日高火防祭

更新日:2018年12月7日

明暦3年(1657)に起こった江戸の大火事「明暦の大火」を教訓に、火事を未然に防ぎたいと祈祷したのが始まりといわれる祭り。町ごとに作られた「はやし屋台」が町中を練り歩くのが特徴。またクライマックスの夜には華麗なお囃子を競い、その豪華さに目を奪われます。毎年4月29日に開催(4月28日は前夜祭)。

基本情報

読み方 ひたかひぶせまつり
開催日時 4月28~29日
開催場所 岩手県奥州市水沢区
電話番号 0197-24-2111(日高火防祭実行委員会)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場
アクセス 【電車】水沢駅から徒歩数分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●日高火防祭は、ざっつぁか祭りと並んで水沢を代表する2大祭りの一つです。水沢の街に春を告げる雅な祭りです。豪華絢爛なお囃子が舞台になぞられ、搭乗する少女たちも白粉をかぶり、美しい髪飾りと着物を纏い、太鼓と三味線の音と共に街を練り歩きます。この祭りの頃はちょうど桜が終わる頃ですが、時々桜の満開の時期とかぶる年があり、水沢公園から下る桜並木と一緒に眺めることができると、これほど乙なものはありません。なお、最近では、お囃子の搭乗者不足のため、県内外、外国人まで、年齢も20歳以上の方までも、様々な方が参加されています。お囃子のみならず、未就学児の子供が並んで歩く「とっとこ舞い」や、水沢の25歳、42歳の厄年連の踊り、消防団の練り歩きなども見どころですね。この祭りが行われる頃には、長い冬も終わり、春も過ぎ、暑い季節がやってくると感じられます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ