花王 酒田工場

更新日:2018年12月7日

花王の酒田工場では実際に製品が製造されている様子ではなく、製造された製品が各地に出荷されていくまでのあいだ、どのようにして保管されているのかなどについて知ることができる、自動倉庫に関しての見学となっています。製品の製造工程がみられる工場見学とは視点の異なる工場見学で、珍しい分野の内容となっています。

基本情報

読み方 かおう さかたこうじょう
住所 山形県酒田市大浜2-1-18
電話番号 0234-34-5511
公式サイト こちら
見学内容 自動倉庫の見学
見学料金 無料
見学可能日時 平日:9時~12時、13時~16時
見学可能人数 10~80人
対象年齢 特になし
予約方法 電話
お土産 要問い合わせ
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 60分
駐車場
アクセス 【電車】JR酒田駅より車で10分
【車】庄内空港より25分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●工場見学にいってみて、製品の製造工程や梱包工程を学んできました。大手の花王で自分自身馴染みのある製品のできるまでを見れるのはとても勉強になりました。説明をしてくださった社員の方のお話もわかりやすく、質問にもとても丁寧に答えてくださいました。私がとくに印象に残っているのは、入浴剤のバブについてでした。成分や使っているものの詳しい説明まではなかったものの、大量に出来上がってくるバブのゾーンは入浴剤の香りがしていました。一つ一つ袋に詰められていくスピードもすごい速さで驚きました。そのあとの箱詰め作業までは見れませんでしたが、日付やラインによってバブの匂いが違うものを作っているとの説明を受けました。帰りには見たばかりのバブ単品を2ついただき普段できない体験ができ、楽しく見学を終えることができました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●花王酒田工場は、中国での紙おむつ需要に対応するために2年ほど前に工場を新設したそうです。最初に案内役の女性社員から会社の概要説明を受けましたが、きれいな会議室で、スライド上映なども交えてとても分かりやすい内容でした。全国に数か所ある工場の中でも、酒田工場が一番古いことを知りました。概要説明の後に工場見学をしましたが、見学コースが広くとられ、所々にモニターがあり、そこでも詳細を説明してくれるので、機械が何の作業をしているかもすぐに理解できました。端から数十メートルはあろうかと思うラインに作業者が数名しかおらず、かなりの部分で自動化が進んでおり、コスト軽減に寄与していることが分かりました。約1時間の見学コースの最後は、女性社員が、入浴剤などのお土産を配ってくれました。無料で見学させていただきお土産付きだったので、感謝しきりです。観光ついでに寄ってもいいとのことでしたので、近くに旅行される方は、ぜひ予約してみてください。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ