鳴子峡

更新日:2018年12月7日

宮城県大崎市の「鳴子峡」は紅葉スポットとしても知られています。標高はおよそ160~260m、V字峡となっており、鳴子峡レストラン前にある見晴台からの景色が絶景です。毎年の開花予想は10月下旬頃から11月初め頃となっており、見られる種類もタカノツメ・ハウチクカエデ・ヤマモミジ・ナラ・ブナなど種類豊富。

基本情報

読み方 なるこきょう
住所 宮城県大崎市鳴子温泉
電話番号 0229-83-3441/鳴子観光・旅館案内センター
公式サイト こちら
例年の見頃 10月下旬~11月初旬
開園時間 自由散策
紅葉樹の種類 ハウチクカエデ、タカノツメ、ウリハダカエデ、ヤマモミジ、ブナ、ナラ
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 無料
温泉
駐車場
アクセス JR鳴子温泉駅→車10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●宮城県の紅葉と言えば鳴子峡とするくらい人気のスポットなだけに紅葉の季節は人が沢山いると思います。最近は外国人の方も見掛けるようになったと思います。山一面の紅葉を展望台からあとは橋から観る事が出来るので色々な角度から楽しめるのも魅力の一つだと思います。紅葉の木々の中を電車が通るのも観てて楽しいです。実際に電車に乗った事は無いですが、電車から観るのもまた楽しそうだと思います。私は行った事がある全てが曇りだったので、晴れていたらもっともっと綺麗だったのかなと毎回思ってました。食堂や出店などもありお昼時や小腹が空いても長時間楽しめる場所だと思いますし、トイレもちゃんとあるのでトイレの心配はありません。出店にある味噌田楽や味噌だんごがオススメです。家族はイワナの塩焼きが美味しいと食べていました。駐車場も広いので車で来てもオススメです。

30代男性

●●宮城県大崎市にある紅葉スポットです。毎年10月中旬から11月中旬にかけて、ブナ、ナラ、カエデ、モミジなどを中心に赤や黄色の色鮮やかな紅葉を見ることができます。鳴子峡というだけあって深さ100mほどの渓谷があり、底には大谷川が流れています。この渓谷があるおかげで紅葉を立体的に見ることができ、更には渓谷に架かる大深沢橋と相まって、他の紅葉スポットでは見れないような独特の情緒を作り出しており、まさに絶景の一言でした。付近には鳴子峡レストハウスがあり、紅葉を見ながら簡単な食事を取ることができます。また、遊歩道も整備されているため、紅葉を楽しみながら散策することもできます。このエリアは鳴子温泉郷と呼ばれ、県内有数の温泉地でもあるので、温泉を楽しみながら紅葉も見れる最高の場所でした。車利用の場合、駐車場に停めることになりますが、紅葉期間は有料になりますので注意してください。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●鳴子温泉を流れる大谷川の浸食でできた渓谷で、高さ100mの断崖絶壁が約2.5Km続いています。遊歩道は一部が落石の為閉鎖中ですので、一周2.2Km、徒歩約50分の大深沢遊歩道が紅葉狩りのできる遊歩道です。平成20年に新しく作られた遊歩道で道幅や勾配等を考量して歩きやすく作られました。紅葉のシーズンは観光客も多く遊歩道も結構行列が続きます。

大深沢橋や遊歩道途中の展望デッキ等上から見下ろす紅葉は赤、黄色、緑そして岩肌が入り混じってバランスが取れていて圧倒される風景です。このような景色はなかなか他では見ることができません。更に大谷川の川べりから見上げる紅葉も高さが100mあり頭上を覆うように広がる風景にも圧倒されます。上からの目線と下からの目線の両方を同じ場所でこれだけ大規模に楽しめるのはここ宮城県の鳴子狭だけではないでしょうか。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ