみせてくれますが、私が特に印象に残っているのが秋の紅葉。もみじや銀杏、桜紅葉に彩られた荘厳な石垣に心を打たれました。近くには有名な石割桜や、名物じゃじゃ麺の老舗である白龍などもありますので、盛岡観光の際にはぜひおすすめのスポットです。

30代女性

●●盛岡城跡はお城こそ残っていませんが、石垣の素晴らしさでは東日本屈指の高石垣と言われています。会津高松城、白河小峰城と並んで東北3大名城とも称されるほどです。城跡全体が公園になっていて、一角には子どもが遊べる遊具のある広場もあり、盛岡市民の憩いの場となっています。春は何といっても桜の名所として有名で、石垣と桜のコントラストは見事です。東北の少し遅い春を待ちわびていた人々が、みな盛岡城跡公園の見事な石垣と桜の情緒を楽しみに集まってきます。かつて、石川啄木が「不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて空に吸われし十五の心」という句を残しています。盛岡城はかつて不来方城とも呼ばれていました。盛岡城跡の一角には、啄木のこの句を刻んだ石碑も建てられています。

40代男性

●●南部のお殿様のお城「盛岡城」。お殿様の名字や当時の藩の名前である「南部城」とも呼ばれるこのお城は、今は石垣しか残っていませんが、城郭全体が公園になっていて朝や日中の散歩や夜のデートなどにもおすすめの場所です。天守閣のあったあたりまで登ると盛岡市内が一望でき、当時であればもっと端々まで見渡せたのだろうな、といつも思います。石垣の麓には、当時の面影を感じることのできる「南部家」ゆかりの桜山神社があり、幕に描かれた南部家の家紋「向い鶴」を見ると気持ちがピリッと引き締まります。そんな桜山神社の社名にあるように盛岡城跡公園は桜の名所。ゴールデンウイーク前に満開を迎える盛岡城の桜は、城郭一体がピンク色に染まるほどで、観光客の方々だけでなく盛岡市民も繰り出して、心うきうきとするイベントです。イベントといえば、盛岡城を中心に開かれる「石垣フェスティバル」。全国から有名無名のミュージシャンが大挙して集まるこの音楽祭は、さんさ祭りと同じように盛岡城跡にたくさんの人々が集う一大イベントで、毎年楽しみに参加しています。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ