松江城

更新日:2018年12月7日

松江市に位置する島根県屈指の観光名所にもなっている名城です。日本に残る数少ない現存天守の一つで、国から重要文化財や史跡に指定されているほか、日本さくら名所100選や都市景観100選などにも選出されるなど、島根だけではなく日本全体で見ても人気のある城となっています。毎年多くの観光客が国内外から訪れています。

基本情報

読み方 まつえじょう
別名 千鳥城
住所 島根県松江市殿町1-5
電話番号 0852-21-4030
公式サイト こちら
城郭構造 輪郭連郭複合式平山城
天守構造 複合式望楼型4重5階地下1階
築城主と築城年 堀尾忠氏 1611年
主な城主 堀尾氏・京極氏・松平氏
廃城年 1871年
営業時間 4月1日~9月30日:8時30分~18時30分
10月1日~3月31日:8時30分~17時
定休日 年中無休
入場料 一般550円 小中学生280円
※外国人一般280円 外国人こども140円
駐車場 あり・有料
アクセス 松江しんじ湖温泉駅から徒歩20分
「松江城大手前」バス停より徒歩すぐ
「県庁前」バス停より徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●出雲大社に行く途中に立ち寄ったのですが、とても素晴らしい景色でした。まず、大手木戸門から入ると立派な石垣があり圧倒されてしまいました。この城は、戦火にあっておらず、数少ない現存天守閣に一つとなっています。それだけに威厳があり、近くで見ると力強さを感じ来てよかったと思えました。また、風景としても素晴らしく、堀や紅葉した木々がきれいでした。この城は色が黒くて、重厚な雰囲気がありかつ美しいと感じることが出来、黒い城が好きな僕にとってはたまりませんでした。ただ、天守閣に着くまでの距離を歩いて登るので距離も坂もそこそこ長く、運動不足だったこともありそこそこ苦しい思いをしました。なので今度行くときはある程度の運動と心構えをして観に行きたいと思いました。

20代女性

●●島根県に旅行に行った時に松江城に行ってきました。出雲大社がメインの旅行だったのですが宿泊したホテルが松江だったのでそこから近いのもあって行ってきました。わたしは歴史が得意じゃないですし、松江城ってあまり聞いたことがなかったのですが、行ってみるとやっぱり感動しました。うちの地元に大きくて有名なお城があるのでお城の大きさは思ったより小さいと感じてしまいましたが、お城の中に展示してあった兜や、このお城で起こった出来事の内容が書いてある絵に感動しました。天守閣はとても眺めがよく気持ちよかったです。真夏で外はとても暑くて汗だくだったのにとても気持ちいい風が吹いて、なんだか現在から過去にタイムスリップしたのではないかと感じてしまいました。この城でこんな人達が暮らしていたのかと思うと本当に不思議な気持ちになりました。庭も手入れが行き届いていてとても素敵で緑がとても綺麗でした。

30代男性

●●松江城は島根県の松江市に存在する城で、山陰地方で唯一天守が現存するお城となっています。現存天守でありながら正確な築城年が分からなかった為、今年まで国宝の指定を受けておらず国宝に指定された時にはニュースにも流れていましたね。松江城は江戸時代の初期に築城された天守を持ち、現存天守の中で最大サイズの鯱が飾られていています。内部も松江市街地を模したミニチュアが設置されていたり、最上階からの眺めもシジミで有名な宍道湖が一望出来たりして良かったです。他にも堀川めぐりといって松江城の外堀と内堀を小舟で1時間位のコースを巡って、四季折々の季節感を味わいながら松江城の情緒を楽しむ事が出来て良かったです。他にも城下町の武家町が伝統美観指定地区に指定されており、昔の武家屋敷等が残されていて城下町の情緒が楽しめるスポットになっている等、城周辺にも見所が多数残っていて1日居ても楽しめるようになっていました。

30代女性

●●とにかく現存されている天守閣のひとつなのでそれだけでも十分見ごたえがあります。城址公園もきちんと整備されているし、町並みも普通に近代化しているのに天守閣だけでなく内堀、外堀までもがほとんど残っているというほかではなかなかない城址だと思います。地下の井戸や石落しなどそのまま残っているのが見事です。天守閣からは城下や宍道湖が一望できて本当にお城といった雰囲気を味わえると思います。また、堀川めぐりではお堀からお城を眺めるという体験も出来ます。1200円とちょっと値ははりますが石垣を間近に見ることができたり、松江という町並みとお城との歴史を体感できるのでお勧めです。桜の名所にもなっている松江城址公園はぜひ桜の季節にも行きたいすばらしいお城だと思います。

40代男性

●●街中にあるひっそりとした感じのお城ですが、天守閣が現存していることから江戸時代からの時代を感じさせる重圧感があります。天守閣からの眺めは今の松江市の町並みを一望することができ、『江戸時代の城主たちもここから街を眺めて松江藩や国のことを考えていたのかなぁ』と物思いに耽ることも出来ると思います。ただ、現存しているがために階段は若干急勾配で作られているため、お年寄り、子供には少し登り下りに難があるかと思います。(ただし、この急勾配な階段がさらに時代を感じさせるものでもあるのですが)さらにお城の周りには武家屋敷跡もあり、江戸時代や武士が好きな人にとってはいろいろな想像を掻き立ててくれる町並みだと言えます。また、近くには小泉八雲の旧居、小泉八雲記念館もあるので、歴史だけではなく文学に関しても触れることができるお城という意味では非常に良い観光地だと思います。

40代女性

●●徒歩5分の位置に住んでいます。松江城最大の特徴は現存天守閣、内部がほぼそのまま保存されております。大変リアルであるのと同時に階段が狭く急坂だったりもしますので、心構えが大事です。また城の2の丸なども含め、周囲の環境がほぼそのまま活かされている場所です。内堀が周囲すべて残っており、どこを歩いてもその場所ならではの趣が感じられます。小泉八雲旧居、武家屋敷、松江歴史館などがお勧め施設です。江戸時代の空気をそのまま体感できます。同じ並びでそばを始め、松江のおいしい物を堪能できます。また堀川遊覧船というお堀を周回する小船に乗ると城下町の雰囲気が味わえます。植物も季節に応じて、かなり珍しいものも多く、自然豊かな場所です。お城の敷地内やその周辺をとことん歩いて見ることをお勧めします。

50代男性

●●出雲大社に行った後、松江城に立ち寄りました。趣のある一畑電鉄で松江しんじ湖温泉駅からプラプラ歩きながら行きました。松江城は松江市内のどこからでも見える街のシンボルで今年国宝に指定されました。坂道と階段を登っていくので少し疲れますが、これがまたいいと思います。天守閣は大きくはないですが、黒壁の力強い重厚な姿をしています。5階建てで靴を脱いで階段を登っていきます。コンクリートの城が多い中で城主がいた当時をしのぶことができて、とても風情があって良かったです。各階には鎧や兜が展示されていてそれを観賞しながら登っていきますので、階段を登った疲れを忘れてしまします。天守閣の上からはしんじ湖や嫁ケ島はもちろん松山市内が一望できます。私は30分程いたでしょうか。ゆっくりとしていたのを覚えています。また堀を遊覧船で巡ることもできるようです。出雲大社に行った時はぜひ立ち寄ってください。おすすめです。

50代女性

●●以前隣県の鳥取県米子市に住んでおり、国宝指定される前に夫と二人で行きました。お城自体はやや小ぶりですが、歴史が感じられる風格ある黒い瓦と漆喰壁、面積は狭いですが地下の堂々とした石組みも見ごたえがあります。また天守からは宍道湖や城下町も見えます。桜の季節にも行きましたが、城の中は敷物がゆったりと広げられ、静かにのんびりと花見を楽しめます。周辺は「塩見縄手」という武家屋敷が整備された地区もあり、当時の資料が解りやすく、見やすく展示してあります。お堀の廻りに旧日銀の建物を改装した観光施設や、食事やお茶が楽しめるお店も多く、冬場はこたつにも入れるお堀の遊覧船も風情があり、あまりお城に興味が無い方にもおすすめのスポットです。食事やお茶が楽しめるお店も多いので、城内部を含め、城下町全体をゆっくり楽しんで歩いていただきたいお城です。

60代~男性

●●日本に4つしかなかった名城の中に、新たに2015年、松江城は5つ目の国宝としてが誕生しました。国宝指定は、山陰地方および島根県にとって誇らしい建物と言えます。松江城は、優美で力強い天守閣として黒い外観が特徴になります。黒色の壁が重厚感をかもし出していて、他の城とは雰囲気が違う感じです。また、松江城の黒い外壁も魅力的ですが、大きな特徴として木彫銅張りの鯱鉾は見る価値はあります。鯱鉾の高さが約2メートルあり、現存する木造では日本最大の大きさのようです。松江城の天守閣は、登って見学する事が行えて望楼から眺める景色は観光客に人気です。松江の市街地から、遠方に有名な宍道湖がお目見えできて満足しています。また、天守閣内部には、城の歴史にまつわる展示から現存天守ならではの急階段等も楽しめます。松江城周りも、いろんな見所があるので一日満喫できるスポットとしてオススメです。

60代~女性

●●島根県の松江城は別名千鳥城と呼ばれていて、2015年に国宝に指定されたので、次の年の春に訪れました。日本の桜の名所、都市景観100選にも選ばれただけあって、桜の季節に行ったのですが、とても美しかったです。お天気がよかったので天守閣に登ると、松江市街、宍道湖、大山まで一望できて綺麗でした。城山公園や周りの古い町並みは武家屋敷、小泉八雲の旧家などもあります。名物の堀川めぐりも良かったです。そして、お城近くの武家屋敷の並びには、名物の出雲そば、しじみ汁などの昔からの名店も建ち並んでいるので食事も楽しめました。城下町、国宝松江城、そして松江の歴史を感じながら、桜の名所、紅葉と日本の四季ととともに、情緒と歴史を感じることができました。江戸時代そのものが残っていると思いました。お城も素晴らしかったです。

ページの先頭へ