USJ混雑予想カレンダー2018年

更新日:2018年12月7日

USJことユニバーサル・スタジオ・ジャパンの混雑具合を予想してみました。最新の2018年バージョンです。1月から12月までの毎月の来園者の口コミもご紹介しています。時期によって混雑状況はもちろん異なりますし、また同じアトラクションでも人によって感じ方は異なります。リアルな生の声もチェックしてみて下さい。

混雑予想カレンダー2018

2018年のUSJ混雑予想カレンダーです。天候などの気象条件は同じと想定して予想をしています。実際の入場者数は当日の天候や交通機関のトラブルなどによってもかなり左右されてしまいますので、あくまで予想として参考にしてください。

単純なことではありますが、やはり混雑が予想される日に行くのと、比較的空いているであろう日に行くのとでは、アトラクションやショーを楽しむ回数も大きく差が出てきますので、混雑度が低そうな日に遊びに行くことをおすすめします。

1月2月

冬の時期ですので、寒いことと営業時間が短めであることから、比較的混んでいない時期と言えます。お正月休みの時期さえ気をつければ大丈夫かと思います。

3月4月

3月は学生の春休みに入り、そして卒業旅行シーズンとも被りますので、かなり混み合います。混雑とは関係ありませんが、花粉症の方は花粉対策もお忘れなく!

5月6月

ゴールデンウィークはもはや説明不要かと思いますが、とにかく大混雑します。一方、5月下旬から6月末まではそんなに混み合うことも多くないのでおすすめです。

7月8月

1年の中で最もパークが賑わうのが7月後半から8月末の約1ヶ月半の間です。夏休みやお盆休みなど、学生から社会人までとても多くの来園者で賑わいます。

9月10月

9月はシルバーウィーク、10月はハロウィンイベントがあるため、それぞれ他の月と比べると混み合いやすいです。また、10月以降は日が落ちると急に冷え込みますので注意が必要です。寒さ対策も準備してから行きましょう。

11月12月

夏の時期と比べると徐々に寒くなって、営業時間も短くなってくることから、いわゆる大混雑することはそんなに多くはなくなります。ただし12月はクリスマスイベントがあるため、クリスマスが近づいてくると混みやすくなります。

特別なシーズンの体験談

上でご紹介させて頂いた各月のカレンダーのページでは、短い感想や体験談を月ごとにまとめてご紹介しておりますが、こちらのコーナーでは、実際に遊びに行かれた方から頂いた長めの旅行記や体験談を、リスト形式でご紹介していきます。

おすすめの月と曜日

言うまでもなくゴールデンウィークやシルバーウィーク、夏休み、お盆休みなどといった時期は大混雑しますが、逆に意外と混んでいることの少ないおすすめのタイミングをこちらのスペースを使ってご紹介したいと思います。

月について

月単位で見るとそれほど混まないであろうおすすめの月は「2月」と「6月」です。実はUSJのみに関する話ではなく、他のテーマパークやレジャー施設でも2月と6月は狙い目と言えます。

2月は気候的にまだまだ寒くて、外に出たがらないケースが多いという点が大きいです。また学生もまだ授業が残っています。6月は梅雨の季節で天気が崩れやすいことに加えて、5月のゴールデンウィークで旅行に行ったり、8月の夏休みで旅行を計画しているという方々があまり来園しないという点が挙げられます。

曜日について

1週間は7つの曜日がありますが、まずできるだけ避けて頂きたいのが週末です。誰でも簡単に予想できることだとは思いますが、やはり平日よりも週末の方が混雑します。学生から社会人・ファミリーまで誰でも来ることができるからです。

となると残るは平日でもどの曜日がいいのか、という点です。当サイトのおすすめは火曜日・水曜日・木曜日です。月曜日と金曜日は土日と併せて有給休暇を取って、連休にするケースも多いからです。ですので、火水木の3つの曜日がおすすめです。

混雑日の攻略法

USJは、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーに次いで、日本で3番目に多くの入場者を集める大人気テーマパークですから、空いている日よりも混雑している日の方が多いです。そんな混雑している日の対処法を簡単にご紹介します。

ユニバーサル・エクスプレス・パス(優先搭乗券)を購入する

混雑している日はユニバーサル・エクスプレス・パスがおすすめです。これは人気の高い特定のアトラクションに並ばずに乗れる優先搭乗券で、いくつかの種類があります。

軽い程度の混雑であれば、ユニバーサル・エクスプレス・パスがなくても楽しめると思いますが、ゴールデンウィークやお盆休みなどといった繁忙期には、これがないとあまり多くのアトラクションには乗れないかもしれません。

シングルライダーを活用する

USJには複数のアトラクションにシングルライダー制度が設けられています。これはグループではなくて1人でアトラクションに乗る場合、優先して案内してもらうことができる制度で、ユニバーサル・エクスプレス・パスを使うのと同じくらい待ち時間を短縮することができます。

当日のパーク内の混み具合などを見て、利用するかしないかを検討してみて下さい。カップルだと難しいかと思いますが、友人やグループなどで訪れていて、当日とても混んでいるなんていう日にはかなり利用価値があると思います。導入されているアトラクションは以下の通りです。

食事の時間をずらす

アトラクション以外に混みやすい場所として挙げられるのがレストランです。混雑日には、お昼時やディナータイムなどは席に着くまでも待つことがほとんどです。また、食事に関しての厄介なところは、事前予約ができるレストランが「パークサイド・グリル」しかないうえ、パーク外からの持込みも不可である点です。

それならば、一度退園して外で食事を済ませてから再入園すればいいのではないか、と思うところですが、実は再入園も「年間パス保有者」と「USJオフィシャルホテル宿泊者」にしか認められていませんので、この手段も使えません。

そうなると残っているのは、最も原始的な方法である食事の時間をずらす手法しかありません。他の人よりも早い時間、もしくは遅い時間に食事をとることによって、レストランでの待ち時間を短縮することができます。

空いている日の攻略法

2月や11月などといった閑散期の平日は、比較的空いていることも多いです。また、梅雨のシーズンである6月もそんなに混雑することは多くありません。そのような空いている日であれば攻略法を全く知らなくても大丈夫です。

というのも、大型アトラクションが多いUSJではアトラクションの回転率も良いので、好きなアトラクションから順番に乗って行ったとしても、ほとんど全ての人気アトラクションを回ることができるからです。

さすがに夕方頃に入園したのでは、全人気アトラクションを回るのは時間的な問題で難しいとは思いますが、もし午前中から閉園時までパーク内にいるのであれば、人気アトラクションを全部回るのはそれほど難しくないはずです。

天気にご注意を!

特に雨が降りやすい梅雨の時期や、強い雨風が発生しやすい台風のシーズンなどは、アトラクションを効率的に回る攻略法云々よりも、アトラクション自体がオープンしているかに注意が必要です。

ちょっとくらいの雨風であればクローズすると言うことは滅多にありませんが、屋外に設置されているアトラクションの多くは、強い雨風でクローズすることもあります。同様にショーやパレードも中止になりやすいですので、その点だけ気をつけておくようにしましょう。

ページの先頭へ