北上・みちのく芸能まつり

更新日:2018年12月7日

100組余りの芸能団が集結する祭り。8月上旬3日間にわたり行われ、フィナーレには美しい花火が打ち上げられます。「鬼剣舞大群舞」や「和太鼓」など、迫力ある芸能が目の前で繰り広げられるのでオススメです。会場は、国見山・極楽寺や岩崎城址、さくらホールといったお祭り広場や駅前、大通り会場とさまざま。街を歩くのが楽しみになるお祭りとなっています。

基本情報

読み方 きたかみ・みちのくげいのうまつり
開催日時 8月の第1土曜日から3日間
開催場所 岩手県北上市(北上駅西口周辺)
電話番号 0197-65-0300(北上観光コンベンション協会)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】北上駅から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●北上・みちのく芸能まつりは、北上最大の街を全体に使って行われる大掛かりな夏祭りです。8月の3日間行われ、会場は北上市の市街地から展勝地の方だったり、さくらホールやその他市内の様々な会場にて行われます。主に鬼剣舞の演舞が多く、また、フィナーレには大きな花火大会が催され、毎年大勢の人々で賑わいます。このお祭りは、見に行くというよりも、住人が演舞など何らかの形で参加するのが楽しい祭りです。北上市民としては、学校や町内会や職場など、いろんな形でなにかと借り出される祭りでもあります。北上・みちのく芸能まつりの前後には、市内のあちらこちらで小規模の祭りや屋台が行われます。また、夏休みの頃にはさくら野の前でゲリラ的に鬼剣舞などのパフォーマンスが行われ、北上・みちのく芸能まつりに合わせて北上に長期滞在してみると、楽しい夏が過ごせそうです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●毎年3日間に渡り北上市で開催されるお祭りで、東北各地の郷土芸能を一気に楽しむ事が出来るので毎年芸能通の観光客で大変賑わいます。私が毎年楽しみにしているのは中野七頭舞という五穀豊穣を祈り七つの道具を持って舞う華やかな舞踊ですが、他にも鬼の面を着けた踊り手が勇壮に舞う鬼剣舞や、不気味な装束を身につけて勇ましくダイナミックに踊る鹿踊り、地方によって様々な個性の光る神楽などが市内の至る所で見られるので、当日までに観賞スケジュールをしっかりと立てて動く事をお勧ます。そして祭りのフィナーレを飾るのは北上川河畔での花火大会で1万発の花火が夜空を華やかに演出する様はまさに圧巻です。さらに花火と同時に開催される「トロッコ流し」はトロッコと呼ばれる灯篭が川面に流されるのですが、花火の光が反射してあたり一面が鮮やかに染め上げられる光景はもはや言葉にならない美しさです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●私は、地元の北上生まれ北上育ち、現在も北上に在籍しております。北上のみちのく芸能祭りは、小さい頃から毎年のように見に行っておりました。最近は、昔と日程等は変わりましたが、地元の住民にしてみれば、慣れ親しんだお祭りと言えます。特に私が楽しみにしているのは、県内各地の芸能が一挙に披露される二日目です。花巻の獅子躍り、釜石の虎舞などなど、普段は見られない芸能が見れるということです。そして、地元北上の芸能、鬼剣舞。地元に愛されてある鬼剣舞は、各地区に団体があり、今では東京鬼剣舞も存在します。東京在住の方が、鬼剣舞に魅了され弟子入りし、東京で広めたそうです。私は鬼剣舞の他に、大好きな舞があります。先日の台風で被害が大きかった岩泉の、七頭舞(ななずまい)です。毎回人気があり、七頭舞が披露される場所は、沢山の人だかりにまります。各自色々持っている物がちがい、躍りながら飛び跳ねたりと、とても躍動感がある舞でお薦めです。ラストには、各地区毎に別れての鬼剣舞の大郡部が最高です。最近では、高校の部活に鬼剣舞部がある学校もあり、参加しています。昔は男性のみだったのが、昨今女子も混じって踊っています。最終日は花火ですが、なかなか見ごたえがあります。ラストには、橋からナイアガラの滝という花火。橋から川に向かって滝のように流れる花火です。それを見るたび、また来年会いましょう!みたいな気持ちになります。岩手県内の皆様、他県の方々にも、是非見に来て頂きたいと思います。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ