越前大野城

更新日:2018年12月7日

越前一向一揆を収めた織田信長の家臣・森長可が1575年に築城しました。江戸時代には天領、譜代などの支配を受け1775年に消失、1795年には天守以外は再建されましたが明治になると廃城となり破棄されました。

現在、天守台に建つ天守は1968年に推定再建されたもので、史実の拠らない復興天守で内部は資料館となっています。

基本情報

読み方 えちぜんおおのじょう
別名 大野城
住所 福井県大野市城町3-109
電話番号 0779-66-0234
公式サイト こちら
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 連結式望楼型2重3階
築城主と築城年 金森長近 1575年
主な城主 金森氏・松平氏・土井氏
廃城年 明治初期
営業時間 4月~9月:9時~17時
10月~11月:9時~16時
定休日 12月1日~3月31日
入場料 一般200円 中学生以下無料
駐車場 あり・無料
アクセス JR越美北線越前大野駅より徒歩20分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●越前大野城には観光ついでに立ち寄りました。本当はインターネットで紹介されていた雲海に浮かぶ姿をみたかったのですが天候と運に恵まれずに断念しました。城から歩いて数分のところで朝市をやっていたので寄ったあとに城を訪れました。小高い山の上にある城で、たどり着くのにいくつか入口があるようでしたが私は景色を楽しみながら歩きたかったので石階段を登りました。正直すごく疲れてしまい途中で階段を選んだことを後悔しました。城の第一印象は古い城だなという感じでした。何度か再建されてるようですが味のある城だと思いました。中には代々の城主の持ち物などが展示されていました。一番感動したのは城から市内を見下ろせるところです。本当に大野市の象徴的な場所なのだなと思いました。帰りも階段を使い山をおりました。下まで降りて城を振り返ったとき木々の間からのぞく城がとても威厳があり感動しました。次回はぜひ話題の雲海に浮かぶ城をみてみたいと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●天空の城とも呼ばれる時がある大野城。お城そのものは決して大きい天守閣ではありませんが、今でも当時のお城の様子をきちんと復元されている福井県でも代表するお城の一つです。天候条件が整えば、雲の上にそびえ立つ様に見える事がある事から城マニアの中ではファンも多く、今でも観光地として訪れる人が多いお城です。お城の下に駐車場があり、そこから天守閣まで歩いて行くのですが、この上り坂が結構キツく長いです。しかし、登り切って頂上に到着し、天守閣を見上げた時には圧巻します。また、大野城のからは大野市全体が360度どこからでも見渡せるようになっており、人気のスポットでもあります。地元である大野市では、越前そばのお店も多く、お城を見た後に美味しい越前そばを食べるのもおすすめです。毎年八月には大野城まつり、と言うのがあり、打ち上げ花火や踊りなどで盛大に行われますので行ってみるといいですよ。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ