仙台市博物館

更新日:2018年12月7日

ここはあの伊達政宗の伊達家から寄贈された資料が、多く保管されている博物館です。中には伊達政宗や豊臣秀吉の使っていたとされる用具や陣羽織なども保管されているので、歴史を知りたい方は、こちらに訪れると詳しい知識を得ることができます。その他にも、仙台に関わる貴重な資料なども保管されています。

基本情報

読み方 せんだいしはくぶつかん
住所 宮城県仙台市青葉区川内26番地(仙台城三の丸跡)
電話番号 022-225-3074
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時45分
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日(土日祝の場合は開館)
年末年始
入館料 大人400円 高校生200円 小中学生100円
年間パス 大人3,000円 高校生2,000円
駐車場
アクセス 仙台駅西口バスプール9番乗場から仙台市営バスで10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●仙台・宮城エリアを中心とした歴史的な資料を数多く展示している博物館で、仙台市都心部西部の元仙台城三の丸の位置に立地しています。2015年に開業した仙台市地下鉄東西線の国際センター駅から徒歩で行けるので、アクセスも以前より良くなりました。常に見学できる常設展と、期間によって展示物が入れ替わる特別展があります。常設展は仙台藩時代の物が充実しており、伊達政宗関連の展示品が数多くあります。主な展示品としては、ユネスコ記憶遺産に登録され国宝にもなっている慶長遣欧使節関係資料や、重要文化財の伊達政宗所用・黒漆五枚胴具足、陣羽織、豊臣秀吉が伊達政宗に寄贈した銀伊予札白糸威胴丸具足などがあります。仙台市博物館のすぐ近くには仙台城跡や、伊達政宗を祀る霊廟・瑞鳳殿があるので、一緒に訪れてみると、より深く歴史を知ることができると思います。

30代女性

●●仙台市博物館は仙台市の歴史に関係のある品が展示されている常設展と定期的に入れ替わる特別展があります。常設展では主に仙台藩主の伊達家関わりのある飼料や物品が展示されていますが、その他にも戦国時代以前の物品もあり、どのようにして仙台市周辺が発展、成長していったのか勉強することが出来ます。私は伊達正宗公が好きなので、伊達家ゆかりの品々を見て、当時の正宗公の様子を想像して楽しむことが出来ました。また特別展では様々なイベントが期間限定で開催されています。私は何度か行ったことがありますが、その中で一番印象に残っているのは吉村作治教授が主催している古代エジプト展です。もう何千年も前の物なのに結構状態が良くて驚きました。お客さんも沢山いて混雑していました。見どころが沢山あり楽しい時を過ごすことが出来ますが、特別展の入場料が結構高い気がします。もう少し安ければ良いのにと思いました。また博物館の近くには青葉城跡があり、そちらも伊達家の歴史を感じることが出来てお勧めです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ