トヨタ産業技術記念館

更新日:2018年12月7日

こちらでは、トヨタに関する繊維機械技術やトヨタグループの歴史、もちろんトヨタグループでつくられた自動車の細かい仕組みや、技術に関する歴史に関してもしっかりと学ぶことができます。また、小さなお子様にも楽しんでいただけるように、テクノランドでは遊具などで遊び楽しみながら自動車の仕組みなどを理解することができます。

基本情報

読み方 とよたさんぎょうぎじゅつきねんかん
住所 愛知県名古屋市西区則武新町4-1-35
電話番号 052-551-6115
公式サイト こちら
営業時間 9時30分~17時
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
入館料 大人500円 中高生300円 小学生200円
年間パス 大人1,200円 中高生700円 小学生500円
駐車場
アクセス 名鉄「栄生駅」から徒歩3分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●赤レンガの建物が印象的な、トヨタ自動車のミュージアムです。元々あまり自動車や工業の分野に関心がなく、面白いとは聞いていたものの、同伴者に連れられてしぶしぶ行きました。こういうところは、男の子が行くというイメージだったので…。ですが、期待を裏切る面白さでした。トヨタがこれまで自動車を作るのに使ってきた技術、機械が一堂に会しています。また、凄いと思ったのが実演が多いこと。館内にはかなりの人数のスタッフがいて、古い機械も、目の前で動かしてくれます。機織り機、プレス機、びっくりするほど多くの機械があり、ほとんどが動いています。機械は、動いているところを見てこそのものですね。鋳造の実演などもありました。入館料はかなり安いのに、あれだけのスタッフを雇えるなんてやはり世界のトヨタは凄いですね。気付いたら3時間は観ていました。また行きたいなと思うほど面白かったです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●トヨタ産業技術記念館は、以前仕事で近くを訪れたついでに行ったのですが、ついでの時間じゃ足りないぐらい見所があって楽しかったです。まず、トヨタ紡織時代の紡織工場の機械をそのまま残しているゾーンがすごいんです。私が行った時には、係員のお姉さんが丁寧に説明してくれました。機械の仕組みが感心するものばかりで、1つずつ見ていくととっても時間がかかります。それだけでも十分に楽しめるのに、後半には、自動車ができる過程を紹介したコーナーがあって、その1つ1つもとても見ごたえがあります。あとは、歴代の名車を展示してあったり、テクノランドなんてものもあったりして、とてもじゃないけど、数時間じゃ見たりません。時間がたっぷりある時にくればよかったと後悔しました。車好きなお子さんには、ワークショップなんかもあるので1日中楽しめると思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●トヨタといえば自動車のイメージですが、もともと自動織機(布を織る機械)の会社だったそうで、その時代からのトヨタの製品が多く展示されています。自動織機の歴史をたどるコーナーと、トヨタ自動車の歴史をめぐるコーナー、そして子供がたのしめるテクノランドなどがあります。圧巻なのは自動織機のコーナー。展示されている機械は巨大なものが多く、それらが実際動いて製品を作るところを随所に配置されたオペレーターの方が見せてくれます。大きな音と機械のスピードに驚かされます。自動車館は車好きにはたまらないのではないでしょうか?部品から製品まで多くの自動車関連の展示があります。テクノランドは子供たちが遊びながら学べる施設で、いつも大人気です。小学生未満の子供たちも遊べるコーナーがあり、平日でも大賑わいでした。こちらはレストランもあり、お値打ちに美味しい食事を食べることができます。建物自体昔の煉瓦造りの工場を残しているので、外観から楽しめる博物館です。

50代男性

●●名古屋駅前で観光バス「メーグル」の1日乗車券を買い、名古屋城、ノリタケの森を周り、トヨタ産業技術記念館にも立ち寄ってみました。家内とその両親を連れ立って入場したところ、父親が65歳以上だったため費用の免除を受けることができました。もっとも、正規料金を支払ったとしても、他の民間博物館と比べても随分とリーゾナブルなものです。展示館はトヨタグループの元々のルーツである織機関連のゾーンと、現在の主要事業である自動車部門の展示エリアとに分かれていました。織機については縁遠い存在であり、あまりピンと来ませんでしたが、手動の織機から大量生産を可能とする大型自動織機に至る進化の歴史がわかるようになっています。懇切丁寧にデモンストレーションをしてくれる説明員の方々が印象的でした。もちろん、車の開発の展示コーナーも充実していて見応え十分です。

50代女性

●●トヨタ産業技術記念館の最寄り駅は名鉄名古屋本線の栄生駅で名古屋駅から普通で2分ほどです。名古屋駅からゆっくり歩いて15分くらいで近くには陶磁器のミュージアムノリタケの森や昭和レトロな円頓寺商店街もあり散歩しながらゆっくりめぐると楽しいエリアです。 トヨタグループの発祥の地である豊田自動織機の工場跡地に作られた、トヨタの歴史を知ることができる博物館です。静岡県出身の豊田佐吉氏が母の機織りを見ていて自動織機の開発に努め、その子供である喜一郎氏に自動車を作るように勧めたところなど、パネルやジオラマ、実際の製品を展示して、わかりやすく大人にも見ごたえのある内容になっています。自動車開発中の工場の様子を実物大で作ったジコーナーでは先人たちの苦労のさまがよくわかります。織機コーナーでは1号機から最新の大型自動織機まで広い展示スペースに並べられています。車の製造ラインで使われている最新鋭の産業ロボットのデモンストレーションも見ごたえがあります。展示されている織機や自動車はすべて実際に使用できる状態に整備されているというのも驚きです。 また、家族連れにはテクノランドというコーナーがあり、こちらでは機械の仕組みなどがわかるように実際に操作したり体験したりできます。広々とした館内で外見はレンガ造り三角屋根の歴史を感じさせる建物です。500円でじっくりと楽しむことができる施設です。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●トヨタ産業技術記念館という名前を聞いて、難しそうなイメージを持っていたのですが、行ってみてまったく違うのに驚きました。広い敷地に昔からの赤レンガの建物と近代的な建物が一緒にある不思議な空間です。この記念館の中に「繊維機械館」と「自動車館」があり、それぞれの技術を見ることができます。トヨタは元々自動織機を作っていたことは少しだけ知っていましたが、歴史のある建物、古そうな展示物を見ると、ここからトヨタが始まったのかと感慨深いものがあります。その最初の自動織機から最先端の自動車の技術まで全部見ることができて車好きな人はもちろん、予備知識のない人や子供でも楽しめるように工夫されていて親切だと思いました。行った時には時間がなくてできなかったのですが、いろんな体験コーナーや実演コーナーがあるようで、今度また行ったときには参加してみたいと思います。

ページの先頭へ