シャトレーゼ 白州工場

更新日:2018年12月7日

お菓子を製造している工場で、自由に見学できる予約のいらない見学コースと、係員の説明や試食が用意されている予約の必要なコースの二つが用意されています。予約が必要なコースでは、展示パネルでの説明のほか実際にお菓子が製造されている工程を見学することが可能となっています。また出来立てのアイスを試食することができます。

基本情報

読み方 しゃとれーぜ はくしゅうこうじょう
住所 山梨県北杜市白州町白須大原8383-1
電話番号 0551-35-4611
公式サイト こちら
見学内容 アイスクリームや製餡の製造工程
見学料金 無料
見学可能日時 平日:9時~15時(毎正時に開催) 土日祝:9時~15時30分(30分毎に開催)
見学可能人数 1~9人(10人以上は応相談)
対象年齢 特になし
予約方法 電話・インターネット
お土産 試食あり
写真撮影 不可
所要時間の目安 60分
駐車場
アクセス 【電車】JR中央本線小淵沢駅よりタクシーで20分
【車】中央自動車道小淵沢ICより15分(10km)
中央自動車道須玉ICより25分(15km)

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●チョコレートのアイスクリームバーができる過程を見学しました。のどかな山とおいしい水が流れる自然豊かな土地にある工場の中では、厳しい衛生管理と温度調整の下で、搾りたての牛乳と新鮮な生みたて卵とグラニュー糖、香料を混ぜ合わせる基本的な作業から始まります。混ぜ合わせの次はフリーザーで少しずつ冷やしていきながら、アイスクリームバーの専用の型に流し込み、これに専用の棒を差していきます。凍らして形になったら、チョコレートをコーティングしていきます。コーティングが固まったら、袋詰めと箱詰めをして冷凍倉庫の中に保管をして、出荷の注文があったら、冷凍トラックで各店舗に運ばれていきます。ここでは、使っている新鮮な材料へのこだわりを知ることができました。

●●シャトレーゼが近所にあったため小さいときからアイスやケーキはシャトレーゼで買っていました。大人になって家族で山梨を訪れた時にシャトレーゼの工場があると言うことでいってみました。夏休みだったため子供が多かったですが中は広くてとてもきれいでした。ガラス張りできちんとルートが決まっているので、帽子や着替えるなどはしなくていいので気軽に見学できました。主にアイスの製造過程を見られるので、大量のミルクが流れる様子なとは見入ってしまいました。ルートの最後には10個程のコンビニやスーパにある冷凍ケースが置かれていて、その中のアイスが食べ放題でした!10種類ほどあり一人で2つ3つはペロっと食べてしまえます。子供たちはこれが目当てという感じではしゃいでいました。夏休みの自由研究などにはちょうどいい施設だとおもいます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●アイスクリーム食べ放題と聞いて、リゾナーレ八ヶ岳に行く途中、家族4人で訪問しました。きれいな森の中の駐車場に車を停めて中へ。スリッパに履き替えて、早速工場見学です。最新の設備というよりはどちらかというと手作り感がありました。意外にあっという間に説明は終わり、いよいよアイスクリーム試食会場へ。冷凍庫の上からアイスを取ったのですが、よーく見るといろいろな種類があります。下の方を探すと、おいしそうなアイスが出てくる出てくる。4歳の下の子が一回で3つをキープするので、溶けるからだめと言い聞かせ、なんとか一個ずつ計2個食べさせました。前もってインターネット経由、無料で予約ができますし、試食も急がされることもなくゆっくりできるのでまた行こうと思っています。

●●3年ほど前に子供二人を含む家族4人で工場見学をしました。事前に日時を予約し、見学するシステムだったので工場内部が混雑することなく見学ができました。私たちが訪問したのが土曜か日曜かの工場非稼働日だったためか、実際に動いているラインは和菓子(あんこ作りなど)だけだったのでアイスや洋菓子のライン見学を楽しみにしていた私たちには物足りなく感じました。がっつり工場を見学したいという方には、平日の見学をおすすめします。当時子供たちは幼児だったのですが、工場見学は難しかったようで年齢的にまだ早いと感じました。見学終盤にはアイス食べ放題のフロアがあり、実際の店舗で売っている商品が数の制限なく食べることができました。子供たちだけでなく大人も満足のいくものでした。同施設内に、アウトレット(?)の店舗があり、賞味期限の迫ったものなどお買得に購入することができました。ゼリーのつめ放題などもあり全体を通して満足度の高い見学施設だと思います。

●●子供の夏休みを利用してシャトレーゼの工場見学に行きました。当初、工場見学に行く予定はなかったのですが、その日が雨だった為、室内で過ごすことの出来るシャトレーゼの工場見学を選びました。きっと混むだろうと思い、午前中の早い時間に着き待つことなく駐車場に停めることが出来ました。入り口を入ると一階が売店、2階に上がると工場見学の入り口になっていて、靴を脱ぎスリッパに履き替えて見学が始まりましたが…実際に工場が動いてる所を見るのではなく、だいたいがパネルや映像での工程説明で実際には見れませんでした。そして施設内はとにかく暑い!子供も大人もグダグダになってしまったので、工場見学に行ったのか…工程の記憶はほぼない状態でした。が…見学の最後にアイス数種類食べ放題が待っていました!皆さんその場ではでアイスを頬張っていました。シャトレーゼ工場は工場見学がメインではなく、アイス食べ放題がメインになってしまっている気がします。私はアイスよりも、工場見学に期待をしていたので残念でした。ですが、子供達は大喜びでした。

40代男性

●●子供が小学生で、色々な工場見学に連れて行くようにしています。このシャトレーゼ 白州工場は子供ももちろんですが大人にとっても楽しいもので、見学のあとにはアイスクリームが食べ放題という特典がついています。人気のある見学会なので、きちんとホームページで予約をしておく必要があります。お菓子工場というだけあり、工場の建物などがかわいらしいデザインになっています。見学の説明の長さは子供が飽きてしまわないぐらいの長さに設定されていて、小さな子供を連れている人に向いている見学会だと思いました。あっという間に、アイスクリーム食べ放題の場所までたどり着いてしまいます。アイスクリームを食べるスペースは涼しくて、長いドライブで運転をしている人にも良い休憩場所になります。

40代女性

●●事前にホームページから、見学日時・人数を予約します。工場敷地内の入る前に、外に待機している警備さんに、予約の確認を受けました。大自然に囲まれた工場で、車から降りた途端、マイナスイオンに包まれ、気分が上がります。見学は、受付後、靴の履き替えなどを行います。時間帯ごとのグループ見学なので、他人も一緒です。見学開始時刻になると、ビデオ上映室に案内され、会社概要、白洲工場の説明、シャトレーゼの原材料へのこだわりや製造工程をビデオで説明を受けます。その後、ガイドさんの案内でアイスの製造や製餡工程をガラス越しに徒歩で見学し、最後にガイドさんからのクイズが数問出され、クイズ1問ごとに正解者に焼き菓子がプレゼントされていました。その後は、工場で作られた10種類位のアイスを、時間内で自由に試食できます。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●明野にキャンプに行く時、こちらとサントリー白州工場によります。サントリーはパパ用、シャトレーゼは子供用これでお互い文句なしです(笑)。ここはアンコとアイスキャンディーとケーキの作るところが見れます。ガイドなしであれば予約はいりませんし、夏休みなど混む時期やお昼前後をはずせば直前に電話予約もできました。サントリーも作っているくらいですので、この一帯は南アルプスからの清冽な地下水があり、その水を使ってのアイスキャンディー製造工程が順繰りに作られていくところが工場上部のガラス窓から下に見えます。ここはほぼ自動化されていたのですが、ケーキ作りの工程は半分が機械、細かな作業(クリームの仕上げ)は人の手でされているのは見ている子供にも勉強になったようです。さいごの喫茶コーナーには、アイスが無料で食べられて、これが子供たちの目的ですね。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ