キリンビール 仙台工場

更新日:2018年12月7日

看板商品である「キリン一番搾り」の製造工程を見学できる工場見学となっていて、実際に製造している工場のラインを見ることができます。工場見学した後には、生ビールなどの試飲の時間も設けられています。そのため、公共交通機関での訪問がおすすめです。ソフトドリンクも用意されているので、お酒の飲めない人と一緒に見学しても楽しむことができます。

基本情報

読み方 きりんびーる せんだいこうじょう
住所 宮城県仙台市宮城野区港2-2-1
電話番号 022-254-2992
公式サイト こちら
見学内容 ビール工場見学
見学料金 無料
見学可能日時 火~日:9時から15時30分まで30分ごとにスタート
見学可能人数 2~200人
対象年齢 特になし
予約方法 電話・インターネット
お土産 試飲あり
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 60分
駐車場
アクセス 【電車】JR仙石線中野栄駅からタクシーで10分
【バス】JR仙石線多賀城駅から無料シャトルバス
【車】仙台東部道路仙台港I.C.から5分
仙台駅から40分

口コミと評判

20代男性

●●ちょっと変り種のデートで利用しました。私は以前から興味があったのですが、彼女が行こうと行ってくれたので。彼女はお酒を飲めない人なのですが、ビールの作り方の説明を聞いて面白かったようです。お酒類は発酵が大事な要素なので、製造工程の一つ一つにしっかり意味があって興味深かったですね。日常的にビールを飲みますが、どういう風に作られているのかきちんと学んだことがなかったので良い機会でした。ビールタンクは本当に大きくて、繊細な工程も含んでいるのにダイナミックな感じもして楽しかったです。ビールの飲み比べができるのはとても楽しかったですね。ただ、何も食べずに行ったせいか顔がすぐ赤くなってしまって恥ずかしかったですね。

20代女性

●●親子四人で行きました。事前に予約が必要です。予約すると、丁寧に、見学ルートを案内してくれます。小学生と、幼稚園生の子供を連れて行きましたが、わかりやすく説明をしてくれたり、お姉さんが優しく接してくれたことが子供たちにとっては楽しかったようです。ビールの良さは分からなくても、工場を見学できたという事で大変満足だったようです。工場内はきれいで、屋外もきれいでした。公衆電話のボックスが、生ビールの形をしていて、格好の写真撮影の場所となっていました。バスにもビールの絵が描かれていて、その前で写真を撮りました。見学の最後に、子供にはジュース、大人にはビールを提供してくれ、飲むことができます。それも、サーバーからグラスに注いでくれるので、子供にとっても特別な瞬間を見せることができました。ビールのおいしい注ぎ方も教えてくれます。その注ぎ方を実践すると、確かにおいしい。飲み物をいただいてからは、お土産を買うこともできます。オリジナルの商品があって、どの商品も魅力的でした。

●●はじめに工場見学に行ったのは、働いていた職場での遠足でした。遠足で団体ということで案内の方も付いて下さり、ビールが出来るまでの流れで、ポイントごとの説明も分かりやすいものでした。子どもが見学するにおいても、ガラス越しに大きな機械が動いているのを興味を持って見たり、麦芽の匂いを嗅いだりなど体験する場もあり、興味津々で楽しんでまわることが出来ていました。また、見学の最後にはお土産を1人一個ずついただき、それも喜んでいた出来事でした。2回目以降は、プライベートでも工場見学と共に、レストランも利用させてもらい、美味しいビールと食事を楽しみました。レストランは5回以上は利用しています。送別会や子連れでのママ友との食事、お祝いの会などにもとても重宝しています。今後も工場見学、レストランともにたくさん利用させてもらいたいと思います。

30代男性

●●仙台の実家に帰省した際に、両親と妻と子どもたちを連れて工場見学へ行きました。工場見学では、できたてのビールを飲むことができるというので電車で向かいました。駅のすぐそばにあり、仙台からも電車で15分ほどの距離なので気軽に見学に行ける工場だと思います。私たちは体験ツアーというものに申込みましたが、これはネットから見学の3日前までに予約をする必要があります。案内スタッフさんがついて機会や醸造の過程を説明してくれたので、ビール作りへの知識も深まりました。ツアーの最後には、実際に自分でサーバーからビールをついで飲むことができたり、ビールの飲み比べを楽しんだりすることが出来ました。ビールを飲みながら食事を楽しめるスペースも充実しているので、見学の後は美味しい食事を楽しむことができました。

30代女性

●●普段何気なく飲んでいるビールですが、工場見学でその歴史と奥深さを知り、以来キリンのファンになりました。大きなビールタンクに圧倒されました。ビールのことを学んだ後は、できたてのビールを試飲できます。スタッフさんが、美味しく飲む為のビールの注ぎ方を伝授してくれます。きめ細かな泡を作るのが、ビールを美味しく飲むコツだとか。できたてのビールはそれは格別の味でした。見学者の中には子どもも多くいて、楽しそうに見学していました。日本のモノづくりの場を見せるには、お酒か否かにかかわらず子供に見学させるのも良いかもしれません。利きビール体験ができるコースもやレストランもあるようなので、次回は是非利用してみたいです。

●●家族と一緒に宮城県のキリンビール仙台工場を訪れました。近くのアウトレットに寄った帰りで、突然の訪問だったので予約をしていなかったのですが、少し待ってから見学させていただきました。私達家族6人と女性の方たちお2人で全部で8人の見学となりました。子供達も初めての工場見学にわくわくしています。ビールがどのようにできるのか、女性のガイドの方のわかりやすい説明により楽しく学べました。自分自身はビールはあまり飲めないもののこうやってビールができる工程を見て、とても興味深いとおもいました。試飲で出来立ての黒ビールスタウトを飲ませて頂き、とても美味しいと思いました。前よりずっとビールが好きになりました。仙台港に近いこちらの工場では、東日本大震災の大変な時を経て、今もこうしてビールがつくられていると思うと感慨深いものがありました。工場見学にいって本当に良かったです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●震災後、工場見学の内容が新しくなったと聞いて行ってきました。実際のタンクや工程の一部を見られるのはもちろん、ビールを作るのにつかわれる麦芽を食べることができたり、ビールとして完成する前の麦汁を飲むことができたりと、ただ見るだけでなく体験できる部分が増えていました。また、タンクを冷やしている冷たさを実際に触って感じることができたり、缶ビールの作り方を見せてもらえたりと、内容が充実していて子どもはもちろん大人もかなり楽しめました。敷地内には「津波到達高さ」の印があり、工場も津波の被害にあったということを改めて認識できます。工場が普通に稼働してい、本当に頑張ってここまで戻したんだなあと、感慨深く見学しました。見学の後のビールの試飲も以前に比べると種類が増え、ますます楽しみになりました。運転手も、今まではお茶やジュースのみでしたが、ノンアルコールビールを選ぶことができるようになっています。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●当日の電話予約でも見学対応してくれました。案内の人と一緒に説明を聞きながら工場を見学しました。缶ビールや瓶ビールの工程を見ることが出来ます。途中麦芽を触ったり、まだビールになる前の試飲が出来ました。案内してくれた方も質問をすれば丁寧に答えてくれました。最後にビールの試飲が30分で3杯まで飲むことが出来ます。普通のビールや黒ビールがありました。お酒が飲めない方や運転する方には、ジュースがありました。あと、お菓子の試食も出来ました。そのお菓子は売店で買うことが出来ます。他にも缶ビールの美味しい注ぎ方をレクチャーしてくれました。これは、とても勉強になり実際に活用しています。他にもイベントを開催していて、輪投げに挑戦してジュースを頂きました。普段見ることが出来ないし、試飲や試食もあったりでとても満足した工場見学でした。また、機会があれば見学に行きたいと思っています。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ