名古屋港水族館

平成4年(1992年)にオープンし、約500種、24000点を展示。飼育、延べ床総面積41529平方メートルに及ぶ世界でも指折りの水族館です。北館と南館に分かれており、それぞれ「35億年はるかなる旅~海に戻った生き物たち~」と「南極への旅」というテーマがもうけられています。

巨大なパフォーマンスプールで行なわれるイルカやシャチのショーは圧巻です。ウミガメやベルーガ、シャチの繁殖や研究も盛んで、多くの成果をあげています。

基本情報

読み方 なごやこうすいぞくかん
住所 愛知県名古屋市港区港町1-3
電話番号 052-654-7080
公式サイト http://www.nagoyaaqua.jp/aqua/
営業時間 9時30分~17時30分(時期によって変動あり)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
12月29日~1月1日
入館料 一般:2,000円 小中学生:1,000円 幼児:500円
年間パス 一般:5,000円 小中学生:2,500円 幼児:1,200円
駐車場
アクセス 【電車】地下鉄名港線名古屋港駅3番出口から徒歩5分

混雑予想

名古屋からのアクセスが良いこともあり、週末は混み合いやすいです。平日はそれほど混雑するというイメージはありません。ショーなども落ち着いてみたいという場合は平日を選ぶようにしましょう。

もしゴールデンウィークやお盆休みなどといった繁忙期に遊びに行く予定という場合は、事前にどの時間帯のショーを見て、どこの水槽を順番に回っていくかなどを決めておいた方がいいかもしれません。もしくは比較的混雑の少ない朝・午前中から出かけるのもいいと思います。

攻略法

名古屋港水族館は東海地方を代表する水族館です。遊園地や動物園を含めても、東海エリア屈指の人気を誇るアミューズメント施設と言うことができます。特に攻略法というものはありません。好きな場所・生き物から順番に見ていけば大丈夫です。

ちなみに館内でも目玉的な存在なのが「メインプール」です。北館にあるメインプールは長さ60メートル・幅30メートル・水深12メートルの世界最大級のプールです。このプールでイルカのショーなどが開催されています。

口コミと評判

20代男性

●●愛知県では最大、日本で見ても最大規模の名古屋港水族館は、やはりとても見ごたえがあります。とても大きな水槽があるのはもちろんのこと、大水槽には色鮮やかな様々な魚があふれ、大人気のイルカショーやアシカ、ペンギンの散歩など、イベントもたくさんあります。しかし、そんな大人気の大水槽やイルカたちをしり目に私が毎回楽しんでいるのは、日本の海の水槽です。この水槽を見るまでは、海外に比べたら鮮やかさはあまりなく、大きさで驚かせてくれる魚も少ない、見慣れない魚もあまりいないだろうと思っていました。けど、名古屋港水族館の日本の海水槽で見た日本の海は、その印象を完全に裏切ってくれました。日本の海にもこんなに鮮やかで、大きくて、見たこともないような魚がいるんだ、そう思っていると、いつまで見ていても飽きることはありません。たまには、身近なところにも目を向けてみると、違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

20代女性

●●名古屋港水族館は私にとってとても身近な存在でした。愛知県在住なので、小さいころからよく行っている水族館です。ベルーガの赤ちゃんが生まれた日も、たまたま行っていたので、生まれたばかりのベルーガの赤ちゃんを見ることができました。テレビ局も取材に来ていて、いい場所だから譲ってくれないかと言われました。カメの赤ちゃんが生まれた日も行きました。結構な頻度で動物の赤ちゃんが誕生しているので、何度行っても飽きません。イルカのショーも迫力満点です。屋外なので、春や秋など熱くも寒くもない季節に行くのがいいと思います。夏休み中などは、夜間もやっているので涼しくて良いかと思います。ペンギンが泳いでいる姿が可愛くて見ていて飽きません。

●●名古屋港水族館は今までに何度も行きました。愛知県最大の水族館といわれているだけあって、とても見応えがたっぷりです。とにかくたくさんの海の生き物たちが見られ、珍しい魚なども見ることができます。イルカショーもあり、ショーの完成度がとても高くしっかり教育されているかんじが受け取れます。前のほうに座れなかったとしても大きいモニターがありますので遠くからでも見やすいです。そしてこちらのおすすめは黒潮大水槽とよばれているもので、大量の魚の群れを見ることができるのですが、これがもう素晴らしい光景です。美しいとしかいいようがなく、ついついうっとりと時間を忘れて見入ってしまいます。本当に素晴らしいです。いちばんのおすすめポイントです。そしてとてもきれいなくらげも見ることができます。くらげもずっと見ていても飽きないほど美しいものばかりです。1日中いても飽きない水族館、ぜひおすすめします。

●●先日、名古屋港水族館へ行ってきました。駐車場は広いのですが、車で来られてる方が多く満車だったので、近くのコインパーキングに止めて歩いて行きました。さて、私の目当てはイルカです。水族館へ入るまでに一番最初に目に印象強く飛び込んできたものが、海に浮かぶ大きな船です。海を眺めてるだけでも癒されました。いざ水族館へ入ると、一番最初にいた動物が私のお目当てのイルカでした。最初からイルカが見れるとは思わなかったのでとても興奮しました。水槽も横長で大きく沢山の方が見やすい構造でとても嬉しかったです。イルカは家族なのか4匹ずっと一緒に泳いでおり、見ているだけで微笑ましく癒されました。またシャチもいて驚きました。何年ぶりに本物を見ただろう・・・と、ついつい見とれてしまいました。シャチも親子で、子供が母親のお腹にピッタリとくっついていて、とても可愛かったです。しかしシャチは本当に大きいですね。迫力がたまりませんでした。その他にもアマゾンに住む動物やクラゲ、ペンギンなどがいて心が和まされました。名古屋港水族館での私が印象強かったイルカとシャチをメインに書かせていだたきましたが、どのエリアにも満足しております。家族連れの方、カップル、友達同士と色々な方が来られていました。また、ちょっとしたショッピングモール・フードコートもありましたので、水族館だけでなく色んな楽しみ方ができ、とても満足できました。

●●個人的にベルーガというイルカが好きなので、それを見に名古屋港水族館へ行ったことがあります。ベルーガのいる水族館はあまり無く、またその愛くるしさからとても人気でした。この水族館は他にもシャチの親子がイルカと一緒にショーに出てきてくれたりと、他の水族館にはいない珍しい生き物が沢山いるように思います。イルカショーも楽しいので、どの時間帯にいっても一定のお客さんがいる印象です。他に面白かったコーナーはヒトデを触るコーナー、ペンギンが沢山いるコーナーです。どちらも子供が大はしゃぎしていて物凄く人気でした。ペンギンに関しては等身大ほどのペンギン像と記念撮影できるコーナーが設けられていて、その横にはペンギンの種類別に詳しい解説が書かれていました。水槽も大きく、勢いよく泳いでいる姿とヨチヨチ歩いている姿の両方が見られるので大興奮でした。全体的にとても楽しめたので、何回でも行きたいと思える水族館です。

30代男性

●●名古屋にある規模としては大きな水族館です。入場料2,000円というのが少しお高く感じますが、実家が近いということもあり何度も利用させてもらってます。名古屋港水族館のイルカショーは地上からプールを観覧できる場所と水中の様子を観覧できる場所があるので、いつも最低でも二回は楽しんでいます。

まず地上からイルカ達の華麗なショーを観覧し、それから水中が観覧できる場所からそれらの難しい技を決めるためにもの凄いスピードで泳ぎ勢いをつけるイルカ達の迫力を楽しむのが私のオススメです。

30代女性

●●土日だとかなり混み合うので平日にチケットを購入して来園しました。水族館の中は思ったより広々していて、水槽もとても大きく我が家の息子もとても喜んでいました。

インターネットでイルカショーが人気という口コミがあったのでとても楽しみにしていたのですが、実際のショーは音楽とともに一斉にイルカが大ジャンプして水面から飛び上がったり、また潜ったりとよく訓練されているようで近くで見ていた私たちはとても感動しました。平日に来園するとショー待ちの観客が少ないのでいい席にすぐに座れるのがいいですね。

それから、珊瑚礁の海をテーマにした水槽のコーナーもあったのですが、水槽の中に色鮮やかな熱帯魚たちが広々と気持ちよさそうに泳ぐ姿は見ているこちらも気持ちいい気分になりました。

帰りに売店で子供たちに気に入った水族館のキャラクターのぬいぐるみを買って帰りました。子供たちにとってはこういうことが思い出に残るのだと思います。

●●入館すると、まずシャチ、アザラシ、イルカ、ベルーガの大型水槽を見ることができます。特にシャチは4頭くらいいて迫力があります。シャチ、イルカ、ベルーガはここ数年でそれぞれ赤ちゃんも産まれていて、親子で泳ぐ姿はなんとも癒されます。イルカショーは1日数回開催され、何度見ても飽きることはありません。南館の方へ行くと、マイワシのトルネードというイベントが幻想的でおすすめです。ペンギン水槽にはたくさんのペンギンがいて、なんとも可愛らしいのと同時に水に潜ったときの俊敏さに驚かされます。また、ペンギン水槽を通過すると映画館があり、海の生き物に関連する短編映画等がが常時上映されていてこちらも意外とよかったです。現在南館はリニューアル工事中ですべてを見ることはできませんが、現在展示されている魚たちだけでも見応えはあります。リニューアルオープンが待ち遠しいです。

●●家族で行きました。入口からすぐシャチを見ることができるので娘も大喜びでした。水槽の前にいるとスーッとシャチが近くまで来てくれて写真が撮りやすかったです。シャチはまだトレーニング中とのことでショーには出ていませんでしたがトレーニング風景を見ることができました。大きな体で泳ぐ姿は圧巻でした。イルカのショーや魚の展示も順路通りに回れば一通り見ることができます。深海魚は不思議な形のものが多くて面白かったです。荷物は入ってすぐのロッカーに預けることができ、順路を終えるとすぐロッカーの近くに出れるようになっていたので助かりました。お土産やさんも海の可愛い動物の雑貨が多く、娘はぬいぐるみや文房具を買って喜んでいました。特にペンギンの赤ちゃんが可愛かったです。名古屋駅から地下鉄で行くには乗換が必要なので少し不便ですが、また機会があったら行きたいと思います。

●●名古屋港水族館は、大人入館料2000円と高めでしたが、とても楽しめましたし、家族と行って良かったと思いました。中はとても広くて、迷ってしまいそうでした。私と家族が水族館に行ったその日は、たくさんの園児たちもいて(遠足だったのだと思いますが)、ずっと賑やかで、魚たちを静かに見ることはできませんでしたが、イルカのショーは見ていてとてもかわいくて、楽しかったです。長い時間、イルカたちが人間の指示に従って動いているのを見て、よく訓練されているなぁと思いました。シャチをガラス越しに見る事ができたのが嬉しかったです。シャチの大きさには圧倒されましたが、シャチもかわいい顔をしていて、来館者を歓迎しているように感じました。シャチが親子で泳いでいるのを見れた時はとても微笑ましい気持ちになりました。お土産売り場で記念となれる物を買いました。ペンギンですが、こちらが話した事を真似して話してくれます。名古屋港水族館、今度はゆっくり見てみたいです。

●●今年の春に2歳前の娘を連れて遊びに行きました。館内は広く、色々な海の動物を間近で見る事が出来て、すごく迫力がありました。入り口すぐのシャチの水槽では、大きなシャチが水槽越しに間近で見れ、その奥のイルカの水槽では、沢山のイルカが私達人間の方へ向かって泳いで来るなど、本当にビックリする位距離が近く感じられるので、じっくり観察したい方、子供は勿論、大人にもお勧めの観光スポットです。イルカショーも水槽が広く、イルカの芸も楽しかったです。普段あまり馴染みの無い魚もいますし、亀やペンギン、珊瑚などもいます。直接触れられないですが、人間に対してフレンドリーなのか、水槽越しにやって来るので面白かったです。水族館すぐ横には、小さいですが遊園地もあり、モールもあるので、全部回れば1日遊べる施設だと思います。中部地方の水族館は絶対にここがお勧めです。

40代男性

●●今年のゴールデンウィークに名古屋港水族館に子供二人と行ってきました。まず、込み具合としては、朝イチにいったのですが、それなりに人がおりました。建物の近くの駐車場が停められなく、やや歩くところなら駐車スペースが空いているという混みレベルです。水族館の中は、小さい魚から大きいものまで幅広くいるため、それなりに楽しめると思います。また、アトラクションのようなものも行われているので、開催時間を確かめて行くといいと思います。アトラクションでは、イルカによるパフォーマンスのようなものを行っておりました。とても楽しいのですがひとつ注意点。絶対に濡れますので、濡れたくない場合は前のほうの席に座らないほうがよいかと思います。お土産については、ぬいぐるみ、お菓子、文房具など、こちらも幅広く用意されており、よかったのは年齢層が幅広いことです。子供用も大人用もまんべんなく用意されていたので、それぞれを購入することができました。

●●私は、毎年名古屋港水族館に2回行きます。隣の静岡県在住ということもあり、近場だから行くということも理由の一つです。 しかし、名古屋港水族館のイルカのショーは音楽と映像、イルカの集団演技など、年々魅力的になってきております。トレーナーの方の努力を感じずにはいられません。正直、全国の水族館に行きましたが、名古屋港水族館のイルカのショーを見てしまうと、他のどの水族館のそれが物足りなく感じてしまいます。 本来の大海を自由に泳ぎ回る生活を捨てて、来る人たちに大きな喜びと感動を与えてくれるイルカたちを見ていると、自分ももっともっと人のために頑張らねば…。と感じさせてもらえます。 もう一つの魅力は、ペンギンたちです。食事のとき大きなペンギン水槽の中で、列をつくってならんでエサを食べにくるペンギンたちに愛おしさを感じます。また、冬にはペンギンウォークがあり、間近でペンギンたちの歩く姿を見ることができます。 季節により様々なイベントがあり、日本一と思われるイルカのショーを見られる名古屋港水族館は、デートスポットの定番です。 ぜひ、一度は来場されることをお勧めいたします。

40代女性

●●駐車場は沢山あるので停めれなかった記憶はありません。ただ、場所により水族館までの距離か少しある所もあります。海沿いなので風がとても強いです。入場料は少し高いかな…と感じました。いつ行っても混んでいるので、幼児だとなかなかうまく見れないかも知れません。イルカやシャチのショーもあり大人から子供まで楽しめます。建物の中にもイルカやシャチの飛び込んだ水槽の中が見れる場所もあるので、また違った角度からショーを楽しむこともできます。ヒトデや貝などに触れられるスペースもあり小学生などはとても楽しめるのではないでしょうか。食事をする施設が一箇所しかなくとても混みあうのでお弁当持参で行くか、食事を済ませてから行くと良いです。

●●ついに念願叶って名古屋港水族館に行ってきました!海の近くで育ったので、引っ越して海が見れないのが、そして近くに水族館がない生活がどんなにさみしかったことか。名古屋港といえば、私の地元千葉の鴨川シーワールドから引っ越していったシャチたちです。とても楽しみにしていったのですが、シャチだけに関して言えばちょっと残念でした。なぜならプールが狭そうで、(私が見たときは)元気がないように感じたからです。鴨川で見ていた頃は、家族みんなでのんびりと過ごしているように見えたのになぁ。トレーナーさんの中に、シーワールドのウエットを着ている方がいたので、ちょっとだけ安心しました。それ以外でいうと、ベルーガは超贅沢なプールで暮らしておりました。あとは、イルカプールの水中をみる場所が広い階段になっていて、混み合っていてものんびりと見ることができます。あの場所は大好きです。

●●子ども達と2回行きました。今まで関東にある水族館を中心に、いろんな水族館をみてきたのですが、正直期待していたほど特別なことはない感じがしました。海が近いので景色はいいです。入口のそばが海で眺めもなかなかいいです。水族館の中は結構混んでいて、静岡県西部の幼稚園、保育園からも遠足で多くの子ども達が来ます。そういった意味ではわりと小さい子ども達が大勢いるのでわいわい賑やかです。自分達が行ったときにはイルカのショーとベルーガのトレーニングが見られました。子ども達がすごく喜んでました。一つひとつちゃんと見て回ると意外と時間がかかりました。ほとんどが見て楽しむものなので小さい子はわりと飽きるのも早くて、うちも入学前の末っ子も後半は退屈していました。少し触れるものがあったりしたなら良かったかなと思います。シャチもいますが、シャチのショーはありませんでした。個人的にはごく普通の水族館に思えました。

50代男性

●●名古屋港水族館は名古屋市の南にある水族館です。この水族館の目玉はなんと言ってもイルカのショーです。イルカがジャンプするのは圧巻です。小さい子供はもちろんですが、大人まで楽しむことができるショーです。また、水族館の観覧はちいさな、カニなどがすぐ近くで見れるスペースがありましたし、ペンギンがまるで映画のスクリーンのように見れるスペースがありました。ペンギンの像があり小さな子供と写真をとるなどして楽しむことができました。トンネルをくぐるようなところでは、頭の上を魚が泳いでいったりしてまるで海の中にいるような雰囲気を楽しむことができます。水族館の外にはちょっとした遊園地、ショッピングセンターなどのレジャー施設もあります。外には南極へ行く船が見れたり、タイミングがいいと外国の巨大な観光船も見ることができます。水族館以外でも楽しむことができますので、一日中楽しむことができます。

50代女性

●●中部地方最大の水族館だけあって、いろいろな生き物が多く展示されています。シャチが見られる水族館は少ないので、好きな人にとっては貴重な水族館の一つかと思います。イルカのショープールもかなり広く、リアルタイムで画面いっぱいにショーの様子が映し出されるので、後ろの方の席でも楽しめる工夫がされている印象です。イルカは下の階で泳ぐ様子を見ることもでき、このスぺースもまた、白いじゅうたんが敷き詰められた癒しの空間になっています。魚好きの人にとっては、イワシのショー(イワシトルネード)も楽しめます。ここは大水槽にイワシの群れが泳いでいるところでのショーではなく、イワシのための水槽で行われるため、かなり壮大に感じることができました。個人的にはベルーガの練習風景をショーにしているところが好きです。ベルーガはその風貌だけでなく、動きも可愛く、見ているとあっという間に時間が過ぎていきます。見どころはたくさんあると思いますので、全体的に幅広い年齢層の人が楽しめる水族館だと思います。

60代~男性

●●私の地元でもある名古屋港水族館の事をお話します。愛知県の人なら知らない人はいない有名な水族館で、まず第一印象はとても広いです。敷地の中に昔使っていた船が置いてあり、その中も入る事が出来たりします。水族館の感じはアーチ状の水族館になっている所があって、上を見ても左右を見ても一面ガラス張りになっていて、さながら海の中にいるような錯覚さえして、とても臨場感のある感じになっています。所々に椅子も置いてあって、のんびりと座りながら見る事も出来ます。メインである大型の水槽には所狭しと何百何千もの魚が雄大に泳いでいて圧倒されると思います。ゆっくりと見ていると一日では見て回れないぐらいに広いです。若いカップルにはオススメのデートスポットではないかと思います。もちろん、小さなお子様がいる家族連れにもオススメです。

60代~女性

●●名古屋港ガーデン埠頭にある水族館で、南館と北館の二つの建物があり、中でつながっています。北館には、シャチを始めイルカや、白いイルカの仲間のベルーガ、アザラシなどがいます。大きなメインプールでは、巨大観覧席から訓練されたイルカたちのパフォーマンスを楽しめ、そのメインプールの下もガラス張りの水中観覧席となっていて、パフォーマンスするイルカたちの水中の動きも見ることが出来るようになっています。他の水槽では、シャチが家族で泳ぐ様子も見えます。飼育員の方が解説をしてくださり、その飼育員の姿を目で追うシャチの姿がとても可愛らしく感じられます。南館は、イワシのトルネードが見られる日本の海や、深海、赤道付近、南極の海と様々な海の様子を表現してあります。3層になった赤道の海はカラフルな魚や、エイ、サメなども居て、飽きることなく眺めていることが出来ます。もう一つ名古屋港水族館が力を入れているのが海ガメの繁殖だそうで、時期によっては、子ガメを見ることが出来るかもしれません。

ページの先頭へ