どぶろく祭

更新日:2018年12月7日

世界遺産である白川郷で、毎年9月の終わりから10月中旬に行われる祭り。各地区の神社で獅子舞や民謡、舞踊などが行われます。約1300年前から「どぶろく」が、祭礼用として用いられています。1月下旬から神社酒蔵で造られ、祭りの当日15時頃から儀式を終えたどぶろくは、来客に振る舞われます。五穀豊穣や家内安全、里の平和を祈願する、白川郷にはなくてはならないお祭りとされています。

基本情報

読み方 どぶろくまつり
開催日時 9月末~10月中旬
開催場所 岐阜県大野郡白川村(白川八幡宮・鳩谷八幡神社・飯島八幡神社)
電話番号 05769-6-1311(白川村役場)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場
アクセス 【バス】高山駅から濃飛バスで50分
金沢駅から濃飛バスで75分
高岡駅から加越能バスで150分
名古屋駅から岐阜バスで170分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●合掌造りで有名な、世界遺産である岐阜県の白川郷で行われるお祭りです。1000年以上続く由緒あるお祭りだということで、歴史好きな旦那と一緒に2年連続で行ってます。 名前のとおり神様にどぶろくを捧げて五穀豊穣や家内安全を願うのですが、どぶろく祭りのすごいところは、来客にもどぶろくが振舞われるところです。 ほかの祭りでは経験できないことはないでしょうか。盃は400円で購入する必要がありますが、何杯でもおかわりできるので、お酒が好きな人にとっては最高の祭りだと思います。どぶろくの味は美味しいですし、独特の香りに包まれながらその場にいる人たちに一体感が生まれますし、自分たちも祭りに参加しているという思いが強くなります。 また午前中には、周辺の各神社で、獅子舞や神輿など歴史ある神事が行われておりこちらも迫力が有り見応え充分です。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●岐阜高山の白川郷で、毎年秋に行われるお祭りです。とても盛大なお祭りなんですよ。旅行がてら行ってきました。どぶろく祭りは、名前からもわかるように、お祭りの時神酒として、どぶろくを使います。そして、それを見に来た人々にも振る舞ってくれます。このどぶろくは、昔ながらの技法で作られているそうです。私は、お酒が苦手なので、口をつける程度で頂きましたが、主人は大変嬉しそうでした。とても良い香りで、美味しかったです。どぶろくが振る舞われる時、かなり混雑するのですが、皆さん指示に従って行動してみえたので、大丈夫でした。お酒好きな方々が、とても気分良さそうにお祭りを楽しんでいました。神社の隣には、白川郷どぶろく祭りの館があります。こちらに入ると、どぶろく祭りについての展示物がたくさんあって楽しかったです。お祭りの映像も上映されていたので、少し見てみたのですが、楽しめましたよ。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ