大垣市スイトピアセンター

更新日:2018年12月7日

水の都・大垣市にあり、サイエンスプラザや水のパビリオン、文化会館、学習館、図書館などからなる生涯学習の中核となる施設です。館内のプラネタリウム「コスモドーム」は、直径18メートル・150名収容と大型のドーム。季節ごとに入れ替える星空番組や、小学生を対象にした番組上映も行っています。

基本情報

読み方 おおがきしすいとぴあせんたー
住所 岐阜県大垣市室本町5-51
電話番号 0584-74-6050
公式サイト http://www2.og-bunka.or.jp/
ドーム径 18メートル
座席数 / 形 150席 / 一方向傾斜
機材・機種 五藤光学 GSSⅡ
投影日時 平日13時30分~・14時30分~・15時30分~
土日祝:11時~・13時30分~・14時30分~
観覧料 一般500円 18歳未満無料
駐車場 400台以上・1回200円
アクセス 養老鉄道室駅より徒歩5分
JR大垣駅より徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●私は昔、大垣市スイトピアセンターの近くに住んでいました。ですが、その隣の施設大垣市立図書館しか利用してませんでした。なので、プラネタリウムが気になっていていました。成人になって、初めての彼とスイトピアセンターのプラネタリウムデートしてきました。とても雰囲気があって、星のひとつひとつの説明が丁寧であったもので勉強になりました。彼は星の事が好きだったので、プラネタリウムがあって、とても満足していました。アルタイル、ベガ、デベブの夏の大三角について、三つの星の中でアルタイルとベガは私たちが知られている織姫と彦星だとは知りませんでした。星の物語でもロマンチックなものだと感じさせていただきました。プラネタリウムではカップルや家族の方々が見ていたのでとても人気があるものだなと思いました。また彼氏と一緒にいきたいプラネタリウムでした。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●冬休みに子供を連れて訪れました。名古屋市科学館のプラネタリウムは予約をしないと入れないほど混みあっているので、愛知県からこちらまで足を伸ばして来ましたが、日曜日にもかかわらず入場者は私と息子2人、あとはファミリーとカップル2組くらいで席には余裕があります。直径18mの傾斜型ドームはなかなか立派な設備という印象でした。来訪時は冬の番組を上映しており、CGが主流となった今では珍しいスライド投影方式のもので、内容は可愛い犬のお話でした。半世紀も前の昔懐かしい物語だったので少し古さを感じましたが、エンディングは感動的で涙が出そうになりました。それと合わせてオリオン座の神話の話と冬の星空の説明があったので、内容としては十分満足できる分量(45分間)です。季節によって番組が変わるということなので、この次は是非他の季節に行ってみたいです。

40代女性

●●大垣に住んでいる友達に教えてもらって、とても楽しいよ、ということで、子供を連れて行ってみました。子供はまだ幼稚園でしたが、とっても楽しめました。施設では、子供達は一日中飽きずに遊べるようになっています。プラネタリウムはコスモドームで見れます。コスモドームでは、毎季節ごとに番組が変わって、いつ行っても楽しめます。子供向けのお話も流れるので、うちの子もくいいるように見入っていました。椅子もゆったりと座れてドーム中が見渡せるので、大変楽に過ごせます。コスモドームは、学習館という建物にあるのですが、そこには他にも子供達が学習しながら遊べる場所が、たくさんあります。大垣市は水の都と言われていて、水を中心としたパビリオンがあったり、色々な美術作品が展示してあるギャラリーがあったり、こどもサイエンスプラザでは、科学を学びながら遊べる展示室もたくさんあります。かなり充実した一日を過ごせるので、それからは何度も行くようになりました。皆さんにもおすすめです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ