多賀城

更新日:2018年12月7日

蝦夷(えみし)の平定を目指した大和朝廷によって、その軍事拠点として724年に築城されたと言われています。8世紀初めから10世紀半ばまで戦火等により何度も消失と復興を繰り返しながら存在し、鎮守府や陸奥将軍府などが時の政府に応じて置かれて東北運営の重要拠点とされました。

東の多賀城跡は中央の平城京跡、西の大宰府跡とあわせて日本三大史跡の一つに数えられています。

基本情報

読み方 たがじょう たがのぎ
別名 ×
住所 宮城県多賀城市市川字城前
電話番号 022-368-0134
公式サイト こちら
城郭構造 平城
天守構造 不明
築城主と築城年 大野東人 724年
主な城主 奈良京都朝廷・吉野朝廷
廃城年 1337年
営業時間 ×
定休日 ×
入場料 ×
駐車場 あり・無料
アクセス JR東北本線国府多賀城駅より徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●彼女との旅行で多賀城を訪れました。現地に着くと観光ガイドの方がたくさんおり、1グループにつき1人のガイドさんがついてくださり、多賀城の歴史について教えてくださいました。天守閣があるわけではなく、建物の基礎部分のみ残っており、大きな広場になっているだけなので城を見に来たという人には拍子抜けしてしまうかもしれませんが、ガイドさんや地元の方と交流でき温かみを感じる観光地でした。敷地も広いためゆっくりと散策するのも1つの楽しみ方かと思います。アクセスについても駐車場も20台ほど完備されており、近くに高速のインターチェンジもある為車で訪れる人にとっても訪れやすいと思います。多賀城は歴史に興味のある方には魅力的な県ですが、そうでない方であっても楽しめるスポットだと思います。また近くに行った際は寄りたいと思います。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●つい2、3ヶ月前に始めて行きました。名前だけは知っていて、そこの地名にもなっている多賀城。田んぼの中の道から山の上のほうに少し登っていくと、それはあります。あると言っても今は建造物はなに一つ残っていませんし、復元したレプリカが立っているわけでもありません。ただ、小高い見晴らしのいいちょっとした広場に、なにかの建造物の跡らしき石が所々ではあっても整理されて残っているだけです。基礎からすると建物がすごく小さくて、名だたる多賀城がこの大きさだったということは昔の人は小さかったんだなと思いました。本当にすべてが小さいです。蝦夷地方の監視と統制拠点だった多賀城、正直言って現地に行っても感慨はあまりありませんでしたが、昔の日本を現在に伝える貴重な城でした。

30代女性

●●お城好きなのに近場の多賀城に行ったことがないと思い立ち、先日行ってきました。車で行ったのですが、お城らしきものが全然見えず、少々道に迷いましたが、何とか到着しました。しかし、その場所にはお城らしきものは何も残っておらず、小高い丘と、野原のようなものが広がっていました。行ったのが夕方だったこともあり、どこに何があったのかなどもあまりわからずでしたが、唯一石碑のようなものは見つけることができました。正直なところ、現在はほとんど何も残っていませんし、お城を見に行くという感じではないかと思います。しかし、とても広い野原や丘はとても気持ちがよいです。のんびりとピクニック気分で行くのにはとても良い場所な気がしました。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●多賀城の城跡は、古代城棚であり、国の特別史跡に指定されている場所で、100名城のひとつとなっていると知り、00名城のスタンプを貰いに行きました。無料駐車場があると聞いていたので、車で行きました。仙台駅からだと、JRの仙石線を使い、20分くらいで到着するようで、多賀城跡までの案内もあるようです。100名城スタンプは、多賀城跡管理事務所にありました。100名城なのに、多賀城碑だけしか残っていなく、とても広い場所の城跡、緑も多く、のんびりとできる場所で、歴史を感じながら、散策できました。毎年、6月ぐらいから、あやめまつりが大規模で開催されていると、跡から聞きました。あやめ祭りは、650種もあるあやめで、300万本も咲き乱れると聞き、この広さであれば、とても楽しめるのだろうなと、想像ができました。今度は、あやめまつりの時期に行ってみたいです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ