蔵王山

更新日:2018年12月7日

山形県山形市の「蔵王山」で色づく紅葉の姿を家族で観賞してみませんか?刈田岳や地蔵山を赤やオレンジで鮮やかに染め上げる姿は圧巻の一言。ロープウェイから迫力ある光景を楽しんでください。車窓からも紅葉が望めるのがポイント!見られる主な種類はコシアブラやミネザクラ、ミヤマナラとなっています。

基本情報

読み方 ざおうさん
住所 山形県山形市
電話番号 023-694-9328/蔵王温泉観光協会
公式サイト こちら
例年の見頃 10月中旬~下旬
開園時間 自由散策
紅葉樹の種類 カエデ、ブナ、ナラなど
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 無料
温泉
駐車場
アクセス 山交バス「蔵王刈田山頂」バス停から徒歩

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●山形県と宮城県の境に位置する蔵王山は10月中旬から下旬にかけて紅葉の見ごろを迎えます。私は宮城県に住んでいますが、蔵王山には毎年紅葉狩りに出かけて行きます。まず国道278号線で山形市に入ります。そこから西蔵王高原ラインに入って蔵王山を目指します。西蔵王高原ラインは蔵王温泉に近づかないと紅葉は奇麗にみられません。

次に蔵王温泉から蔵王ラインに入っていきます。この蔵王ラインも奇麗な紅葉は見られますが単発的です。

そして次は蔵王エコーラインです。ここまで来ますと結構奇麗な紅葉が道路近くで見られるようになります。段々と標高が高くなって来ますのでそれに比例して山全体が赤と黄色に染まってきて色鮮やかな紅葉に思わず見とれてしまいます。印象に残った所では車を止めてゆっくり見ることもあります。

そして最後は蔵王ハイラインに入ってお釜の近くまで行きます。展望台から見ると山全体が紅葉していて色の調和の見事さに感嘆します。紅葉を堪能しましたらこのまま蔵王エコーラインで宮城県側に降りて帰宅します。これが私の蔵王山の紅葉狩りコースです。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ