白石城

更新日:2018年12月7日

鎌倉期に白石の地に居住した刈田氏(白石氏)によってまず築城。その後、豊臣時代に会津に移封されてきた蒲生氏や上杉氏のもと改修、本格築城されました。

さらに仙台藩の支城となり、家臣の片倉氏が代々居城とし、明治維新を迎え破棄されました。江戸時代の一国一城令の中、対象外となった稀有な城の一つです。天守は1995年に木造復元されております。

基本情報

読み方 しろいしじょう
別名 益岡城 枡岡城
住所 宮城県白石市益岡町1-16
電話番号 0224-24-3030
公式サイト こちら
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 大櫓複合式層塔型3重3階
築城主と築城年 白石氏 鎌倉時代
主な城主 白石氏・蒲生氏・上杉氏・片倉氏
廃城年 1875年
営業時間 4月~10月:9時~17時
11月~3月:9時~16時
定休日 年末年始
入場料 一般300円 小中高生150円 未就学児無料
駐車場 ×
アクセス JR東北本線白石駅より徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●実家が白石から近かったため、小さい頃はよく遊びに行きました。他の有名なお城に比べるとやや小さな印象はありますが、お城ならではの日本の文化を感じることは十分にできます。現在の姿は復元されたものになりますが、それでも当時の雰囲気は伝わってきます。歴史上でも有名な片倉小十郎が生活していたとあり、歴史好きな人ならば一度は見ておくべきお城です。また桜のスポットとしても宮城では有名で、昼夜問わず美しい風景を満喫することができます。他にも様々なイベントを行っており、片倉鉄砲隊火縄銃演舞や鬼小十郎まつりなど片倉家に関わる行事が様々あります。白石はのんびりとした田舎町ですが、美しい景色が多く白い市場もその一つとしてお勧めできる観光スポットです。

30代女性

●●平成に入ってから復元された木造天守閣のお城であるということで見学してきました。お城がある場所は駅から20分ほど離れているため、車で行くことをオススメします。特に小さな子どもがいる場合などは、車で向かった方が見学の前に歩き疲れる心配もありません。お城はコンパクトですが、木組みや板張りをじっくりと観察することができ、当時の雰囲気を体験することのできるお城だと思います。他のお城には、城内が現代的になりすぎていて違和感を感じてしまうところもありますが、このお城は余計なものがないので城内の様子をしっかりと見学することができます。お城の他にも資料館が敷地内にあったりと、白石城の歴史について学ぶことができました。秋にはお祭りも開催されているそうなので、また来てみたいお城のひとつです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●小さい時に行ったとき以来、久しぶりに行きました。記憶にあまりなかったのですが、行ってみたらこじんまりとしたお城ですね。でもとてもきれいで観光客もたくさん来ていてにぎわっていました。お城の中に入って感じたのは、お年寄りや、小さいお子さんは絶対誰か付いてあげないとちょっと危ないかなということです。三階建てなんですが、階段が結構急な傾斜になっているのです。上るときはまだよいのですが、降りるときは滑りそうで怖かったです。一番上に上ると本当に見晴らしが良く、お天気が良ければ最高の景色です。ちょうど桜の季節に行ったので、満開の桜を一望に見渡せて、これだけでも来てよかったなと思いました。まわりも芝生でのんびりできますし、お土産屋さんや出店も充実していて期待していた以上に楽しめました。ゆっくり楽しみたい方や歴史が好きな方にはおすすめの観光地です。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ