JAあいち経済連 パールライス安城工場(MOG)

更新日:2018年12月7日

お米を加工している工場の工場見学で、映像の視聴やもみすり体験をしたのちに、収穫された玄米が白米へと加工されていく工程を実際に見学することができる内容となっています。工場内の機械がどのような仕組みなのかを体感しながら学べるコーナーもあります。工場見学参加者には、ちょっとしたお土産も用意されています。

基本情報

読み方 じぇーえーあいちけいざいれん ぱーるらいすあんじょうこうじょう(もぐ)
住所 愛知県安城市高棚町井荒井3-1
電話番号 052-971-4694
公式サイト こちら
見学内容 玄米搬入や袋詰めなどといった製造ライン
見学料金 無料
見学可能日時 平日:13時30分~15時30分
見学可能人数 10~50人
対象年齢 小学生以上
予約方法 電話
お土産 プレゼントあり
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 60分
※小学生向けの80分コースと100分コースあり
駐車場
アクセス 【電車】JR東海道本線三河安城駅よりタクシーで15分
【車】伊勢湾岸道路豊明ICより15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●毎年12月上旬に開催される、パールクラブ会員を対象としたあいちの農畜産物ファン感謝祭で、JAあいち経済連 パールライス安城工場(MOG)の工場見学を、家族でさせて貰ってます。工場の中では、お米を精米したり、加工したりする工程を見学できます、工場はそこまで大きな施設ではないので、ゆっくりと見学して回っても30分~1H以内で十分見学できます。工場の見学順路の途中には、愛知のお米と他のお米(魚沼産コシヒカリなど)等との食べ比べといったイベントがあり、今まで何回か愛知のお米と魚沼産コシヒカリを試食してきたのですが、なかなか優劣つけがたいものがあります、艶もみずみずしさもそんなに違いないというか、愛知のお米の方に1票投票したりすることも多いです。私は実家が兼業農家だったので、子供の頃からいろいろ手伝させられていて精米の知識はあるのですが、昔は手作業だったので、家族総出の大変な作業でしたが、見学して精米の機械や技術、工場のコンピュータ管理など、農業もすごく技術進歩していることが理解できました。今の子供たちは、昔みたいに農業の手伝いをする経験なんてないでしょうし、こういった工場見学で、田んぼで育った稲が店頭で売られるまでの工程を理解できるよい機会だと思いました。みなさんもお子さんやお孫さんを、工場見学へ連れて行ってあげて、御自分の経験談など話してあげてはどうでしょうか。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ